地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第297回  パタヤのGOGOはお勧めです by 沈黙の嫁さん

タイ渡航暦がもうすぐ30回を超えるタイレディ大好き中年です。

2月にパタヤビーチに行ってきたので、報告致します。パタヤの街は、海岸沿いのファースト通りとそれと平行して走るセカンド通りが繁華街と言えます。その間を結ぶソイにたくさんのゴーゴーバーがあります。

何処の店もドリンク の価格にたいした差は無く、コーラ80バーツ、ちょっと高いところで100バーツ程度です。女の子の飲むドリンクも同じ値段の店が多いようです。

何件目かに入った店は、ステージ上で女の子が全裸で踊っていました。全裸で踊っている店はバンコクのゴーゴーでもたまにありますが、ここはその女 のこたちがダンス終了後に隣に座ってくるときもカーデガンを羽織っているものの、その下はスッポンポンでした。

右隣に来たのはものすごく幼い感じのする娘で、年齢を聞くとシップぺー(18歳)と言い張りますが、ちょっと信じられません。ロリ○ンファンの人にはたまらないでしょう。なにより私の一 番好きな場所に毛が無かったことがついついチップを弾む原因となりました。

至近距離でこんなきれいな割れ目を見せられては、私のウインナーもフランクフルトとなってバミューダパンツを持ち上げていました。 もう一人左側についた女の娘はイーシップ(20歳)、 優香に似ていて英語がとても 堪能でした。

この娘は姉さんはだというかチイママというか大変世話好きで、私にあの娘はどうだ、この娘はかわいいでしょ? といろいろ連れ出しを勧めてきます。私はこの性格のよさそうな優香を連れて帰ることに決めました。

私が「君を連れて帰りたい」 と云うと優香嬢は少し困ったような照れ ているようなそんな仕草をしていましたが、まわりの娘たちがヒューヒューとはやしたて、しょうがない感じで外出用の服に着替えてきました。店に連れだし料500バーツを支払い、優香嬢には、オールナイトで1200バーツの契約です。これはバンコクのゴーゴーの相場より安いと思います。

店を出る と彼女はとても上機嫌でしぶしぶついて来たような態度は一変し、シーフードレストランに入って魚貝類を選ぶときにはまるで水族館にはじめてきた子供のようにはしゃいでいました。その後、レンタルバイク(12時間借りて600バーツ)でちょっとしたツーリングに出かけ、夜風に当たってからホテル に戻りました。 

さてホテルに着いて部屋に入るとさっきまで人前で裸で踊っていた娘が何故か恥ずかしがってもじもじしています。一緒にお風呂に入ろうと誘ったら、「N0! 恥ずかしいから」と言われてしまった。女心は難しい・・・。でもスケべな私はそれくらいでは諦めません。

彼女が入っているとき に勝手に入っていってしまいました。優香嬢の肌はとてもきれいで小柄な体のわりに立派な胸をしていました。たっぷりとつけた石鹸で乳首辺りを丹念にマッサージし、次に秘密の溝部分に指を這わせました。こんなにヌルヌルしているのは、石鹸のせいだけではない筈です。

そっと指を入れると私 に抱き着いている腕にギュッと力が入ります。なんだかすごく、彼女がいとおしくなって私も強く抱きしめていました。その後ベッドでたっぷりと楽しもうと思っていたのに情けないことに挿入して30秒で果ててしまいました。彼女は今、大放出したばかりの私のせがれを口に含み、まだ残っている精液 を吸い取り再び大きくなるまで舌を使っていました。

回復するまで時間がかからなかったことは云うまでもありません。2回戦、3回戦 そして二人とも疲れきって眠りにつきました。

 まるで恋人同士が迎える朝のようにちょっと照れくさいベッドの上で優香が私に聞いてきました。今夜も来てくれるか? また連れ出してくれるか? 私がそんなにモテるはずが無いと思い、どうしてかと聞くと どうやらパタヤの歓楽街も景気の悪さはご多分に漏れず、お客が少ないのだそうです。

それ につけ込んでドイツ人がおもいっきり女の娘を値切った上に、しつこかったり変体行為を強要するので困っているとのこと。だから日本人がお店に来るとモテるよと教えてくれました。

皆さんもぜひパタヤに出かけてみてはいかがですか? 

今度行ったときもあの娘に会えたらイイなと思う此の頃です。