地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第90回  ソイカウボーイ&スクンビットのカラオケ

はじめまして、バンコクのカラオケ屋の女の子にハマリ、 毎月、東京からバンコクに通っている者です。

日本から仕事で行く方はスクンビット周辺に滞在される場合が多い かと思いますので、その辺の情報をお伝えします。

まず、スクンビット通りのソイ21にある、ソイカーボーイ。 ここはほぼ全てゴーゴーバーで、欧米人をメイン客としている為、 日本語はほとんどじませんが、英語がそこそこいける上、格安です。

テイクアウト料が300~400バーツ、女の子は朝までいてくれて たったの1000バーツが相場です。

添付の写真の子は朝まで、ノーマル、バック、騎乗位、フェラと あらゆる要求に応えてくれて、3回戦の相手をしてくれました。 (これでたったの1000バーツ!!!)

中には日本人と見ると、タクシー代にあと500バーツくれ、などと ふっかけてきますが、連れて店を出る前にママさんに必ず料金を聞いておき、 それ以上はあげないようにして下さい。

後のみんなの為にも。 勇気のある方はナマでお試し下さい。 写真の子も「ノーコンドーム、OK!」でしたが、私から頼んでつけてしました。

「バンコクの陽炎」Vol.7にも出てきております、 スクンビット通りのソイ24の「悪女」ですが、私の同僚が ここのママさんの彼氏です。(関係ないですが・・・)

実は、私が毎月バンコクに通うようになった お目当ての彼女もこの近所のカラオケ屋にいます。

スクンビット周辺の日本人向けカラオケの女の子達は、やはりタニヤより 格が一段落ちるようですね。但し、その分料金が良心的です。 ここで注意しなければならないのは、日本人向けのカラオケ屋といっても、 お店が公然と連れ出しを認めているところと、基本的に連れ出しはダメ、という 2種類のお店が存在することです。

前述の「悪女」は基本的に連れ出しNGの店です。 同じソイ24のもう少し奥にある「沙里奈」という店が連れ出しOKの店です。

連れ出しOKの店の場合ですが、2時間のショートが1500バーツ、 朝までいて2000バーツ、が基本的な相場です。 (その前にお店で、飲み代として1000~1500バーツ取られます。

ボトルが入っていないと、プラス約2000バーツで、ボトルは1年間キープ してくれます)

連れ出しNG店も絶対連れ出せない訳ではなく、ホステスに気に入って もらえれば、ホテルはどこか?部屋番号は?とホステスから聞いてきます。

そうしたらしめたもの、お店のはねた1時過ぎにやって来てくれます。 その場合の相場はあってないようなものでして、当人同士で話し合って下さい、 としか言えないですね。

私の場合、彼女からも気に入られ、いまや毎月のバンコクでの宿泊先が 彼女の部屋、という状態なので、もちろん、朝に晩にタダですが・・・

そんな訳でカラオケ屋のホステス事情にもすっかり詳しくなりました。 大抵の女の子には「彼氏」と呼ばれる日本人がいます。 月に3~4万バーツもらって、店がはねたら彼氏のアパートに行く、 という生活をしているのが普通です。

多くの場合が単身赴任で来ているオジサンが多いですね。 ただ、単身赴任の日本人がずっとバンコクにいる訳もなく、 彼氏が日本に帰任してしまうと次のパトロンを探さないと、贅沢な暮しを 続けていけなくなってしまいます。

そんな状態の女の子に当たればラッキーです。 気に入ってもらえれば、それはそれは尽くしてくれますよ。 (その代わり、継続しようとすると囲ってやらねばなりませんが)

日本人向けカラオケの場合、ホステスは定期的にHIVチェックを受けており そっちに関しては、ほぼ安全と見てよいようです。

ただ、よほど気に入られないと、なかなかナマではさせてもらえないようです。 あと、日本人向けカラオケのホステス達はみな日本語がそこそこできますが、 「バンコクの陽炎」Vol.7にもあったように、タイ語ができると 見る目が違ってくるのは事実です。

バンコクで楽しもうと思ってる方はタイ語の勉強を!