地球の遊び方~ タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第396回  幻の国修行記(その拾肆) by 亞洲浪人

前回の続編です。 話は連れ出した子が急病で入院し、小生が治療費立て替え、2週間後に再度幻の国 に舞い戻ったところから始まります。

11番館に行ってみると…

幻の国での仕事の段取り軽く済ませ、スワィパーへ向かいました。この辺小生の 行動パターンがいつも同じですので、もし小生がVIPならテロリストに襲撃されて しまいそうです。

閑話休題、11番館に行ったものの、前回急病になった子がいま せん。通常11番館の子が病気になると三階奥にある窓の無い暗い小部屋に住まわ されるのですが、そこにはバイタクこけて負傷した子が生傷さらけだして寝転が っていただけでした。

彼女はいずこへ?

店の子や女主人に聞いてみると、どうやら彼女これ以上稼げないようでベトナム へ戻ることになり、退職することになってしまったようです。長くあそこで働いていたの で借金はなかったようです。まあ理由はともかく病気も治り国に帰ることになったよう で一件落着です。

せっかく来たんだから

せっかく11キロもバイクに揺られて11番館にやってきたので遊んで行かないこと には勿体無い。というわけで「久しぶりにいっちょ3Pでも!」と新人の子とベテ ラン(といってもまだ20歳)の子で上の部屋に行き軽く3P決めるはずか、かなり ハードな2連発になってしまい、バコバコしすぎで心臓バコバコ!。

と言っても、 いつも最後はこうなること判ってながら 3Pやって死ぬ思いしてるのですから我な がら「確信犯」だなあと思います。

彼女を見に行ったら…

翌日仕事をやっつけ、週末利用してサイゴンへでも遊びに行こうかと思い、旅行 社に行ったら昼休み中。で、時間つぶしを兼ねて、ベトナムに戻ることになった 彼女の様子を見に叔母の家を訪ねました。

郊外の貧民区にある家に行ってみると、すっかり元気になった彼女が国に帰るた め荷物をまとめてる最中でした。

何でも明日朝の船でメコンデルタ某地の実家に戻るそうで、一緒に行かないかと 誘われました。小生サイゴンへ遊びに行くつもりでしたし、ビザも持ってますの で、メコン河下ってベトナムに行ってみたいとも前から思っていましたので、こ れこそまさに「渡りに船」二つ返事で「行く行く!」。 翌朝5時に待ち合わせの約束しました。

事の成り行きでいざベトナムへ!

翌朝車で地元の人しか利用しない漁港のよな船着場に向かい、そこから船でメコ ン河下って、出入国で少しまごついたものの、難なくベトナム入りしました。 国境からベトナム領に入ると、そこは掘建て小屋が立ち並び、そこら中に今から 幻の国に出稼ぎに行くらしい男女がゴロゴロしてました。

さしずめ「出稼ぎ人集 散地」と言った感じです。若い女の子も多々見うけられます。この子らはどんな 仕事しに行くのかは言わずもがなでしょう。

そこから更に船やバイタク乗り次いで彼女の実家に向かったのですが、周囲は一 面、地平線の先まで水田が続いており、ベトナム一の穀倉地帯であることが解り ます。

彼女の実家にて

夕方近くになってやっと彼女の実家に着きました。そこは田んぼのなかに有る高 床式住居のようなトタンぶきの吹きっさらしの小屋で、我々日本人の感覚ではと ても家と呼べるような代物ではなく、当然電気水道なし。風呂もトイレも歯磨き もすべてメコンの濁り水のお世話にならないといけません。

家に入る前に「父親は私が向こうでは子守りの仕事していて、あなたが雇い主だ と思ってるから、余計なこと言っちゃ駄目よ!」ときつく釘を刺されました。 彼女も今日はアクセサリー一切身に着けず、服装もやたらダサいのは、こう言う訳 だったんですね。納得。

結局彼女の実家にて朝は釣り、昼は昼寝、夜は酒盛りと非常に健康的(?)な三日 間を過ごし「コーヒー飲む時はわたしの事思い出してね」とステンレス製のコー ヒードリップ土産にもらって叉一人で幻の国に戻りました。

再び幻の国

幻の国に戻って、ここ数日健全な夜を過ごし、「たまって」ましたので「海軍」 へ直行して速攻「山田花子」お持ち帰りしました。

取りあえず晩飯でもと、彼女を連れて中華食べに行ったのですが、食事中、彼女 がぽつりと「私明日ベトナムへ帰るの」と口にしました。「ブルータスおまえも か!」。

凄すぎる夜

小生の常宿のベッドの脇に大きな鏡が標準装備されてるホテルに戻り、一緒にシャ ワー浴び、いつもの如くねちねちとそこら中舐めまわされ、小生は「なされるが まま」でした。

彼女は「サービスの在庫一掃大処分」と言った感じで、ありとあらゆるテクを総 動員してきます。「ホモ」「レズ」以外の(これだけは無理ですね…)考えられ るあらゆる事を試し(指に糸を巻きつけての前立腺刺激性感マッサ-プラス激ニャ ムとか誰が教えたんでしょう!?、こんな気持ちいいことされたら思わず喘ぎ声出 してしまうじゃありませんか!)、4時間ほどの間に一体何発発射したのかも解ら ぬまま、疲れ果てて二人抱き合っ て眠りました。この部屋もし隠し撮りされてたら「凄いビデオ」ができていたこ とでしょう。

翌朝彼女からも「一緒にベトナム行きましょう」と誘われましたが、小生たった 今ベトナムから戻ってきた所なので丁重にお断りし、手元に残ってたベトナムド ンを餞別に渡し「テクニシャンの王者山田花子よさらば!」と彼女を見送り、小 生は新たなテクニシャンを探すという使命を胸に「修行するぞ、修行するぞ、修 行するぞ…」と念じながら幻の国を後にしました。

彼女たち二人ともメコンデルタに家が有り、その後ニュースでこの地域が大洪水 で多大な被害が出てると報じられていますが、元気にしてるのか少し気になりま す。

みんなの海外風俗体験記を募集中です!投稿は こちら!から

旅は道連れ 世は情け「一緒にGOGOでも行きませんか?」 友達募集BBS