地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第59回  バンクーバーのフッカー情報

今回は、カナダ、バンクーバーの娼婦について書きたいとおもいます。

アメリカ留学中しばしばバンクーバーを訪ねることがありそこでは19歳から飲 める酒、風俗そしてカジノに一通りの遊びがそろってます。

(アメリカではほとんどの州が21歳からです。)その中でもっぱらアメリカ西 海岸ナンバーワンと美女がいる風俗といわれるバンクーバーのフッカー(たちんぼ) を紹介します。

バンクーバーのフッカーは市内三個所にたむろしておりダウンタウン 西(グランビアst西)、チャイナタウン西、そしてここが超穴場であるそのチャイ ナタウンよりもうしばらく西にいった地区です。

ダウンタウンはモデルとみ間違える ほどの女性しかおらずそのため料金もいささか高めです。チャイナタウンではおばさ ん?またはおばあさん?にでくわすこともありそれならまだしも性転換組まで出現す る笑える地区です。

まぁひやかしていどをおすすめします。そしてその超お勧め場所 はダウンタウンにまさるともおとらない女の子がちらほらとおり料金のほうも格安で あそぶことができます。料金相場ですがダウンタウンでは最低130ドル(カナディア ン)から500ドルで日本円で1万円ほどです。チャイナタウンでは20ドルから60ドルで す。 そして女のこの質はダウンタウンに勝るともおとらないチャイナタウン以西の 穴場では100ドルでかなーーりの美女と遊ぶことができます。

交渉のポイントですがバンクーバーの娼婦はセックスという言葉を発しません。 彼女たちは必ず「Do you want company?」とか「Do you want party?」と聞いてきま す。

いくらと聞き返すのですが例えば130ドルといわれますがこれだと何処までで1 30ドルなのかわかりません。Sexかときいてもぜったい「うん」とはいわないの でそこでかならず「ストレートはいくら?」と聞くことが必要です。

ホテルに向かう 前にどこまででいくらということをはっきりさせておきましょう。 僕の情報網の話 では130ドルではフェラチオどまりの女の子が多いと聞きます。まぁ僕はいつも130ド ルで最後までやっちゃうんですけど (笑)でもこれはホント交渉次第です。

頑張っ てみてください。 これはダウンタウンの例ですが僕の超お勧めのところでは交渉な しで100ドルで最後までやれちゃうんですよ。 これはかなりお得だと思いますよ。 まぁ絶対観光客の行けないようなところなので値段も安く女のこの話を聞くとやすく ても効率よく稼ぐにはここがいちばんと言ってました。是非いちどよってみてくださ い!
カジノは市内に二個所ありドームちかくにあるロイヤルカジノがお勧めです。ブ ラックジャックが三ドルからルーレットが50セントからとかなーり低く設定されてお り遊べると思いますよ。 一ドルがけのルーレットは00がなく0だけです。

みんなの海外風俗体験記を募集中です!投稿は こちら!から