地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第392回  チェコ・プラハ ナイトクラブの巻 by TOSHI

話によるとプラハには大小あわせて150以上のナイトクラブがあるそうで、なんと、エロチッククラブ協会(AEK)なんてのまであります。ギャランティーセキュリティアンドハイクオリティサーヴィスだそうです。

実際歩いていると「え?こんなところにもあるの?」みたいな感じで乱立してます。 前もって調べた英語のサイトでお薦めだったのは、高級店でLotos, Apollon and K5。 格安店はLaura and Marthy。他にはDrancy and Castleなどなど。

 街の売店でクラブのガイドを売っていますので2~3冊手に入れましょう。すけべな表紙のものが売店のガラスに貼ってあります。大きい縦長のやつにはラフな地図も載ってます。店によってはクーポンが付いているので割引になります。(余談ですがこういうものを買うのって結構はずかしい) エスコートやクラブの広告は空港やホテルにある普通のガイドにも出てます。

<MARTHY CLUB>

 ナイトクラブは初めてなので練習(?)がてら庶民的なところへ。 夜8時に到着。ブザーを押すとマスターが笑顔で出てきて「英語できる?」、「もちろんサー」、「心配ないよ。ここはエロチッククラブでね。女の子を選んでナントカカントカ....」 前の投稿にあった通り中は狭い。

客は私だけ、女の子は3人。質は高くもなくアグリーでもなく。ビールを頼みしばしこのひとのいいマスター(マーチンだったかな?)と雑談。8年ここで商売していて最近は競争相手がふえて大変だと言っていた。その間2人の女の子はカウンターで何をするでもなくこっちを見ている。もう1人は時々話しかけてくるものの少し距離を置いて立っている。

マスターと話す事も無くなり間がもたなくなってきたので、「座らないの?」と一番話しかけてきてた子に言うと、すぐに横に座ってきた。と同時にカウンターにいた2人は奥のソファーに移動。あ、なるほど。私が誰かを選ぶのを待っていたのね。とやっとシステムを理解。

 隣に座った子の名前はNina。24才。腰近くまであるロングブロンド。色白。ブルーの目。メガネ。ポッチャリ系。英語OK。 親にはベビーシッターをしていると言って週4日夜中の2時までここで働いているそうです。(木金日月だったと思う) 30分ほどお話しして個室へゴー。2500Kc/45min。

 服を脱いだ彼女は思ったよりデブ。ブタペストでの悪夢(バ~バラ~)が蘇り、げげ、失敗したかなーとちょっと後悔。(でもいいSEXをしたければ一番愛想のいい娘を選ぶという原則は曲げられない) ところがどっこい!SEX最高でした。当たりの気分! 私いままでデブは嫌いだったのですが、彼女のようなおデブちゃん(おをつけさせていただきます)ならOK。

 普通のマッサージから始まって、だんだん日本の性感マッサージ風に。指先で背中とか玉裏などをさわさわさわ~とやるやつ。コケージャンでこのテクニックをやってくれたのはニーナが初めて。ビンビンになったころに表にされねっとりとフレンチキス。「ハァ~」と大きく息を吐き私のお腹の上で起き上がったニーナの顔は赤く色ずいていました。ふとニーナのあそこに目をやると毛がない! パイパンか?と思いさわってみるとちゃんとじょりじょりとした感触が。下の毛もかなり薄い色なのでした。

 次は耳裏から下のほうにかけてリップサービス。そのあいだニーナの指は私の玉と肛門から離れない。私の乳首を舐めながら「ここ好き?」、私「大好き、、」 細いロングヘアーが体にまとわりついて気持ち良かった。やがて69の状態になり突然パクリとくわえられた。え、ゴム無し? とびっくりして見ると口でつけてくれていました。

純情そうな顔して、、、 ニーナのプッシーは、イヤーきれいでしたね。舐めるのガマンできませんでした。指出し入れしながらクリ舐めている時の反応も良かった。その間まだニーナの指は私の肛門に。挿入後もずっといい感じで恋人とのSEXのように楽しめました。何度かのポジションチェンジの後、最後はうつぶせにして足を閉じてお尻の上にまたがってつきまくり、ニーナも「この体位いい~!」とさけんでいました。最後は「あなたはすばらしい」とお褒めの言葉をいただき大満足でお別れ。 総額は2580Kc。約7300円

