地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第52回  ゲイランキング 2

ゲイラン 4につくと、道端にダンプカーがたくさん止まっていた。

”何でだろう?”

と思いながら、自分の車を道端に駐車する。 車を降りて、ゲイラン 4にある置き屋の1つに入っていく。置き屋 にはそれぞれ番号 がつけられているのだが、どの番号の置き屋に入ったのかは忘れてしま った。

中に入 ると、番号が書かれたバッジをつけたタイ人の女の子が、20人ほど ガラスの向こうに 座って、お菓子を食べながら雑談をしている。ここは、いわいる、タイ 式の置き屋だ。

そして、まわりを見渡すと、失礼だが、汚らしい格好をした人たちが、 口では言い表 せない形相で女の子を物色している。

高度成長をつづけるシンガポールでは常に新しいビルが建設されており 、そのビル建 設のワーカーとしてタイやマレーシアから出稼ぎにきている人がたくさ んいる。ここ にいるほとんどの客はどうやらそのワーカーみたいだ。多分、外に止ま っていたダン プカーの荷台にドナドナ状態でワーカーが乗り込み、ここに集団でやっ てくるのだろ う。

当然、そんな貧しいワーカー相手の置き屋なので、ここのレートは大体 Sin$30~50 (今のレートで2400円~4000円)になっている。

それでも、こ こにいるワーカー達に とっては大金なのだろう、彼らの女の子を選ぶ眼差しはかなり厳しく慎 重である。

そのワーカー達に混じり、自分も女の子を物色し始める。すると、ここ にいる女の子 のほとんどがどうみても10代にしか見えないことに気づく。 ご存知のように、シンガポールは、大変、法律が厳しく、よく知られて いるのは 、

” チューインガムの販売禁止/ゴミのポイ捨て禁止”だが、当然、ポルノ にも規制がか けられており、ヌード写真やHビデオの販売も一切禁止されている 。

しかし、シンガ ポール政府も馬鹿ではなく、規制の厳しさからレイプなどの性犯罪が多 発するのを避 ける為に、ゲイラン等の政府公認の置き屋が存在するのである。また、 この公認の置 き屋の条件として、女の子の年齢は21才以上と決められている。

従 って、偶に童顔で 実は22才とかいう女の子がいる事は過去あったが、ここにいる女の 子みたいに、過半 数以上の子が10代にしか見えないのは今回初めてだった。

恐らく、 ここにいる女の子 の何人かは本当に10代、つまり、違法入国/違法労働している のだろう。結構、ヤバイ 置き屋である。

しかし、まあ、せっかく来たのだから、1回くらい話の種にと 15番の女の子を選び、店 のおやじと交渉する。最初おやじは、自分をシンガポール人と思ったら しく、いきなり 福建語で話しかけてきた。

福建語は全然理解できないので英語を話すよ うにおやじに言 うとアジアなまりの強い英語で、”Sin$70.00”と言ってきた 。英語を話すように言っ た時点で外国人と判断し、早速ふっかけてきたみたいだ。そこで、

” No!! Sin$30.00 ”

とおやじに言い返す。すると、おやじは渋い顔をして”Sin$ 50.00”と言ってきた。 まあ、初めてこの置き屋にきているので正規のレートを知らない身の私 は、結局、Sin $50.00で手を打ち、15番の女の子を連れられ部屋に入った。 部屋に入ってまず目に入ったのは、ベッドの上に置かれている熊のぬい ぐるみだった。

”何でこんな所にぬいぐるみが?”

と思いながら周りを見渡すと、写真 立てが並べられ ている。まるで、誰かが生活しているような部屋に見える。まさかと思 い、女の子に話 を聞くと、やはり、この女の子はこの部屋で生活しているのだと言う。 驚きだった。し かもこの女の子は17才で、当然、不法入国の不法滞在、おまけに、 不法労働のトリプル パンチ。

シンガポールにいるが、この置き屋の部屋から外に出た事もな いのだそうだ。 やっぱりここはかなりヤバイ置き屋だ。そう思いながらも、”とりあえ ず、やる事はや って帰らないと”と思い、さっさと服を脱ぎ、女の子とシャワーを浴び る。その後、ベ ットに横になり、女の子の全身リップサービスを受ける。どうやら、フ ェラーリの運転 は、コンドームつきらしい。

普通の置き屋なら、コンドーム無しのフェ ラーリじゃない と納得しないのだが、先に言ったように、汚いワーカー相手に商売して いるのを考える と、エイズより、淋病や梅毒の危険性があると思い、今回は何も言わな かった。

そして コンドームつきのフェラーリも終わり、次はいよいよ挿入。ここもいつ もなら、愛撫を した後に挿入するのだが、結構、舐めても何か変な病気をもらう可能性 があると思い、 愛撫なしでいきなり挿入した。

女の子は最初痛がっていたみたいだが、 腰を振るごとに だんだん濡れてきたみたいで、徐々に喘ぎ声を上げだした。さすがに、 17才のお●んこ は締まりがよく、私も色んな体位で楽しむ間もなくいってしまい、事が 終わると、逃げ るようにして置き屋を後にした。

置き屋から出て車まで歩いていく途中、2件隣の置き屋の前に警察 のバンが止まっている のが目に入った。興味があったので、ちょっと覗きに行ってみると、案 の定、何人かの 女の子が置き屋から連れ出されて警察の車に乗せられている所だった。

恐らく、不法滞 在でしょっ引かれているのだろう。そして思った、”ここは、やめとこ ”と。

客層を気にしないのであれば、このゲイラン 4がシンガポールで安 く、しかも、まとも な女の子を抱ける置き屋でしょう。しかし、警察の手入れがいつ入って もおかしくない 所なので、その点は注意です。
ちなみに、お金に余裕があるのであれば、ゲイラン 20で楽しむの が無難だと私は思いま す。 次回、”バタム島 ナゴヤ市で暴れる”を乞うご期待。