地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第449回  貯金を使い果たしたプサンの女 by 尾張の蛇ニ


これは昨年9月に緑町で知り合い、その後今年の1月まで毎月プサンに行き、その中 の最も良かった体験です。

彼女=京亜は緑町の置屋を引退し、キーセンハウスのアガシとなりました。 価格は1日4万円。(プサンでは最初緑町で客を取り、日本語を憶え、続ける人は キーセンの方に行くのが多い様です。それは緑町だとショートがありますが、キーセ ンだとショートは無く、彼女らにしてみればかなり楽なようです。)

出国前の準備として、12月22日プサンに行くので空港まで迎えに来る様に連絡をして いた。 クリスマスが近かったので、プレゼントを携え、2泊3日の予定で出発する事に。

《1日目》

12月22日名古屋発、プサンへ。 京亜は迎えにきていた。 最初は何処に行くのかと思いつつ、最近借りた京亜の部屋を見てみたかったので催促 した。 (京亜は緑町を引退して、住まいが無くなり、自分で部屋を借りた。)

京亜は家には何もないと言って、俺に買ったくれと催促した。 (冷蔵庫、テレビ、ガスコンロ、ベッドはおろか布団までないとの事) さすがに布団がないのは辛いので、ホテルに行こうかと思ったけど、とりあえず自宅 を見てみたかったので行く事にした。

場所は松島、かなり分かりずらい所。 京亜の自宅に着いてビックリ!! 殆どの物が揃っていた。 (冷蔵庫、ベッド、箪笥、サイドボード、ガスコンロ等など。結局冷蔵庫や布団な ど、日本語の意味が分からず、とりあえず何も無いと言っていたみたい。)

冷蔵庫はかなり大きく、我が家のよりも大きかった。 広さも緑町の京民の部屋より広く、当然オンドル。(1DKでトイレ、シャワー付きの10 畳間) こりゃ充分だと思いホテルはとらない事にする。 落ち着いてからクリスマスプレゼントを贈呈!! かなりうけが良く、喜んでくれた。

そうこうしているうちに夕方となり、夕食の事を考えだしました。 京亜の手料理が食べられると思いつつ、冷蔵庫の中身をチェックすると、ミネラル ウォーターとポテチのみだった。 ガランとしていたので、早速近くのコンビニへ。

そこで辛ラーメンと熱ラーメンを買って、それを夕食にと思ったのだが、ヤカンがな い事に気付く。 ヤカン、メクチュ、海苔も買って、紙コップと箸を貰い帰宅。 (まるで同棲し始めた時のような気分!!) 結局夕食はラーメンで。

京亜はラーメンだけの夕食をかなり気にしていて食べた後、屋台に行くかと言われた が、俺は全然OK。(我が家では有りがちな夕食です。) 1月来る時は必ず立派な夕食を作ると約束をした。 (当然1月も京亜の自宅に泊まります。) 夕食後シャワーに入ることに。 シャワーの水圧が弱く、シャワーをひっくり返しても噴水の様にならなく、結構淋し い。

そんな事はきにせず、ブルブル震えながらシャワーを終えて、ベットイン。(京亜は しっかり大きな洗面器にお湯を貯めて、水でうめながらシャワーを浴びていた。そう いえば緑町で培った経験を生かせば良かったと反省。) 1ケ月ぶりに京亜を抱いて気分は最高潮。

貯まっていたわりには全然イカず、終わってから京亜に毎日ヤッタのかと言われた。 腕枕をしながら就寝。 どうやら京亜のこの部屋で泊まるのは俺が始めての客が俺らし!!

《2日目》

相変わらず、寝起きが遅い京亜。(緑町のアガシは夜の殆どを店に出ているので、朝 がとっても遅く、その習慣が抜けていないみたい) 俺はしっかり8時過ぎに目が覚めてしまい暇だったので、近所を散歩する事にした。 大体の場所がわかりながらコンビニで買い物をして部屋に戻る。 戻ると京亜も心配そうにお出迎え。

外はかなり寒かったので、少し布団で暖まる事に。 お互い足を絡ませながら暖を取るといつのまにかナニも絡まっていた。 (疲れていて、慣れないベッドだったせいもあって腰も痛く早々と発射) 1発終えてシャワーを浴び、今日の予定を立てる。 準備が出来た頃はすっかり昼になっていて、恒例のサンロンタンでブランチを!! サンロンタンを食べ終わって映画を見る事に決定。 ハングルが分からないので映画館で寝ていようかと思ったら、何とビックリ日本の映 画だった。

中山美穂主演の「ラブレター」という映画でハングルの字幕。 韓国では一番人気の様だ!! (なんだか異国の地で日本映画を見るのは変な気分) しかし、これまた10年前の自分に戻ったような気分で最高!! まさに恋人気分。

映画の後、海苔を買いにピニックスホテルの向いのスーパーへ。 海苔、熱ラーメン、他京亜の生活用品を籠に入れ、レジへ。 どの様に払い分けるかと思っていたら、京亜が全部払ってくれた。 大した額ではないけど、かなり感動!!(そう言えばほとんど食事は京亜が出してい た)