Marthy Club

Address Paraha 3 Seifertova 35

Tel 627 80 13

Hours 12:00-2:00

Beer 80Kc

2300Kc/30min 2500Kc/45min 2800Kc/60min

<LOTOS CLUB>

 一番評判のいいLOTOSへGO! 英語のサイトにモデルタイプがそろっていると書かれていたので期待して行きました。LOTOSのアド添付します。 ここは高級店という事なのですが、実は内容を考えれば私が行った時のレート(1US$=37Kc)では決して高くはありません。これは東欧全体に言えるでしょう。

 地下鉄C線で南の終点Haje駅まで。中心地から20~30分。着いてみるとそこは典型的なソ連時代の団地。「ほんとにこんな所にプラハ一のクラブがあるの?」 正確な場所を調べて来なかったのでしばらく迷うはめに。「LOTOSってどこですか?」って人に聞くわけにもいかないしね。 40分ほど探してやっとありました。駅のすぐ近くじゃないか!やれやれ、、

 駅のだいたい北側(乗ってきた地下鉄の進行方向に向かって左のやや後ろ)に高いビルが2つあります。上が渡り廊下でつながっていて時計が付いてます。そのビルはホテルでそのホテルの手前にLOTOSのネオンサインが見つかるはずです。もっとハデなのかと思ったら以外にこじんまりした入り口でした。 夜7:30(まだ明るい)、ベルを押すと強面の大男がタキシード姿でお出迎え。スマイルレスの顔は怖いけど態度は紳士。入場料500Kc。私はクーポンを持って行ったのでタダ。中は思ったより狭かったです。でも雰囲気は十分スケベでエレガント。

 カウンターに座りビールを頼んでしばし観察。客は私と私のすぐ前に入った2人組み。30後半のアラブ系と18位のコケージャンの若僧のおかしな組み合わせ。若いほうは見るからに緊張してておかしかった。(あ、ちなみに20前後の若さだともしかしたら父兄同伴じゃないと入れてくれないかもしれませんよ。日本人は特に若く見られるし) カウンターの壁にはプロジェクタがありAVを流していました。女の子は全部で6人いました。 ん~ん、レベル高いです。

みんなランジェリーかそんなのどこで売ってるの?みたいなスケベな格好です。1人を除いて全員ファッカブル。でもその1人もただ単に好みじゃないだけ。モデルタイプが多いと言われるのも納得。どの子にするかほんと困りました。身長180位のショートヘアーのブロンド、バーにつかまり強烈に腰を振りながら踊るダイナマイトボディー、バスティタイプのいかにもってな感じのブロンド、モデル顔負けのスタイルのいい子。いやーまだ私が20だったら一日中いてみんな味見してみたかった。

 私が選びかねていると一人ずつカウンターの横を通り、奥のドアに入って行ってまた出てきたりしていました。きっと近くで見せて選びやすくしてくれていたんでしょうね。いい気配りです。そのうち一人のブルネット(もちろんかなりの美人)が、「You wanna company?」(←これ訳せないですよね)と言ってきました。

でもまだ決心のつかない私は、「もうちょっとビール飲ませて」ととりあえずお断り。実は隅の方にいるブロンドが気になっていたのです。他の子たちは踊ったりだべったりしているのに、一人だけポツンと別のソファに座っている娘がいたのです。何度か目が合って「そっちに移ってもいい?」と聞くと、「もちろん!」(当り前ですけどね)

 彼女の名前はJana。21才。チェコ人。学生。明るいブロンドの髪。ライトブルーの目。色白。舌たらず。おまけに前歯に少しすき間があってTHの発音ができない(このへんがかわいい)。美人度ははっきり言ってこの中では高くはないけど何となく気にいってしまった。シルビアセイント@ALSSCANとSPICE GIRLSのおさげの子とシンディーローパーを足した感じ。(←むちゃくちゃなたとえ) いなかから最近出てきて自由を満喫しているそうです。

いつからLOTOSにいるのと聞くとナント今日が出勤2日目! (ラッキー!) 道理で他の子となじめていないはずです。英語も結構話せて30分くらいくだらない話して個室へゴー。  部屋もなかなか良い感じ。日本のラブホテルみたいなバスタブもありました。まずは一緒にシャワーを浴びてムスコを洗ってもらいベッドイン。残念ながらノーキス。ゴムを付けてBJ開始。ちゅばちゅばといやらしい音をたてながらやってくれました。SEXはいかにも素人。上に乗ってもすぐ「足がツカレター」って降りちゃうし、変則体位をやろうとすると「え、なにこれ?」ってな顔するし、この子はきっと上前後ろの3種類しか知らなかったのでしょう。

