地球の遊び方~ タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第27回  南米風俗事情 チリ編 by NONAME

ブラジルの風俗について書こうと思っていたのですが、もたもたしているうちに ブラジルの風俗について二つもアップがあったので、チリについて書きます。

チリはコスタリカ・コロンビアとともに中南米の3C(それぞれの国の名前の頭文 字をとって)と呼ばれ美人の産地です。しかも女の子が人なつっこく親日的で す。

チリのもっともお手軽な風俗遊びはいわゆる一発屋です。歌舞伎町や池袋の風俗 のように消えたりできたりしますが、新聞にマッサージとして広告がでているの ですぐにわかります。チリに限らず中南米の町は、ほとんどが15世紀のスペイン 人の侵略後につくられたということもあり碁盤の目のように道路が走っているの で住所がわかれば簡単に行けます。

ブラジルのペンション荒木にあたる宿として ペンション早乙女がありますが、だいたいそこから歩いていけます。ブラジルに 比べるとチリは数段に治安がいいので夜も安心して歩けます。(現在、独裁者ピ ノチェットが引退してしまったので、治安が悪化しているかもしれませんが)

一発屋に行くとまず、おばさんがでてきます。そして、そのあとに女の子が一人 ずつでてきて、「リンダ」「マリア」「マルガリータ」「バールバラ」「ルイー サ」とつぎつぎに名前を言っては消えていきます。美人だと思ったら名前を必至 でおぼえないとあとで後悔することになります。

どこでも10人くらいがでてきま す。金髪は滅多にいませんが半分は美人です。初めてのとき私は、

「この娘に決 めた」

という子がいたのですが、そのあとに出てくる娘がみな美人だったため目 移りしているうちに、最初に決めた娘の名前を忘れてしまい、最後におばさんが 出てきて

「誰にする?」

と聞かれたとき、

「4番目の女の子」

と答えた答えたこ とがあります。おばさんは

「えっ!」

という顔をして奥に入り

「4番目にでたの はだれだ?」

とか大声で訊ねてました。

女の子たちの笑い声のあとでてきたのは まぎれもなく愛しの彼女でした。 名前は「アナ」でした。

アナちゃんと個室に入りに一緒にシャワーを浴びます。にこにこしながら僕の股 間を洗ってくれます。そしてベットへ。アナちゃんはまず僕の乳首に舌を這わし てきます。レロレロ。そして生でフェラチオ。ねっとりと舐めまくります。そし て金玉裏表舐め舐め。皺をひとつひとつ広げて丁寧に舐めます。美しい顔が自分 の股間にあり、自分のものに舌を這わしているのを見るのは本当に快感です。

残 念ながらアナル舐めはありませんでした。いつまでも続けるので行きそうになっ てしまい、顔を上げさせます。そこでまたにっこり微笑むアナちゃん。コンドー ムを取り出し僕のものにかぶせます。これもさすがに日本のソープみたいに口で やるということはなかった。アナちゃんは僕に

「上にのるか、下がいいか、それ ともバックが希望か」

きいてきます。そのとき僕は騎乗位を選びました。下から おっぱいを揉みながらつきあげるとアナちゃんは本気であえぎまくります。一緒 にいきたかったのですが、その時は久しぶりセックスで、しかも直前までフェラ チオで責められ行く寸前だったので、あっという間に行ってしまいました。ブラ ジル娘なら絶対に一言文句があるはずなおですが、さすがにチリ娘少し残念そう な顔をしたけれどすぐに笑顔にもどり、コンドームを外してくれました。(南米 の女の子たちは買売春で自らも楽しもうという気持ちがあるのではずれが少な い)そして、

「もう一回?」

ときいてきます。日本のソープみたいに40分とか60 分とかで決まっているわけではないので、(時間に追われてするセックスなんて 南米人は絶対しないと思う)「もちろん、もう一回したい。また舐めてくれる ?」ときくと「もちろん」と嬉しい返事。ザーメンまみれの僕の物を洗おうとバ スルームに入ろうとすると、

「どこに行くの、坐って」

と僕をベットに連れ戻し いきなり舐めてきます。僕のザーメンは彼女にきれいになめられて行きます。そ してまた彼女の舌は僕の金玉までおりてきて、金玉裏表舐め舐め。これがなかな か気持ちいい。しかし、いったばかりなのでなかなか勃起しない。金玉から棹に もどって今度はフルートを吹くように横にくわえる。ううう、気持ちいい。やが て愚息も大勃起。そしたら彼女はコンドームもつけずにいきなりのっかってく る。

