地球の遊び方~ タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第591回  最近(2002年2月)のホノルル夜遊び事情 by Dr.H


2月の中旬に、不動産の契約の用事が出来て、急遽、ハワイに行く事になりました。 ハワイはもう15年以上前から、何十回も行っていたのですが、いつも、家族と一緒なので、 夜遊びする機会がなかったのですが、今回は単身で行く事になり、 ここはひとつホノルルナイトを満喫しようと、最近の情報を集めようと、このHPにも御世話になりました。 また、夜遊び系のガイドブックなんか行きの飛行機の中で読みあさりました。

ホノルルの夜遊びは、ストリートガール、マッサージパーラー、エスコートクラブ、コリアンバーなんかに代表されると思っていました。 ストリートガールはワイキキ周辺とチャイナタウン、マッサージパーラーやコリアンバーはKeeaumoku Street周辺、エスコートクラブは観光用の新聞なんかから情報が得られるという認識でした。 2泊4日という強行スケジュールで来布したので、レンタカーでいろいろと出歩く事にしました。

一日目の夜、ジャンクフードで軽く夕食をとった後に、汗を流しがてら、マッサージパーラーに突撃しようと、 昔に行った事のあるカラカウア通り沿いのセンチュリーセンター2階にあった結構有名な店・・・。 ところがなくなってました。まあ、こういう業界は出たり消えたりはあるのだろうと思い、 Keeaumoku Street周辺、alamoana centerの北側の地域に行ってみました。 私の記憶ではここら辺ではレインボーとか数軒の店があったはずで、夜ガイドブックにもそう載ってました。

でも、一変していて、カラオケバーがあるのみで、な~~んにもなくなってるではありませんか! 唖然として、周囲をしばらく徘徊して、調査してみたんですが、それらしき店は見当たりません。 困ってしまって、町の情報屋と思い、車を駐車場において、タクシーに乗りました。 「マッサージパーラーに行きたいんだけど、Keeaumoku Streetには無くなったんだね。どうしたの?」 と質問したら、 ドライバーは「摘発があってあのエリアの店はなくなったよ。」と教えてくれました。

「でも、他にあるんでしょ?何処かいい所につれってってくれる?」といってチップを5ドル握らせて、 車に乗り込みました。 すると、Keeaumoku よりやや北西のEim st.あたりだと思うんだけど、 一階がカラオケバー・ハイビOOスという店の二階の階段の所に小さく「Relaxzation」と看板がありました。

大体、みんなこんな感じだとドライバーがいってました。 これでは車で徘徊していては探せないなって思いました。 大体、この手の店は「massage oriental」とか「oriental relax」という表現です。 店に入ると、ママらしき韓国人のおばさんが出てきて、1時間$50といって、 早速に部屋に私を連れて行き、女の子を連れてくるから選べといいました。 タクシーのドライバーは一時間後に迎えに来るからといって、いったん立ち去りました。 私は部屋に入りました。

部屋は小さなスタンドがひとつで薄暗く、 小さなソファーとダブルベットが置いてあるだけで壁はピンクといういかにもという部屋でした。 最初にタイ人と思われる子が登場して、軽く会釈をしてすぐに、立ち去り、 それからしばらくして、背の高い、西洋系の女の子が登場して、 またすぐに、立ち去り、ママがどっちがいい?と聞きに来ました。 折角のアメリカなので西洋系の子を頼み、ママに$50を支払いました。 登場したのは20歳のスペイン系の「BreOOe」ちゃんでした。

口元がとってもスケベっぽくて、そそる感じの子でした。 「なにをして欲しい?」と彼女が聞いてきたので、 逆に「何が出来るの?」って聞くと、「なんでも!」といっていたずらっぽく微笑んでいました。 「じゃあ、とても気持ちのいいマッサージとSEXを!」というと、 「OK!$300.」っていうから、来たなと思い、とてもよかったら、後でチップという事で、 $200で決着。シャワーに案内されました。

以前は女の子も一緒にシャワーに来て、 洗ってくれたりしてたんだけど、手を抜かれたのか、なしで一人で浴びて帰るというような感じだった。 あとで聞いて分ったのだけど、取締りがきつくて、全体的にそんなシステムに移行してきたみたいだった。 部屋に戻るとぼくをベッドにうつぶせにして、自分の服を全部脱ぎ、手にローションをつけて、 背中から徐々にさするようにマッサージを始めた。御世辞にもうまいマッサージではない。 ターンノーバーと仰向きになり、彼女はローションのついた手で私のムスコをしごき始めた。

私は彼女のEカップはあるだろうと予想される胸を両手で揉みだして、時折、乳首を刺激した。 演技かどうかははっきりしない所だけど、彼女もすこしずつ息が荒くなり、うつろな目となってきた。 彼女のスケベっぽいあの口でのフェラ試したくなって、彼女に頼んだところ、あとでチップねと、 しっかりしてというか、それがアメリカ的手の内というか・・・。

わたしもオフコースと了承してコンドームをつけてもらい、フェラをしてもらいました。 正直言ってびっくり!今までの数多くの経験の中でもベスト10に入るくらいのバキュームフェラで、 めちゃ気持ちよくて、溜まっていたせいもあっていきそうになったので、合体を頼みました。

