地球の遊び方~ タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第600回  クリーブランド旅先での高級娼婦との一夜 by アリナミン小僧


サイト更新を楽しみに拝見しています。皆さんの奮闘に対し、改めて感謝する意味も込め、カナダ在住のアリナミン小僧が、出張先のアメリカで体験したアバンチュールについてレポートしたいと思います。

今回のレポートは2002年2月前半の週、アメリカ合衆国オハイオ州クリーブランド市でのエスコート嬢との体験です。クリーブランド市には頻繁に出かけます。ところが私はカナダ在住で地元民ではないので、未だに余り良いクラブやエスコート・クラブの状況が把握できませんので、エスコート・レビューウ・サイトに信頼できる情報を求める事になります。最近頻繁に、情報確認に使用しているのが ビッグ・ドギーネット< http://www.bigdoggie.net/ > です。

私は最近、カナダ人の低料金の大学生のアルバイト・エスコート嬢とばかり遊んでいました。よって、趣向を変えて大人の遊びがしたいと思い、思い切ってアメリカに所用で出かけたときぐらい思い切り羽目を外してアダルト・ビデオ女優と一夜を過ごしたいと思いました。そこで、前記のサイトから辿り着いたアダルトビデオ女優エスコート・サイトを比較検討しました。

凡そ私の願望を満たしてくれそうなポルノ女優系エスコートサービス・サイトが3社でした。(1) http://www.exotica-2000.com (2) http://www.bodymiracle.com (3) http://www.party7k.com 等です。日本在住、或いは北米在住でも、電子メールで最初にコンタクトし、自分の希望を先ずハッキリさせましょう。他社、ポルノ女優自身が運営してるエスコート・サイトも有るのですが、これら3サイトは電子メールや電話での応対もビジネスライクで、此方からの質問への返事やポルノ女優からの旅行の予定の変更の連絡等がシッカリしている事から、私の経験からも信頼性が高いと言えるでしょう。

ところで、私の人生初めてのアメリカ人有名ポルノ女優体験の目的は単純にこれぞアメリカ人女性という人に会うことでした。私の定義による夢のアメリカ人ポルノ女優とは『長身』『ブロンド』『美しくいわゆるハンサム(日本人的定義のかわいい顔とは一線を画す)な顔』です。初体験ですから、妥協は好ましくないでしょう。そこで色々な情報を集め検討を重ね、サイトの情報や私のビデオ鑑賞から導き出された結論は、Kelly Ashton(ケリー・アシュトン嬢)です。

ちょうど彼女は私が意図していたかの様に、アメリカ北東部のストリップ劇場ツアーを行っていましたので、出張期間中に会うことが出切る事が解りました。私は予想していなかったのですが、彼女も私も宿泊階は違いましたが、同じヒルトン・ホテルに宿泊していたのでした。そこで、劇場で早めの公演を終えた彼女とロビーで待ち合わせ、レストランで軽く食事をとるという予定にしました。

ケリー・アシュトンさんの容姿を先ず説明しましょう。大体身長は176cm、ダーク・ブロンドの髪、そしてグリーンの眼をしています。始めて遭った瞬間からもう興奮してしまいました。以前の経験から言えますが、エスコート嬢は『自分は如何にも売春婦』といった服装でホテルのロービを通過するとき恥ずかしい思いをする事があります。

しかし今日のケリー嬢は、ストリップ劇場公演の後にも関わらず、一般のビジネスマン女性の様なビジネス・スーツを着ていました。勿論、スカートのスリットはやや大胆でしたが・・・遭った習慣から、穏やかな声で親しみを込めて私のファーストネームで呼びかけてきて、夜半とは言えロービーの雑踏の空間で嬉しい事に、予想外の抱擁を受けました。

そこでレストランで、落ち着きちょっとした自己紹介を交わし、遭う1ヶ月ぐらい前から送り始めた電子メールで交わしたお互いの趣味、仕事や個人的出来事などについて更に突っ込んだ話をしたりしました。彼女は、私が今晩の唯一の客だというので時間に追われる事無く落ち着く事が出来ました。その安心感から色々な話題に発展し、予定以上にレストランで時間を過ごしてしまいました。一時間半位寛いでいたでしょうか、ワインを飲み、二人とも良い気分に為りました。でも、レストランの他のアメリカ人男性客が此方をチラチラ垣間見るのが少し優越感をくすぐります。