荷物が多くなってきたので、一度自宅に戻って夕食の場所に行く事にした。 夕食は初の参鶏湯。 おいしい店をチウン(以前同じ置屋で1晩を共にしたアガシ)とオオママさん(昔々 の店のママさんで行くたんびに会っていた)に聞いて移動。 食べているとチウンとオオママさんが登場。

ドウユウコッチャと思いつつ、チウンに会釈してオオママさんと4人で楽しく夕食。 ここでもオオママさんに奢ってもらった。 食べ終わるとチウンは自宅に帰り、オオママさんの家でコーヒーを飲む事に。 ナンポドンを歩いていると、街はクリスマス一色。 俺がケーキを買って、オオママさんの家に。 (このケーキがやたらまずく、韓国のケーキはこんなもんかと思った)

オオママさんの家に着くと初めて見る、京亜より若い小さなアガシがいた。 コーヒーを飲んで、ケーキを食べているうちに初めて見るアガシと意気投合。 2人でメクチュを飲み始め、いつのまにかメクチュが無くなった。 そこで俺が買いに行くと言ったら、京亜の自宅に行く事になり、オオママさんを含め 新しいアガシと4人で飲む事に。

京亜の自宅に着いて、始めて見るアガシと近くのコンビニへ買い物に行った。 かなり飲んでからオオママさんが帰ると言う事で、2人共帰って行った。

シャワーを浴びようと思ったら水しか出ない。プロパンガスがなくオンドルは暖まら ず、当然お湯も出ない。 仕方なくオオママさんの家に行く事に決めオオママさんに電話したら、1発済ませて からこいとの事で、お互いシャワーも浴びずクンニ、フェラチオをして合体。 生尺でボルテージは急上昇。

俺は完全にパンクし、京亜は3回もイッていた。 1発終わったら動く気がなくなり、夜のうちにガスやに連絡したら翌朝8時にはガス やが来るので、朝シャワーを浴びる事して京亜の部屋でお互い汗だくでのまま就寝。

ここからが不幸の始まりです。 京亜曰く、空港まで30分で着くとの事で、11時30分の飛行機だから10時に出 れば間に合うだろうと思い9時にアラームをセット。

《3日目》

9時にしっかり起床。 韓国らしく時間にルーズでガスやが来ていなかった。 オオママさんの家で仕度をしようかと思ったけど、移動時間が無駄なのでシャワーな しで帰ろうかと思ったところにガスや登場!! お互いシャワーをして、10時過ぎに出発。 ここで今までの精算。

空港で10万円をウォンに両替して、いくら使ったか分からないけど、残っている ウォンを全てあげて出発。(多分100万ウォン以下だと思う) すると道路は大渋滞!

ここだけだと思っていたら、いろんなところで工事渋滞。 これはまずいと思いつつ、11時10分頃やっと空港到着。 間に合ったと思いチェックインカウンターへ。 すると受付が終わったとの事で。 かなり交渉したけど相手が韓国人なもので無理、駄目、30分前で終了の一点張り。 言葉を無くし………………………………。 航空券はただの紙切れ!!

京亜に現実を伝えると、不思議がりながら謝られた。 ここで冷静にいつ、どうやって帰るかを考える。 24日中に帰る方法でソウル経由と斉州島経由があった。(当然どっちも有料) 両方とも大韓で斉州島経由が名古屋16時着だった。 しかし、タクシーの中でもう1日京亜といても構わないと考えていた。

折角来た事だし、京亜とも会えたのでこれも何かの縁ということで、もう1泊する事 に決定!! 決定後、持っていた26000円をウォンに両替し、念の為20万ウォンをキャッシ ング。 その金を持ってテレフォンカードを3万ウォン分購入。 日本の関係各所に連絡して何とか段取りがついた。

25日のJALの予約をして、オオママさんの家に昼食をご馳走してもらいに。 昼食後二人で昼寝。 京亜はかなり悪く思っていてけど、俺的にはもう1日居たかったのであっさり許す事 にした。 京亜に今日の仕事はと尋ねると、大丈夫と心細い返事が返ってきて、携帯をバイブ に。

ママさんらしき人から仕事の電話がガンガン掛かってきていたけど、延々居留守。 今日1日は俺と居るみたい。 昼寝も適当にして、着替えを買いに行こうとしたら、そのままオオママさんと3人で 夕食へ。 今回は俺が出して買い物をし、またオオママさんの家に戻る。 コーヒーを飲んで京亜の自宅へ戻った。 京亜の部屋で来年の韓国のカレンダーを取りだし、予定を書き始めた。 最初に京亜の家族の誕生日。

その後いろいろ書いて、なんと俺の誕生日をハングルで記入!! 完全にイッてしまいました。 俺はハングルの勉強、京亜は洗濯(洗濯機は無いので手洗いで)をして、同棲気分を味 わいながらお互いシャワーを浴びて就寝。

《4日目》

朝、いつもの如く1人で散歩。 この頃には完全に位置感覚を把握。 もう1人で空港から来れるぐらいになった。 京亜に自分の頭の中の地図を説明したら、かなりビックリしていた。 昼頃京亜の部屋を出てオオママさんの家で昼食。

そして昼寝をして、16時に出発。 しっかり送ってもらい来月の話しをしてお別れ……………。 名古屋に着いて京亜に電話をし、愛?を確かめ合って今回の渡航は無事?終了!!

その後いろいろ有って、もう京亜とは会っていませんが、今では良い思いででした。