地球の遊び方~ タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第382回  幻の国修行記(その拾参) by 亞洲浪人


巷では「トンレサップ河に沈められた」とか「逮捕された」とか噂されている亞 洲浪人です。

公私共に激務続きで修行記なかなか投稿できませんでしたが、至っ て元気で、修行もコンスタントにこなしておりますのでご安心下さい。

いつもの修行

例によって例のごとく、幻の国での仕事が入り、喜び勇んで飛びました。幻の国 での仕事はコネが肝心、で現地で親しく付き合える知人も多くなり、仕事のほう はほとんど他人任せみたいなもんです。

まずは555へ

仕事が一段落着いたところで、まだ日が高いのに、まるで日本で昼休みにちょっ とパチンコ屋のぞきに行くような感覚で、敦煌海鮮酒家向かいの「夜間強盗多発 地帯」のど真ん中にある「555」という置き屋を冷やかしに行きました。

555とは?

「555」はドアや窓がスモークガラスで、外からはここが一体何屋さんなのかよく わかりません。しかも窓に「コンピューター」とか書いてあって偽装工作も手が 込んでます。

中に入ると以前床屋だったらしく壁には鏡。その奥が3段の「ミニひな段」になっ ていて女の子(全てベトナム人)が座ってます。ひな段の前にはガラス仕切りな んていう無粋な物はなく、女の子と直接しゃべったり、触ったり、叩かれたりと コミュニケーションできるようになっています。このオープンひな壇は得点高い です。

びっくりのご対面!

ひな壇の右端に、何と、前回、小生の知人が一生懸命探して、結局みつからなかっ た元スワィパーの子が居るではありませんか!お互い同時に指差しあい「あー!」。 で、この子に「あなたの連れはいつ戻ってくるの?」「どうやったら連絡取れる の?」「私のこと忘れてんじゃないの?」とか厳しく追求され、「ここに電話す るように必ず伝えて!」と電話番号渡され、さっさと店を追い出されてしまいま した。

「555は単に冷やかしに行っただけだからまーいいや!」と、追い出された こと気に止めず晩飯食いに餃子屋へ。

いざ聖地スワィパーへ

腹も膨れたところで、涼しい夕風浴びながら颯爽と聖地へ。行き先はいつもの如 く11番館です。

11番館に入り、店内の女の子達から、まるでホームインした野球選手のような手 荒い歓迎を受け、半強制的に全員にコーヒーやミルクおごらされました(仲良く なるほど高くつくのは東南アジアの鉄則ですね)。

キャバクラコーナーにて

女の子を4人ばかり引き連れ、奥のキャバクラコーナーに場所を移し、女の子達と 駄弁っているとその中の一人の子(結構前から居る)が「今日は疲れてるからホ テルで休みたい」とか暗に連れ出しをねだってきますので、「部屋はツインなの で他の子とやってるの見ながら寝てていいよ」と今夜ホテルで休めるように取り 計らってやりました。が、結局仏心(?)出して、この子だけを連れ出しました。

大事件発生?

ホテルに戻り、シャワー浴び、ビール飲んでから、「やるべきこと」を済ませ、 心地よい倦怠感に任せゴロゴロしていると、この子がいきなり「お腹が痛い」と 言ってのた打ち回ります。

始めは冗談かと思ってたのですが、マジで痛そうなの で彼女の希望通り街の外れに有るベトナム人医師の居る診療所に連れて行きまし た。

フランス人(写真見る限りパックパッカー風)を診たことあるのが自慢の医師は 「放っておくと危ない!腹膜炎になるぞ!」と、いきなり点滴プラス尻に注射3本 打つ大サービス!即時入院決定です。

小生は「とにかく助けてやってください!お願 いします!治療費は後で必ずはらいますから!」とお願いしてホテルに戻りました。

一体何をやってんだか?

翌朝11番館の「阿強」に電話し、昨夜のことを話したのですが、あたかも小生が 今日も彼女をキープしたいが為に話を作ってるように勘ぐられてしまいましたの で、小生もカーっとなって「嘘と思うなら国道2号のXX診療所に行ってみろ!もし 彼女を見殺しにしたら、おまえ代代恨まれるぞ!」と言ってやりました。

そして診療所に様子を見に行くと「入院」は入院でも診療所の土間に寝かされて いるだけでした。小生は治療費を払ったり、彼女の叔母と連絡とって診療所に来 させたりと一体何やってんだか???

バタバタしてる間に

こんなことしてバタバタしてる間に遊ぶ間もなく、仕事済ませたただけで帰国日 の朝を迎えてしまいました。

診療所に様子を見に行ったところ、彼女少しは元気になったようなのですが、医 師が「あと4、5日安静にしておかないと」と言いますので、彼女に5日分の治療費 100ドル渡し「2週間後に帰ってくるから、それまでに元気になってろよ!」と言っ て空港に向かいました。この辺女の子の甘いのが小生修行未熟な所以でしょうか? でも今回は限りなく修行なしに近くなりそうです。

修行せよとの天のはからいか?

空港に行くとチェックインカウンターの太ったおばさんが、面倒くさそうに「フ ライトキャンセルになったから、午後便に乗ってね」と言いよります。 これは修行せよとの天のはからいでしょうか?

とにかく、あんな何にもない空港にいても仕方ないので、市内に戻り、昼食食べ てから「テクニシャンの館」こと「海軍」に行きました。前までここは単に一発 なら5ドルだったのですが、今回はマッサー強制抱き合わせ販売の10ドルコースに なってました。ここのオバハンあつかましいです。

結局いつもの如く「山田花子」を選び、「私のことお姉さんって呼んでいいのよ」 とか言われながら、性感プラス本番の激テクで2発抜かれてしまいました。

時間一杯までマッサーしてもらって「今度来たときは日本語教えてね」とか言わ れながら見送られ、先ほど体洗ってもらったタイ製の安物シャンプーの残り香ぷ んぷんさせながら幻の国を後にしました。

勿論心の中で「二週間後にまた来て修行するぞ!修行するぞ!修行するぞ!…」 と念じていたのは言うまでもありません。

はたして二週間後あの子は元気になってるんでしょうか?次回を乞うご期待!

みんなの海外風俗体験記を募集中です!投稿は こちら!から

旅は道連れ 世は情け「一緒にGOGOでも行きませんか?」 友達募集BBS