 何度かポジション変えた(教えた?)後、ジェナをMの字開脚させるといい感じにハマッた。(アジア人ほどMの字にはならないけどね) 親指につばをたっぷり付けクリちゃんをぐりぐりやるとさっきまでコリコリに固かったクリがだんだん柔らかくなってきた。(よっしゃよっしゃマジで感じてるね?もうちょっとだな)と高速ピストン。

ジェナは眉間にしわをよせ、両手でシーツをわしづかみにして、必死にこらえている風。そのうち「ウッ!」と言ったかと思うと上半身を起こしてきた。いぢめモードに入っていた私はかまわずつきまくっていました。ジェナは大きく口を開け声にならない声を出し、目の焦点は定まっていない。

そして突然「ハァ~~~」と大きく息を出したかと思うと、ぐいっと腰を引いて一言、「もーっ気持ちよくない!!!」、、、、あっけに取られる私のむすこをむんずと握り、おもいっきりしごき始めました。予想もしてなかった展開にしばし唖然、、(おいおい、いくら自分がイッタからってそれはないだろ。おれはまがりなりにもお客だよ) いくらしごいてもいかないので、 ゴムをはずして(こら乱暴に取ったらイタイだろ!)、手にローションをたっぷり付け(おいおいつけすぎじゃないか?)、左手で竿を、右手は上にかぶせ頭があたるように、これまた強烈にしごいてきた。

でもこれはさすがに気持ちよくて1分ほどで彼女の手に発射。プラハに来て毎日SEXしていたのに結構タップリ出て、ローションと精液でべちょべちょになった自分の手を「うわぁ、、、」てな感じの顔で見ているジェナの顔が今でも忘れられない。

総額はクーポンで10%引きになり全部で3780Kc。約11000円。 (LOTOSはホームページ持っていますが、そこに出ている娘たちより私が行った時にいた娘たちのほうが全然レベルが上でした)

LOTOS CLUB

Address: Praha 4 Kupeckeho 832

Tel: 02/791 68 25, 02/794 05 65

Hours: 24h Non Stop!

Entry fee 500Kc. free with coupon,

Beer + Soft drink for girl 180Kc with coupon.

3600Kc/1h with coupon.

4000Kc/1h without coupon.

www.lotos.cz

<APOLLON CLUB>

 K5にしようかAPOLLONにしようか迷う。K5は色々オプション(サウナとか)が選べて面白そうだけどその分高くつくので結局APOLLONへ。広告の写真。  雨の中到着。入り口をくぐると若いハンサムなにいちゃんが笑顔でお出迎え。「雨の中わざわざようこそ!」、とは言わなかった。中は入り組んだ造りで結構奥のほうにメインの部屋が。もう日は暮れてたんだけど客は私一人。

薄暗くてLOTOSに較べるとちょっと下品な感じ。(基本的には同じですけどね) ソファに座るとそれまでバラバラにいた女の子たちが私を遠巻きに囲むようにして集まってきた。LOTOSとは違ってここはみんな服着てます。全部で6-7人。しかし! が~ん、、、レベルが低い!! どうしてここがLOTOSと並んで一押しなのかわからない。西洋人との好みの違いか? いやーそれにしてもお世辞にも美人とは言えないよ。

がっかりしながらも誰か選ばなきゃなーと暗い中一人づつチェック。とりあえず誰もフレンドリーな子はいません。よーく見ると一番奥に美系ではないけど、十分ニートで少なくとも頭は悪くなさそうな子を発見。「ウエイトレスがどの子にします?」を聞いてきたのでその子を指名。隣に座ると他の子はバラバラと解散。

 彼女の名前はStana。25才。チェコ/Decin出身。ショートブルネット。2週間前に他からAPOLLONに移ってきたそうです。近くで見るとスポーツやってそうな体(筋肉質という意味ではない)。英語は私よりよくしゃべれた。例によって30分雑談して個室へゴー。ジャグジー付きとスタンダードの部屋があると言われたけど、1時間じゃジャグジーでくつろげないだろうなと思いスタンダードを選ぶ。

 部屋はスタンダードでも十分広くて清潔。一緒にシャワー。おへそにピアスしてます。体を洗ってもらい、お返しにステーナも洗ってあげる。おっぱいからだんだん下に降りていってあそこに手をやると、ありゃ、プッシーのヒダにもピアスが。この子も残念ながらノーキス。

ベッドで軽く触り合った後、まだほとんど柔らかいままのムスコに器用にも一瞬にしてゴムを付けた。パチンって音がしたんです。すごい技だなとちょっと感心。実は私柔らかいままBJしてもらって口の中で大きくなるの大好きなのです。生じゃないのが残念。固くなったらすぐに上に乗ってきた。なかなか元気のいい動き。後で聞いた話によると以前アスレチックに凝っていたそうです。体が柔らかいので色々体位を変えて楽しみました。

