地球の遊び方~ タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第255回  バンコク夜のデビュー・・・なんだけど。by こわこわ

はじめまして。 1999/01/04に初めてバンコクを訪れる時、事前に少しでも情報をと思い ここのページを発見しました。

その時は仕事での訪タイでもあり、自分以外のメンバーはすべて女性ということで 夜の方はお預けを食らった形での初バンコクは終わりました。

その後もみなさんの体験記を読み、いつかは自分も投稿できるようにと 再びバンコクを訪れることを心にとどめながら、まるまる一年という月日が流れまし たが、 やっとの思いでバンコクの地を踏むこととなりました。

1/06から一週間の滞在でそのうち三日間は前回、現地のコーディネートをしてくれた 人に 連れ回されたり、その人の会社でパソコンの設定をいじったりと、 なかなか自分の時間を持つことが出来ませんでしたが ひょんなことからその人が所属する会社の社長が初対面ながら気に入られ 「お世話になったようで」と接待での「バンコク夜のデビュー」となりました。

運転手付きの車で向かったその先は会員制の高級クラブでした。 本心は「こんなところに連れてこられても次に自分で来ることが出来ない」と いまいち気が乗らなかったのですが、出迎えるゴージャスな女性群を見た瞬間から そんな気持ちはどこかに吹っ飛んでいました。

生バンドの演奏する店内を物色する暇もなく柔らかなソファーに座らされ (それも接待される側なので店内を見渡せる一番いい場所・・・) にこにこと微笑みかけてくるママさんに愛想笑いをしながらも あまりに高級感が漂うので落ち着けません。

この店の中だけが別世界なんです。 その間にも直々にオーナーがやってきては社長に挨拶をし 25年物のブランデーやらゴージャスに盛られた果物などがテーブルに並んでいきま す。

ほどなくしてママさんが一声かけると15~20人の女性がずらりと目の前に並びます。 少しだけ女性を見渡しただけでここのレベルがわかるような、はずれは一人もいませ んでした。 この時点ではまだ、MPの水槽の中の女性を見ていませんのでよけいに落ち着きませ ん。

社長に「どれにする?」(だれ、ではなくどれ、という言い方でした・・) と言われるも目線を上げると全員が自分に注目し微笑みかけてくるので 選別するより先に照れが入ります。で、よけいに落ち着かない状況です。

あとで聞いたところによると客層はやはり社長クラスがほとんどで 年代的にも50代以上、若くて40代後半なので、30代前半である自分は それだけで人気が出るとのことでした。

結局は自分の横に座った子に「英語か日本語は出来るか?」と聞くと 「少しだけなら」ということだったので選ぶというよりは この状況から脱出したいという感じで決めてしまいました。 社長の方は結局、10人ほどはチェンジしたでしょうか・・・ とにかく「マイペンライ」らしいです。

こういった店でどのように振る舞えばいいのか少し混乱しながら会話を進めていくあ いだ 社長の方はスカートの中に手を入れたり、女の子を抱え上げたり。 ピンサロと大差ない感じで楽しんでいます。 きょとんとしていると「上に部屋があるから行って来る?」と聞いてきます。

連れて帰ることが出来ない人のために部屋まで用意されていました。 運転手さんが行くというのでついていって覗いてみると、 バスルームのないラブホテルという感じで 赤い照明の中、枕元にはコンドームが二つ、ぽつんと置いてありました。

一戦を終えた運転手さんが戻って来て、店を後にしようという段階で社長が 「連れて帰るのはその子でいいか?」と聞いてきます。 お持ち帰りの心構えなどしていませんので「お任せします」と言うと 「この子も自分のことを気に入っている」と社長の横に座っている子を指さして言っ てきます。

美人は当然のこと、ものすごく柔らかい巨乳で(さわりました・・)テンションも高 く 楽しいエッチが出来そうなんですが、今の自分には女の子を変える余裕はありませ ん。 挙げ句の果てには「二人連れてかえって3Pは?」とも言われましたが、変な遠慮も あり 「デビューからの3Pは・・・」と丁重にお断りして 自分の横に座っている女性をお持ち帰りしました。

金額の方はすべて社長持ちですのではっきりとはわからないのですが 店の方は一人2万~3万円、お持ち帰りは2万円ぐらいとバンコクでの遊び金額を 無視したような料金だそうです。 でも日本だとバブル期の高級クラブのイメージですので やっぱり安いんでしょうか・・・?

ものすごいラッキーな状況だったのはわかっているのですが 贅沢をいえば、体験記のような夜遊びを画策していた自分にしてみれば 交渉することもなく、お膳立てされた流れの中で話が進んでいくので 「なにか違う・・」と、とまどったまま店を後にしました。

店を出るとき社長についていた子が抱きついてきてキスをした後に 「今度はわたしね。」と言うではないですか。正直、たまりませんでした。 しかし、ここは自分一人では入店すらままならないような店です。 そんなわけで、社長について行くしかない状況となってしまいました。

お持ち帰りの女性とやることはしっかりとやって満足しているんですけどね。 でも朝起きてじっくり顔を見るといい女の子なんですが 昨日の時点ほどの感動はなかったです。 やっぱりうかれていたんだと思います。

後日、自分の足で、自分のお金でゴーゴーバーなども向かいましたので それはまた次の機会にでも。 ながながと最後までおつきあい、ありがとうございました。

みんなの海外風俗体験記を募集中です!投稿は こちら!から

旅は道連れ 世は情け「一緒にGOGOでも行きませんか?」 友達募集BBS