「うわーそれまずいんじゃないの。」

と思いましたが、僕の上で気持ちやさ そうに腰を使っているアナちゃんにいまさらコンドームつけてなんて言えない し、居直って生であることを僕も楽しむことにしました。(これは非常に危険な 行為です。みなさんできるだけ真似をしないように。)

騎乗位でしばらくしたあ と、僕が上体をおこし、座位から駅弁ファックへ。そしてそのまま正常位へ。そ こで彼女はビクビクとけいれんをおこしたようになり、絶頂をむかえたようでし た。しばらく余韻を楽しんだ彼女は

「後ろからする?」

とうつ伏せになりお尻を あげてきました。後ろから彼女のお尻をかかえ彼女の中に発射しました。気持ち よかった。最後にシャワーを一緒に浴び洗いっこをして終えました。帰り際にま た来てねとほっぺにチュとキスをしてくれました。確か15ドルくらいだっと思い ます。

当然また行きました。2回目に行ったとき女衒のおばちゃんにアナちゃんを直接 お願いしたら、アナちゃんは僕のことを覚えていて大喜び。部屋に入るなりディ ープキスをしてきました。そしてそのまま、ベットに斃れこみました。僕の服を 脱がしにかかり僕の乳首を舐めてきます。

「エスペラ モメント バモス ドゥ チャール(ちょっと待ってシャワーを浴びようよ)」

と言う僕の声を無視し舐め ながら僕の服を脱がし自分も裸になっていきます。二人とも裸でディープキスを しながらシャワー室へ。シャワーを浴びながらフェラチオを開始します。僕のも のがびんびんになると彼女は口を離し、バスタブに手をつき後ろから入れるよう に促してきました。彼女の股間に手をやるとそこはすでに水でないもので濡れて おりぬるぬるでした。今日はコンドームをつけるつもりでしたが、我慢できずそ のまま後ろから合体。

あまりの気持ちよさに今回も前回同様あっという間に射精 してしまいました。僕が僕だけいってしまったことを謝ると

「(直訳すると)私 はあなたがもう一回できて、私を満足させることを知っている」

といいにこにこ しています。そしてまたフェラチオをしてきました。嬉しいですね。そしてもち ろん2回戦目をやり、正常医から騎乗位、そして駅弁ファックにいき最後はまた 正常位で大放出しました。私もアナちゃんも大満足でした。

他の一発屋に行ったとき、珍しく金髪の美女がいたので彼女を指名しました。し かし、部屋に入ってよく見てみると結構なおばさんでした。それほど美人ではあ りませんでした。しっぱいしたなと思ったのですが、すごく性格のいいおばさん でフェラチオも上手でアナルも一生懸命舐めてくれました。

肛門を広げてその中 に舌を捻込んできます。このアナル舐めは絶品でした。しかも彼女はフィニッシ ュは口がいいかあそこがいいかきいてきます。彼女は何人もの日本人と寝て日本 人が口内発射が好きなのを知っているみたいでした。

僕は口内発射を選びまし た。ごっくんはありませんでした(あたりまえだ)が、僕が射精したあとも僕の 物を離すことなく口の中にザーメンを溜めました。にっこり笑って顔をあげバス ルームに入っていきました。うがいをして戻ってきた彼女は僕の股間にまた手を のばし、何か聞き取れないことを言ってまた舐めてきました。5~10分ほど舐め てくれました。

「お願いがあるんだけれど」

「なーに?」

彼女は僕の股間から顔 を上げます。

「もう一回後ろの穴を舐めて欲しいんだけれど」

「いいわよ」

そして 彼女はまた僕の肛門を舐め始めました。僕が南米で口内発射をしたのはこのとき だけでした。

ペンション早乙女に帰って金髪のおばちゃんと寝た話をすると旅行者の一人が

「俺もたぶんそのおばちゃんと寝たよ。金髪でぱっと見はわかくてかわいいけ ど、本当はおばさんの人でしょう?しかし、サービスがいい。」

「ピンポーン」

日本人はやはり金髪によわいらしい。

そうやって一発屋の姉ちゃん9人ほどと寝たけれどもちろん全員がよかったわけ じゃありません。上の二人はできすぎぐらいよかった2人です。
後7人のうち4人は結構満足。 2人は、可愛いだけでまあ可もなく不可もなく。 しかし、一人だけ殴り倒したいような女の子がいました。結構可愛かったのです が、ごろんと横になり本当にマグロ。しかも態度がふてぶてしい。東洋人が嫌い だったのかもしれません。南米でマグロ女にあったのはこのときが最初で最後で す。

みんなの海外風俗体験記を募集中です!投稿は こちら!から

旅は道連れ 世は情け「一緒にGOGOでも行きませんか?」 友達募集BBS