地球の遊び方~ タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第329回  クアラルンプール旅行記 by H屋

比較的情報が少ないのですが、先達の情報を頼りに遊んできたので、お礼代わりに旅行記を書いてみました。

2000年5月時点の情報です。なお、通貨リンギット(RM)は約34円でした。

5月26日 初日

ホテルに深夜到着。ホテルはハードロックカフェのあるコンコルドホテル。すでにホテルにあるマッサージパーラー(MP)も閉まっているので、まずはハードロックカフェを物色。金曜日夜なので地元の若者で大いに盛り上がっていた。

1時間近くいたが、それらしい女性もいないので退散。今度はホテルの電話帳で「Entertainment」を探すと、マッサージ派遣やエスコートの広告がたくさんあった。どれも同じような感じだったが、サクラ(03-245-9948)を選択して電話した。

片言の日本語を話す女性が言うに、ショートで300RM泊まり600RM(6時間)とのこと、2人を派遣するので、どちらか選ぶか、気に入れば2輪車も可能とのこと。この日は、サンサンという名前の小柄な女性を選択した。サービス精神旺盛であそこもしまりがよく、小陰唇も小振りのきれいな体でした。外見は10段階の6、費用は300RM+50RM(チップ)。

女性によると夜の10時から朝6時までが勤務時間で、車の中で待機して呼び出しがあればホテルに行くようです。少なくともコンコルドホテルはバンコクのようなジョイナーフィーはありません。

 翌日は、昼間、観光中にブキッビンタンのマレーシアホテルの地下にあるMPでマッサージ。ややくたびれた部屋でチャイニーズの女性から1時間くらいマッサージ(67RM)を受けたところで、スペシャルはするかと聞いてきた。本番(チキチキと呼ぶ)300RMだったが、それほどいい女でもなく、サービスも悪く失敗でした。外見は10段階の4。

 夜は気を取り直して、宿泊しているコンコルドホテル2階(日本式に数えて)にあるRalaxsalonという名前のMPに挑戦。ここは事前に女性を選択できないので、案内してくれた男性にチップ20RMを握らせ、いい女性を紹介しろと言ったところ来たのが、41番のクリス、外見は10段階の7、よく日本人駐在員が指名するとのことで、少し日本語が分かるようでした。

料金はパッケージ(マッサージ+チキチキ)で250RM。あそこはきれいでしたが、やや緩め。サービスが良かったので、50RMチップ。室内はバスタブはなく、シャワーのみであったが、非常にきれい。ベットも広くてきれい、側面と天井が鏡張りでした。

 ここは、翌日の昼も行き、今度も同様案内の男性にチップを握らせ別の女性を頼んだので、60番の女性がきた。外見は10段階の9。ただ昼だからかどうか不明ながらパッケージは前日より安く210RM。サービスもあそこも良くおすすめの女性でした。部屋は昨夜と異なり天井の鏡はなし。

 2日目は、1日2回に挑戦で、夜は再びサクラEscortに電話。前回と違う子とお願いして、再び2名が来た。今回は2人ともきれいでホントに迷ったが、アニタ(外見は10段階の10)とプレイ300RM+チップ30RM。体もサービスもGoodでした。

 2日目は、1日2回でややお疲れ。3日目は昼は控えて夜は再びサクラEscortに電話。前日のアニタを今度は泊まりにしようと思ったが、なんとお休み。しかもその日は出勤が少なくミミというチャイニーズしかいないとのこと。気に入らなければチェンジOKの条件で部屋に呼ぶ。  最初に見た外見は非常によかったので、OKしたがサービスは超手抜き。300RMでチップくれと言ったがノー。

 翌日30日は最終日なので、無理して2回にトライ。昼間、とりあえずマッサージにして、成り行きで、その先と思いコンコルドホテルのRalaxsalonに1時間マッサージといって入った(72RM)。ボーイにチップも握らせず、自然にしているととんでもない地雷に当たった。42番の女性でとてもチキチキする気にならないものの、結局手コキで100RM+チップ20RM。これは失敗。ここは女性を選べないので、案内の男性にチップをはずむのが得策でしょう。

 夜は、ブキッビンタンのスターライトコーヒーハウスへ行く。ここは、ブキッビンタンプラザの前の通りを渡り、ケンタッキーの角を50mほど行くと、右手にインペリアルホテル(帝国飯店)というのがある。入り口から正面のフロントまでに左にある階段を2階に上ったところにある。上に小さな看板があるが普通では、わからない店です。

 広い部屋に10人ほどの女性が待機していて選り取りみどりで、もっと早く来なかったことを後悔。タイのMPのサイドラインのような感じです。コーラ(3RM)を飲みながら選定し、店のオッサンの意見も聞きながら19歳のマレー人のアニタを指名。

サクラの女性とはもちろん別人でアニタというのはよくある名前だそうです。外見は10段階の10なのに料金はわずか160RMでした。ホテルの3階がプレイルームで広い部屋でした。ベットはスプリングが悪く、足がやや痛かった。アニタはサービスもあそこもすごく良く、大満足したのにチップを渡すのを忘れてしまった。

 結局5日間の滞在で8人と対戦、費用はいろいろ込みで約7万7千円でした。女性はいずれも自発的に働いているようで、変な罪悪感が働かず、精神衛生上もよかったです。

Hはすべてコンドームつきで安心感もありました。タイには劣るけど、イスラム教の国にしては、結構男性天国でしょう。ぜひまた訪問してみたいところでした。

みんなの海外風俗体験記を募集中です!投稿は こちら!から

旅は道連れ 世は情け「一緒にGOGOでも行きませんか?」 友達募集BBS