地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第407回  パタヤ7泊8日、8発の旅 by P.K.DICK


1.9月20日~本上まなみに逆レイプ

エアインデイアでバンコク入り。39000円と激安で夕方着(16:00)とあって、機内は学生風の客で満席。空港につくと、荷物受け取り所わきのDUTY FREEでワインを2本購入。タイ産ワインはまずいし、市内で買うと税金の関係か高いので。パブリックタクシー乗り場からパタヤへ、1000B。

ちなみにリムジンカウンターで申し込むと1500B。空港からパタヤへの2時間は、飛行機の旅と違って飽きることがなく苦になりませんね。途中雨季特有のスコールと雷にあいましたがこれもまた楽し。パタヤについた時にはあがってました。宿泊先はセントラルパタヤのノバロッジ。ドイツ料理店が敷地内にある関係かドイツ系の宿泊者が多い。1泊朝食付で900B。ジョイナーフィー無し。IDチェックはする時もあれば、ないときも。

さて、1発目はどこへいこうか迷った末に、置き屋「ノラプッシーキャット」へ。「タイの歩き方」でとりあげられていた、名前のわからないカラオケハウスがここです。セントラルパタヤロードを国道に向かってまっすぐ。SSパタヤビラというホテルの近く。左にちょっとはいったところにありますから、バイクの後ろに乗って左側の小道を注意しながらすすんでれば、すぐわかると思います。カラオケとなっていますが、中で飲む奴はいません。すぐロフト風の2階、赤いカーテンのかかったガラス張りの部屋の前のソファに案内されます。

7時ごろはいったのですが、30人ぐらいの私服の女の子。10代後半から20代後半といったかんじでしょうか。ぱっと目に入ったのが中央の、本上まなみ似の子。マネージャーの「グッド。サービスOK」のことばを信じ、ご指名です。1階に降りて、ママさんにお支払い。1000Bです。その場で、女の子はママから300B受け取り、これで朝までOKです。さあホテルへと、店を出るのですが、なぜかご機嫌超ななめ。パタヤ風俗史上最悪の女とわかるまでにそう長い時間はかかりませんでした。

部屋にはいるとテレビに見入る彼女の体を触りまくり、そろそろと思ったら、いきなりパンツ1枚になり、横たわります。じゃあと体をなめまわそうとすると、みゃーみゃーいやがって、パンツを脱がして指を入れようとすると、がばっとおきあがって服を付け始めるのです。なんだーと思って、店に文句の電話をしようとすると僕の手に持った名刺を取り上げ細かく千切り、「SEX? YOU WANT SEX?」と叫んだかと思うと、素っ裸になり、いきなり、僕のかわゆいオチンチンにコンドームをつけ、フェラチオしたかと思うといきなり上からまたがって無理矢理挿入にきたのです。

ばかやろー、これで負けたら日本男子の面目が立たぬ、シドニーでがんばっている日本選手団に申し訳がたたないと、座位に移行し、むりやり正上位に。しかし、何せパタヤ第1戦、たまっていたこともあり、あっというまに撃沈。余韻を楽しむまもなく彼女はシャワーもあびず帰って行きました。顔でえらんじゃだめ、というセオリーを手帳に書きとめ就寝。

.9月21日~子持ちのバービアの女

朝はゆっくりおきて、朝食バイキング。プールでひと泳ぎしたあと、ショッピングセンター内のインターネットカフェで、株価のチェック。この小さい町で30件近くのインターネットカフェが乱立。商売なりたつのかしら。(1分=2Bでした)さて夜は、サウスパタヤのウオーキングストリートのいくつかゴーゴーを冷やかしたあと、FREELANCER BARという、バービアへ。その名の通り、フリーの女性もいて、その子の場合はバーファインがいらないというのが売りのバーですが、フリーの子はみたことありません。

ただ、道に面したオープンタイプのバービアと違い、エアコンがきいてて、バンドも入っているので、女のこと会話がはずまなくても、時間潰しできるのがメリット。良い子が出勤してくれば目で合図して、横に座らせ交渉します。ドリンク80B。女の子におごる飲み物も同じ。チャージ料金無し。バーファイン300Bです。これというこもいなかったのですが、たまたま近くにいたこを呼んでのみ始めます。彼女みずから、バンコクからきたばかりで子供がいるのと話し始めてきたので、その率直さにちょっとほろっとして値段交渉です。私はとなりにひとがいると眠れないので、ショートで交渉。1000Bプラスバーファイン300B。デイープキス、生尺OKの確約をとりホテルへ。

