地球の遊び方~ タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第488回  ミャンマーの置屋体験  by P.N さんきち


関空からの直行便(全日空)でヤンゴンに到着。未知の国ミャンマーです。

首都でもタイの田舎みたいに腰に巻きスカートみたいなの(ロンジー)を付けていま す。男も女も。 田舎臭さを嬉しく思いながら、夜の街をグルグル。そしたら「お兄さん日本人?」い きなり少年に声をかけられた。それも流暢な日本語で。日本語学校にかよっていて、 練習したいけどあんまり日本人来ないから見つけて嬉しいとのことで、町を案内して もらうことになりました。

私は遺跡好きで幻の国に行った際、(このHPを知らなかった)偶然に置屋体験しまし たが(スワイパーとか遺跡の町とかで)本当の目的は遺跡です。でもスケベなんでエ ロエロゾーンがここでもあるのか興味しんしん。

ピンクのネオンの大きなカラオケ屋が見えたので、少年に聞くと「女の人がたくさん いるところだよ、お兄さんスケベ好き?」余計な日本語知ってる子だ。「先月会った 日本人のオジサンは毎晩いってたよ。」とニヤニヤ。「でもお兄さん貧乏だからやめ たほうがいいよ」たしかに安宿に泊まってるけどさー。

「ポリスが来て捕まると日本 帰れないよ」銀行員の私はビビッて今回はパス。さすがに情報ないもんなーこの国 は。軍事政権だし怖いなー。事情通の方教えてください。

で、次の日第二の都市マンダレーへ。ここでも日本語学校の生徒に声かけられる。健 全なモテ方してる。なんかウルルン何とかみたいだ。でも街中にいました。「マンコ マンコ!メニーメニーガール!」いかついタクシーの親父が。一瞬ついていきかけた ら、日本語話す少年が、「その人ヤクザ、行ったらだめね」とか言うので、日本語の 方を信用して我慢しました。

銀行員はここでも冒険できません。でも金玉は重くなっ てきています。悶々としだした夕方、人力車(一日借りた)のジジイが、「ユー・ラ イク・ヤングガール?」「イエス!」即答です。約5ドルと幻の国並ですが、どうせ ふっかけているだろうから、「ホントにヤングガールじゃなかったら払わない」とい うと「ノープロブレム」と言って、穴が小さいと身振り手振りで強調する。スワイ パーと同じだ。ロリ好きの私は期待してニコニコ。

この国は明かりが少ないので、日が暮れると真っ暗です。幻の国の5年前くらいか も。どこ走ってるのかわからんけど目的地に着いた。草掻き分けて真っ暗闇の中を歩 かされて、「もしかしてジジイは追いはぎか?」と思ったら、普通の民家に着いた。

ロウソクの明かりだけで、椅子が二つ。ジジイと私が座ると奥から二人の女の子が出 てきた。どう見ても姉妹!完全なモグリの置屋みたいだ。もちろん若い方(1 5才くらいか?)を選んで奥の部屋へ。ミャンマー顔だけどかわいい、でも幻の国と同じ く顔だけ白くて真っ赤な口紅してる。

ある意味そそる感じ。サッサと服をぬいでさ わってると、早く入れろという仕草をする。ゴムつけて入れようとしたら、きついの なんの。最高に気持ちいい。毛の薄いロリマンは大変よろしい。若いのに本気で感じ ているらしく息も荒くなってくるし興奮する

。隣の部屋に彼女の親がいるというシュ チュエーションも面白いが、声を我慢してるのもいいもんだ。昔、彼女の家で声を殺 してエッチしたのを思い出すなぁ。と思いながらキツイ穴のおかげでスグにいってし まいました。

終わった後にキスしてくれて、ついた口紅を微笑みながら拭いてくれる のが何かプロっぽかった。でもチップを要求することもなく終了。スケベな笑顔のジ ジイに感謝!金玉軽くなりました。

今年はラオスに行こうと計画しています。もちろん情報ないです。いいところがあっ たらまた報告します!

みんなの海外風俗体験記を募集中です!投稿は こちら!から

旅は道連れ 世は情け「一緒にGOGOでも行きませんか?」 友達募集BBS