ところで宵も深まり、午後11時位になって彼女の部屋に戻る事になりました。代金はエージェントと合意した金額を封筒にいれ用意したものをケリーがバスルームでお化粧をし直している間に、入り口のテーブル傍のランプの下に置いておきました。余り、こう言う事で良い雰囲気を壊したくないですからね。彼女も金額を確認しませんでした。写真を撮っても好いかと聞くと、喜んで許してくれました。後で聞くと、エクストラの料金を払えば、ビデオの撮影も(2度目以上彼女に会ったことある)御馴染み客には許すそうです。(機材は自分で思ってくるのが条件のようです)

部屋に入りドアを閉めると、私達は Deep French Kiss を交わしました。そして、倒れこむように、カウチに座りました。しばし雑談していましたが、私のケリーの胸元に寄せられる視線に彼女は、先ずパイ摺りをさせてくれました。私は剥ぎ取るかの様に彼女のスーツを脱がし、象牙の様な白い体を堪能しました。下着は黒のすけすけペチコートに黒のパンティです。ケリーは立ち上がると、少しずつ下着を脱いでいきじらしながら、ストリップショウをしてくれました。ピンクに乳首そして、たぶんシリコン入りのバストは39Dとの事です。スポーツジムにも行っているとの事で、28歳とはいえお腹は平べったく、素晴らしいプロポーションでした。

本格的な絡みセッションの始まりは彼女の骨盤マッサージで始まりました。未だに自分が有名ポルノ女優を物に出来た事が夢のようです。ベッドに下向きに寝て、彼女が乳首などで刺激を加えつつ、全身を使いマッサージをしてくるので私はたまらず乳首を軽く握り締めました。香水の匂いも鼻腔を刺激してきます。

我慢できず、私はベッドから起き上がり、仁王立ちになり、ケリーをひざまずかせました。この瞬間、ケリーは私を上目遣いに見て、金髪女を性的に支配したと言う気分に為りますね。金髪の後頭部を軽く両手で抑え、頭を息子のピストン運動のリズムに同期させるようにしてケリーのぷっくりとした口を攻め立てました。攻撃時間を非常に長く感じました。15分ほど、バキュームフェラを堪能したでしょうか。

一回戦目は、BBBJ(ゴム無しフェラチオの英略語、アメリカでも彼女程度の一日1人か2人しかエスコート客を取らない高級娼婦になると堪能出来る様ですね)で彼女の口に、遠慮なく出しました。そこで、2人の汗とOO汁を洗うためにバスルームに行きました。すると、浴槽の周りには蝋燭が燈されていて(事前に準備したと思う)、浴室の窓から眺める冬の夜景と彼女の少し発汗しピンクがかった白い裸体が対照的で非常に幻想的な光景でした。

二回戦目は、彼女が持参したバイブレータなどを使って前儀でビチャビチャにして潤滑を良くするようにしました。シーツが濡れる位私も、バイブや指で責めましたから演技ではなく本当に感じていたと思います。色々なポジションで責めた後、最後にアナルをさせてくれました。多分この時、午前2時半ぐらいだと思います。

本来ならば、疲れまくっている筈の私なのに、朝6時ごろ起きると息子が興奮していましたしたので、まどろんでいた彼女に舐めてもらい、朝にまた一度発射しました。発射後、ケリーが口で清めてくれた事は言うまでも有りません。土曜日の朝、倦怠感とは違った軽い疲労の中ベッドで休んでいる時の、モーニングコーヒーは格別です。

朝、9時半ごろホテルのレストランにケリーと二人で降りていき、軽い朝食を摂った時、一夜の初めての出会いにも関わらず、エスコート嬢に対して持っては許されない特別な感情を感じました。その後キスを交わし私達は、お互いの目的地へ向かうべく別れました。

みんなの海外風俗体験記を募集中です!投稿は こちら!から

旅は道連れ 世は情け「一緒にGOGOでも行きませんか?」 友達募集BBS