 ステーナはSEX大好きみたいで積極的に楽しんでいました。途中ピアス付きプッシーに我がムスコが出入りしているのを見たくなって、ベッドの上でお互い座ったまま向き合い後ろに手をつき足を交差させて合体。(対面座位っていうのかな?) 照明でぬるぬる光る彼女のプッシーと動くたびにきらきら光を反射するピアスがいやらしかった。いつもならここで親指につばをつけクリをぐりぐりやるんですが、ためしにステーナの口に私の親指をもっていくと、ねっとり口に含んでくれて指フェラしてくれた。いいですねわかってる大人の女は。しかもその後私が何をしたいか察しているのかたっぷり唾液をつけてくれました。

唾液が落ちないように彼女のクリへ持っていってやさしくぐりぐり。お、ちゃんと固いじゃない。演技じゃないのね。最後は彼女の頭がベッドからはみ出るようにうつぶせにして、足を大きく120度くらいまっすぐ開かせフィニッシュに向けてラストスパート。彼女が小刻みに足を痙攣させたのを見届けて私も発射。

 時計を見るとまだ時間があるのでしばし雑談。ステーナは元新聞関係の仕事をしていたらしいけど、(どうりで英語がうまい) 給料が安いのと新聞自体の発行数が少ないのでお金のいいこの商売を始めたそうです。ほかにクリントンの事とか、次の大統領はゴアがいいとか、中国とチベットの問題とか、クラブに来てこんな話するとは思わなかった。ソ連時代の話を聞くと、彼女達は小学校に入るとまず有事の際の非難訓練をやらされたそうです。

細かい事は書きませんが日本みたいな気の抜けたのではなくかなり本気のやつ。3年になると毒ガス兵器用のガスマスクをつけて訓練したそうです。 というわけで、、変な話の終わりかたで申し訳ない! 帰り際にお写真撮りました。それを見て「あーやだやだ私って顔がワイドなのよね」と言っていました。 クーポンはシステムが変わったと言われて使えなくて総額は4580Kcくらい。約13000円

CLUB APOLLON

Address: Praha 8 Sokolovska 60

Tel: 24 81 59 45

Hours: 20:00 - 6:00

Entry fee: 忘れた。

3 drink 780Kc.

3800Kc/1h for Standerd room.

<LOTOS CLUB再戦>

 最終日。夜のフライトまで時間があるので最後の一発をどこでやるか? やっぱLOTOSでしょ。実は前回ジェナと話している時、鏡越しにずっとこっちを見ていたかわいい子が気になっていたのでした。昼の2時に到着。さすがに真っ昼間なので人目が気になる。

女の子は4-5人。昼間なのに思ったよりいる。でも皆さんすっかりくつろいでいたみたいで私が入ってから照明をつけたりビデオや音楽を流し始めていました。お目当ての子は、、、いました! またカウンターに座って一応他の子もチェック。見るだけでも目の保養になりますからね。やっぱレベル高いです。そのうち美人のブロンドが「You wanna company?」、同じセリフです。

でも初心一徹、お断りしました。そしていよいよお目当ての子が近づいてきて「You wanna company?」(これしか知らんのかい!)と話しかけてきた。まよわず「Yep」。

 彼女の名前はEva。26才。ブルネット。プラハ生まれ。2年LOTOSにいる。かわいい子ちゃんタイプの美人。すけすけの黒のランジェリー。でも「You wanna company?」はほぼ完璧な発音だったのに、実は英語リミテッド。

あんまり話はずまないので早めに個室へ。  はだかになったエヴァはちょっと変わった体型だった。胴は少し横に広くて薄い。足がめちゃくちゃ細い。ちょっとアンバランス。でも美人なので許す。一緒にシャワーを浴びたが、お湯がちょっと冷たくてシーツを巻いてブルブル震えているエヴァを写真に撮る。

 エヴァのSEXは受け身でした。もちろんBJくらいはやってくれたけど、積極的に向こうからは仕掛けてこないので、こちらからエヴァをやさしく全身愛撫。口にキスは駄目だったけどプッシーはOKで丁寧に舐めあげ終始ソフト路線。良かったんだけど何だかいまいち期待と違った。でもフライトの時間が迫っているので残念ながらここまで! 総額3870Kc。約11000円なり。

LOTOS CLUB

Beer + Two soft drink for girl 270Kc with coupon.

3600Kc/1h with coupon.

プラハ セックスパークその他の巻へ続く、