ソンテウでホテルいり。めずらしく、ガードマンにIDカードを預けるよういわれました。 シャワーを浴びて、いざ。ねっとりとキスを楽しみながら、おおきなおっぱいをいじって、 (ちなみに私、オッパイ星人です)、あそこに指をやるとぬれぬれ。指入れをいやがる様子もなく、指を2本に増やして、かきまわします。指をいれたまま、おちんちんを口元にもっていくと、素直にフェラ。あー、ええ子や。正上位で挿入すると、子供を産んだとは思えない締まりよう。プラス腰の使い方が上手で、亀頭をぐっと握られてプロペラ回しされているようで、「か・い・か・ん。」(by セーラー服と機関銃、角川書店)私がいったあとも、しばらくローリングしてくれました。

.9月22日~マッサージパーラーのNHK連どら出演女優似の女

今日は早起きして、ゴルフ。車で30分くらいの、ラムチャバーンカントリークラブへ。送迎、グリーンフィー、キャデイフィー込みで、1750B。あの帝王ジャックニクラウス設計のきれいなゴルフ場。20近くあるパタヤのゴルフ場の中でもベストです。近くに日本の工場があり、おおきなドーム型のレストランは、日本人従業員や接待用に利用されています。ほかにも、安いパブリックや、フラットなコース(パタヤカントリーなど)であれば、1500BでOK。ただ、フェアウエイとグリーンの状態が安いコースだといまいちなので、1750Bくらすのゴルフ場をおすすめします。

ちなみに、ガイドブックで取り上げられているサイアムカントリーは高いほうの部類に属しますがおすすめできません。コースは面白いのですが、芝が荒れ放題です。予約は、イースタンシーボードゴルフクラブへどうぞ(フリーペーパーにのってます。)今日は、ドイツ人のハンスさんとラウンド。タイレデイを連れてきており、こいつもかと思ったら、「マイワイフ」と紹介されてびっくり。でも、気の良いひとで、楽しく回れました。スコアは101、まあ難しいコースなのでよしとしましょう。(キャデイさんへのチップは200Bが相場のようです。)

午後いっぱい爆睡したあと、早い時間に、マッサージパーラー「サバイデイー」へ。びっくCの正面にある最大のMP。6時ごろで、40人近く女の子がいました。パタヤのMPはここがベスト。対面に、同じ系列の「皇宮大浴室」がありますが、女の子を見比べると、こっちは欧米人むけで、サバイデイーはアジア人むけの品揃えをしているような気がします。料金は込み込みで1500Bです。ただ何人かスーパースター扱いの子がいてそのせいか1600Bとられたことがあります。

だだっ広いレストランスペースがあるので、憶することなくガラスの近くの席に座ってください。マネージャーが寄ってきますので、かたことでも日本語ができる子がよければ、その旨いうと、いくつかリコメンドしてくれます。今回のおすすめは、ナンバー100のシンちゃん。名前わすれちゃったけど。NHKの私の青空に出てくる筒井康隆を略奪するボクシングジムの女にそっくり。(主演の子だと思った方、すみません。そんなうまい話はありません。)年季のはいった、丁寧で執拗な泡踊りに声を出しっぱなしで感じまくり、「あー、なんて俺はばかだったのだろう。最初から浮気せずにMPにきてりゃよかった。」と思うことしきり。連戦のおかげで、長くもち、お互い大満足で(自己満足?)果てました。

お腹ぺこぺこの私は、DAIDOMONの焼き肉で腹いっぱい食って、飲んで300B。 タイでは、牛肉はいただけませんが、チキンとブタはうまいですね。なんたって、全部放し飼いで、ブロイラーなんてないのでしょうから。ここでは、まかふしぎな日本食も売ってますが、とんかつ、刺し身、天ぷら、やめといたほうが無難でしょう。あと、安くおいしくでは、コカのタイスキがいいですね。180Bのセットメニューは、2人でちょうどいいくらい。鶏肉と切り身と、鳥だんごに野菜を頼んで、水炊きふうでたべるのもいいですよ。

.9月23日~MPの子持ちの女

長文になってしまったので、これより以降、女中心にします。 昨日の満足感から、足はまっすぐMPへ。昨日の子はいなかったので、席の真ん中にすわっていた、子顔のかわいらしい女の子、146のコッちゃんを指名。ちょっと小太りだったので、「子供がいるの」と聞くとあっさりそうだとの返事。5歳の男の子がいて、2ヶ月前まで、隣町のスーパーで働いていたんだと。そのせいで、マットはまだ苦手なのとのことばどおり、昨日の子にくらべると、泡踊りのバリュエーションは半分以下。

ただ、ベッドの上では、こちらの攻撃に感じまくり。私のクリトリスバキューム攻撃に、エビぞリ。今日で4連荘の私は余裕綽々。体位を変え、彼女の子宮をつきまくると、自分の二の腕を噛んで、大声をだすまいとする姿に感動、締まりもよく、大満足でフィニュッシュ。離れたあとも、彼女はしばらく動けず、唇をかんでました。かーわゆーい。あそこの締まり具合は、子供を産んだことがあるかどうかより、やった回数に依存するのだと、再認識。風俗経験の少ない子持ちはねらい目ですよ。あっ、それからもう一つ。小太りの女のほうが良い。これも新しい発見。

