地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第587回  深せんのカラオケ小姐


香港・華南へは毎月出張しており、現地の商社さんに良い所へ連れて行ってもらいます。 その中で、深せんのカラオケについて紹介します。

深せんには多数のカラオケ店がありますが、一番便利なのはホテルの中にある カラオケ店です。

人数に応じて大小の部屋に通されて飲み物を注文(大体、ワイン 中国語で紅酒)が出てきます。その後、酒を飲みながら談笑していると、ドアが開く なり、10人ぐらいの若い女の子が入ってきて整列します。

「どの子が良いですか?」と店員の人が聞きますが、気に入らなければ 「不要」と言えば、すぐにまた別の女の子を連れてきます。

他のお客さん(台湾人が圧倒的に多い)もいますので、あまり遅く行ったり、 欲が出すぎると売れ残りの女の子しかいなくなります。

どの子もお化粧をきちんとして、服装もどこかのファッション雑誌で研究している せいか、中国人らしからぬ格好をしています。中には「おっ!?」と唸る様な きれいな子もいます。

ところが、彼女達はカラオケ店から一切給料をもらっていません!!逆にそのカラオケ店 で働けるように登録料を名目に\10,000程度を毎月カラオケ店に払っています。

そのため、お客さんからの指名とチップ(小費)如何で働けるか、生活できるかが 掛かっています。 出身地を聞くと、深せんの人はいません。地方からの出稼ぎです。 指名をすると隣に座って一緒に歌ったり、お酒を注いでくれたり、おしゃべりを したりで良い気分にさせてくれます。

カラオケでお楽しみの後に、連れ出しとなります。彼女たちは大体夕飯を食べていないので 夕飯に行くのも良し、即部屋に行くのも良しです。

私は中国語会話の練習も兼ねて、おしゃべりをしながら夕飯を食べ、その後に自分の部屋に行きました。 一緒にシャワーを浴びて、軽くマッサージをしてくれ、いよいよ本番です。 日本人と違うところは、

①中国人は性に対する情報が乏しいせいか、フェラをしない(知らない)。

②足が細くて長いスタイルが良い子が非常に多い。

③コストメリットは何と言っても抜群!!

④英語・日本語はまず不可、中国語をある程度できればより楽しめる。

中国の相場としては、一発であれば500RMB(約\7,500)、朝まで一緒なら800RMB(約\12,000) です。もし、カラオケ店で指名をしたけど、やりたくない場合にはそれでも200RMB(\3,000)程度は 支払いましょう。一度指名をしても、店員に言えば別の子を連れてきてくれます。

添付の写真の女の子はまだ幼さが残る22歳の子です。朝まで付き合ってもらい夜一発、朝一発 しました。朝出発の時に財布を見ると、HK$とRMBをたまたま切らしており、\10,000を渡し、 「RMBで約700ぐらい」と事情を話してOKでした。

深せんはHK$も通用しますので、香港から入っても再両替が不要なので便利です。但し、レートは RMBよりも若干損をしますが・・・。

また、深せんは地方からの出稼ぎ者が非常に多く、治安は中国でも屈指の悪い所です。 私も知らぬ間にかばんの中にある財布を掏られました。くれぐれも夜遊びの時は必要以上の 貴重品を持たず、警戒心を忘れずに!