地球の遊び方~ タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第429回  シソポンの置屋+バンコク滞在記 by kirakira


タイから幻の国に陸路で行く場合、ピックアップトラックに乗っ て行くことになりますが、シェムリアップとバッタンバンの分岐点で あるシソポンで置屋を発見しました。

置屋といっても、プノンペンに行ったことが無いので恐らく規模の方 は小さいとしか書きようがありませんが、なかなか楽しむことが出来 ました。

場所はシソポン駅を出て右手の方に置屋が全部で15件から20件近 くあります。値段の方も、ショートが100B、持ち帰りが300B とリーズナブル。娘の方も玉石混交で、夜になると真っ暗ですから 顔の確認のために夕方までに行くことにしました。

彼女たちには英語がまったく通じませんでしたので、 うまくコミュニケーションをとることが出来ませんでした。 次回行くときはクメール語の本を持っていこうと思います。 3人ほど相手にしましたが、1人だけ冷凍マグロみたいなのがいて 途中で止めてしまいました。まだまだ修行が足りないですね。 1枚目の写真の娘はなかなかいやらしくて良かったです。

ここでは、田舎の方はそうなんだと思いますが、プノンペンと異なり お土産攻撃もまだ通用しそうな雰囲気でした。 あまりすれている娘も少ないと思いました。

タイに戻ってからは、毎日のようにNANAやテルメに顔を出しまし たが、 NANAもけっこう値段が上がっていますね。

あと、かなりの確率で子持ちということもあります。

2枚目の娘は前回「バンコク滞在記」のSKさんと同じ娘ですね。

確かにIDを調べたら25歳でしたが、2人子供がいて翌朝、紙おむ つを買っていました。

3枚目の娘は帰国直前だったので、オールナイトではなかったのです が、 なかなかかわいいいので持ち帰りました。21歳とのことでしたが、 IDを確認していないので本当かどうかはわかりませんが、こういう ときは信じるようにしています。

最後に、彼女の名刺をもらって空港 に向かいました。

みんなの海外風俗体験記を募集中です!投稿は こちら!から

旅は道連れ 世は情け「一緒にGOGOでも行きませんか?」 友達募集BBS