.置き家の女と3P

1日目で、こりたはずでしたが、またも前述の置きやへ。この前の女は最悪、首にしろというと、日本語の達者なマネージャーは、関西弁で「すんませんなー、今日は大丈夫でっせ。」 とにかくサービスで間違いのない女をというと、二人をたたせます。どちらも、スリムで、かわいい子だったので、一人1000Bだし、どっちか当たりがあるだろうと二人ともご指名。ソンテウをひろって、ホテルへ。今日はIDチェックも無しに入れました。

ちなみに置き屋の女の子はIDカードをもってませんが、(ボスにとりあげられているのか?)、代わりにIDカードをコピーしたものをもたせます。これが、全く本人と似ていないのがお笑いです。部屋にはいると、シャワーをあび、ビールで乾杯。性格もあかるく良い子のようです。ひとりは、24歳、桜井淳子をやせてすらっとさせた感じ、もう一人は、色白、小柄、顔はいまいちですが、体が締まっていて、超きれいな半円球のばすとが魅力。こっちから命令しなくても、私を真ん中にして、なめなめサービスをしてくれ、それぞれ1発ずつ楽しみました。コンドームそのままで、女の子をいれかえるのだけは、みんないやがりますね。おかげで、一晩で、6個も使っちゃいました。今回は、ふたりとも、キス、生尺やってくれましたが、この辺の条件を事前交渉できないのが、難点ですね。二人に200Bずつチップを渡しておやすみなさい。

.9月25日 ゴーゴーのプラム麻理子似の女

「タイの歩き方」でもとりあげられているHAPPY GO GOへ。女のこの質、量とも ぴか一。ドリンク90B,バーファイン500Bも、最高額。ここで、いいこがいなければ、他店にいっても無駄でしょう。バービアレベルの女しかいません。最初は、有名なレズビアンショーをみるだけのつもりだったのですが、ほとんど日本人といってもとおる、プラム麻理子似の(わかるかなー)子に目が釘付け。席に、よぶと、「NICE TO MEET YOU」と明るく挨拶され、こりゃ良い子だ。

ウドンターニー出身だと、どおりで肌がきれいなはず。無駄な肉はぜろ。ここが、GOGOの女のこのいいとこですね。値段交渉すると、ショートで1500B、絶対まけないとのこと。加えて、フェラはしない、彼女いわく、口はごはんを食べるいがいにはつかわないんだと。バーファインと加えて2000Bは、昨日の3P代といっしょだが、ま、この超かわいい素人っぽい女とやるのもいいかと、OK。たっぷり、指と舌で、彼女のからだと反応を楽しんで、挿入。鏡に映して、やっている姿を楽しみフィニュッシュ。さすがに精液の量が少なくなっており、射精の快感はさほどでもありませんでしたが精神的に楽しめました。

.9月26日~MPの田中律子似の女

今日の深夜の便で、日本に帰らなくてはなりません。チェックアウトし、7時出発のミニバスを予約し(350B)、フェニックスカントリーへ(1750Bを1500Bにまけてもらいました)。ドイツ人のシュミットと回り、ベストスコアの91をマーク。ビックCで、お土産を買って、もう4時半。ミニバスは6時半でホテルロビー集合なので、急いでサバイデイーへ。直接カウンターへ行って、この前の146はと聞くと今お仕事中で1時間かかるとのこと。

ガラスの前にいって見渡すと、すかさずマネージャーが111の女の子をリコメンド。みると、田中律子そっくり。二つ返事で、個室へ。よくタイの掲示板に、安室似の女、鈴木沙里名似の女が登場しますが、自信をもってそれ以上に本人にそっくりです。すりむで、無駄なお肉がなく、マットも最高、全身なめから、MPにしてはめずらしく生尺。あそこの締まりもそこそこで、大満足。「今日日本に帰るんだけど帰りたくない。」「なぜ?」「君と出会えたから。」というと、まじでよろこんでました。よく笑う子で、性格もよく、今回の旅のNO1にあげたいと思います。

疲れきった私は、疲れすぎたのか寝付けず機内では、眠ることができませんでした。頭に浮かぶのは、今回であった女のこのこと。よし、次は12月だと心に誓いながら、真っ暗な機内で、一人思い出し笑いを浮かべていたのでした。

今回の費用;

チケット代=39000円プラス空港使用料2040円 =41040円。
ホテル代=900B×6=5400B =14500円。
現地での遊興費(8発、食費、ゴルフ3ラウンド込みで) =60000円。
計 =115540円。 でした。