地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第286回  ソイバングラのぼったくり? by 留(とめ)さん

プーケットのGOGOバーよりの続き

「オイとの甘いひと時を過ごし、ソイバングラへとトクトクを飛ばす。 源さん寅さんと合流し、軽く呑んで帰ろうと言う事になり、オープンバーのある方へ歩いていくと、なんと昨日の超可愛いねえちゃんが声を掛けてくるではないか、これは行くっきゃない。という事で皆で楽しくワイワイの呑み始めたのだが......

彼女らは、何時もソイバングラをウロウロしながら客を探しているらしい。 2000Bでマッサージをしてくれるらしいが、Hは一切なしで、一緒にシャワーを浴びる位だそうだ。安くなるのかと聞いたら1500Bの答が帰って来た。

隣では、寅さんがねーちゃんの乳を揉みまっくてるではないか。 いくら可愛くてもHなしじゃ如何ともし難い。 さて、ぼちぼち帰るかという事で席を立った直後に悲劇は起こった。

ねーちゃん達は当然ホテルに行くものと思ったらしく行くの行かないので大もめにもめてしまった。挙句の果てに、行かなくてもいいが1500B払えと言い出す始末。 (ヤクザじゃないんだからやめよーよ!)

お互い、大声で怒鳴りあって危険な状態の中、寅さんはしつこく乳を揉みまくっているが、揉まれているねーちゃんは、興奮しまくって怒鳴ってせいか全く気が付くいない。

仕方なく酒に付き合ってくれた御礼の気持ちで一人200Bを払ってその場は終わったかと思ったが、ねーちゃん達は、まだ怒りが収まらないらしく、おっさん達を付けてきては、水を浴びせる始末である。

タイのねーちゃんは「マイペンラ」で細かい事は気にしないとHPで見たのに、うちのバーサンみたいにしつこぞ!。

『こりゃヤバイさっさと逃げるべ』とホテルへ急ぐがなかなか前に進まない。 なんと、乳を揉みまっくていた寅さんが、こんな時につぶれてしまったのだ。 源さんと二人で寅さんを引きずりながら逃げる逃げる。

『くそー、寅さん重てえぞー!!』

寅さんは乳揉み以降の記憶が完全に無くなっているそうで、全く羨ましいおやじだ。

おやじの教訓その1.やるやらないはハッキリと言うべし。

おやじの教訓その2.乳を揉んだら一切の言い訳は通用しない。

でも、今になってよく考えてみると、ソイバングラの「ぼったくり」に思えてくる。 ヒヨコヒョコついて行くと後で、とんでもない目を見たかも?

2月11日

昼間は、コーラル島へビーチリゾート

で、夜は、ソイバングラに行くが、早々に昨日のお姉ちゃん達と遭遇、おっさん達はニッコリ笑って酒でもご馳走して仲直りと思いきや、なにやらタイ語の合唱で野次られる始末。ねーちゃん達何時までもしつこいぞ。

そのうち近くにいるお兄ちゃん達に此方を指さしながら何やら剣幕で 話出しているではありませんか。

『な、なんか雰囲気がヤバイ、君子危うきに近寄らず』早々に、カロンに逃げ帰って来てしまいました。 若い姉ちゃんに脅されて、逃げ帰るとは、日本男児が泣いてます。くくく...

プーケット最後の夜を満喫したかったのに、無念さと情けなさのなか「明日は、バンコクだからときっと良い事があるさ」と自分に言い聞かせながら大鼾を欠きながらふて寝するのだった。

----キングキャッスルでぼられまくりに続く----