まず、彼女が上に乗り、合体!彼女はクリをこすり付けるようにしてきました。 その激しさに、またまたいきそう・・・。と体位変換!今度はバックで・・・。 激しく腰を振って、オーマイガッド!でフィニッシュ。あっという間にいってしまったので、 恥ずかしく、チップを$50あげて、逃げるようにささクサでいてきました。

車に戻り、また、小腹がすいたのでラーメンを食べて、今度はストリートガールを探そうと ワイキキ周辺のKalakauaやKhio通り流してみたが、それらしい女の子はいない・・・。 彼女らはボディコン、超ミニ、厚化粧なんかですぐに分る。 いるのはパトカーだけ・・・。それならばとチャイナタウンの方にもいってみた。 やはり、過去に彼女たちがたむろしていた場所にはパトカーだけが・・・。 ここも取締りが厳しいみたいだった。

では、しかたないと、車をおいてKeeaumoku地区のコリアンバーに行く事にした。 そこらじゅうに「カラオケ」の看板があるのが、コリアンバーだが、 どうやら、話がつくと、自由恋愛に発展して、連れ出せるようだ。 私はこれはまだ経験が無い・・・。 胸ときめかせ「OOOローズ」というお店に入った。 店内は比較的明るい明朗な雰囲気だった。 ママにうながらせられて、席に着く。「どんな子がいいの?」といわれて、好みを告げて、 ママと女の子が来た。彼女は27-8の子でした。なんとなく、瀬戸朝香を思わせる感じ。

飲みものを注文して会話が弾んだ。 ママもはべりついたまま・・・。女性のドリンクは$20.二人で3-4杯飲んだ所で、 VIPルームへ行こうっていままでの各レポートにあったように御決まり誘いでした。 でも、お持ち帰りを狙っていた私としては、誘いに乗ってしまいました。 安く上げようとワイン($200)にしたが、狙いはくつがえされて2本注文されてしまった。 でも、いろいろ話して、外に行く事を口説いた。ママもOKした。 この時点で$600ぐらいは使ってしまった・・・。

彼女の車に乗り、ワクワクして「ぼくの所に来る?」といったら、 「そうね、でも、あなたを送るだけ・・・、だって私たち今日逢ったばっかりだから、 もっともっと知る必要がるがら、焦らないで・・・。電話番号を教えるから、明日また会おうね」 だって・・・。

がくっと肩透かし・・・。 やられた・・・。と実感した・・・。悔しかったので、別れ際に彼女をもう一度、 「今日じゃだめ?」と聞いて、だめって・・・。 彼女に「君はBig moneyを稼ぎそこなったよ」捨て台詞をはいて、別れた。

くやしくて、その後、ストリップバーに行き、$7の入場料(ワンドリンク付)で、 一人の踊り子さんにめぼしをつけたなら、$10ぐらいのチップでも十分に堪能させてくれる。 どうせsexなしなら、こっちの方が安くて楽しめたと思って、その日は一人眠りについた。

翌日、もうこの日でホノルルの夜も終わりと、また、車で徘徊した。 ensacola St.とS King St.との付近で偶然に「oriental relax」の看板を見つけ、 思わず突撃・・・。 やはりコリアンのママが登場して、そのまま部屋にエスコート。 ここでは女の子は選ばさせてくれなかった。

でも、入り口にタムロしていた子たちをチロッと見たがどれも可愛い子だったので、 どれでもいいって感じだった。「映子」と日本語の名前を持つ、日本語がペラペラの子で、 会話やコミュニケーションが取りやすかった。すると彼女の方から、 「Hがしたくて来たんでしょう?」と股間を刺激してきた。 値段の交渉とか一切無しだ。

私も彼女にキスをしながら御互いに服を脱がせあった。 彼女はもうすでに元気になってる私の愚息にゴムをかぶせての攻撃が始まった。 前日のスペイン系の子のバキュームと違ってまた繊細である。 玉袋や裏筋をチロチロ的な感じで結構気持ちよかった!! 彼女を逆さまにして69体勢にはいった。彼女は溢れんばかりだった。

「こんなにすごいよ」って聞いたら、 「生理明けの初仕事だからよ。いつもこの時は本気で感じちゃうの!」 って、アイゴ、アイゴと私の舌使いに反応している。 彼女はもう我慢できないという感じで、腰を沈めて来た。彼女の激しさに私も我慢できない。 基本的に早い方で数を打つ機関銃タイプなのだ。 ラッキーな事に彼女は言った様子を見計らって、そのままゴ~~ル!

終わった後もいちゃついていたり、彼女がしっかりマッサージしてくれて、 御互いに再会を約束して別れた。帰り際も彼女はいくらと請求してこない。 だけど、ただという訳にもいかないと思って、彼女に$150を手渡して、出てきた。 そして、また、ストリップバーで時間を潰し、ホノルルのすべての夜が終わった。

みんなの海外風俗体験記を募集中です!投稿は こちら!から

旅は道連れ 世は情け「一緒にGOGOでも行きませんか?」 友達募集BBS