地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第247回  エスコートクラブ体験記 in England by ミッキー

こんにちは、ミッキーです。今回はイギリスのエスコートクラブの体験記です。

ま だ、ご存じない方もいらっしゃるとおもいますので、念のため、エスコートクラブに ついて説明しておきます。

エスコートクラブとは、簡単にいえば、日本でいうデートクラブのようなものです。 新聞、電話ボックスの貼り紙、インターネット上のホームページなどで、紹介されて います。そこに書かれている電話番号に電話をかけて、女の子にホテルや自宅にきて もらいます。電子メールで連絡をとることができる場合もあります。

通常は、希望次 第で、食事とか、オーバーナイトも可能です。コストは1時間で、150ポンドから 250ポンドくらい、オーバーナイトなら、1000ポンドから、1500ポンドと いったところです。それよりも安い場合もありますが、その場合は、女の子のレベル が問題でしょう。1時間100ポンドくらいだと、ババアがくるようです。

さて、そのエスコートクラブですが、まず、いいクラブ、いい女の子を見つけなけれ ばなりません。今回は、インターネットで探してみることにしました。検索エンジン から、リンクをたどっていくと、イギリス版の風俗体験記・風俗情報のサイトが見つ かりました。どうせ高い金を使うのだから、ルックスもサービスも最高の女の子にし ようとおもい、宣伝臭のないサイトで、インターネット上に画像があり、最高評価を 受けている女の子を探しました。

ここからは、みなさんもご存じなように、勘と根気が大切ですが、検索1時間、これ はとおもう子がひとりみつかりました。名前はNiki。あるサイトの評価は以下の通り です。解説もつけておきます。

Build 34 24 34

(スリーサイズですが、単位が、インチで、1インチ=2.54cmですから、86 61 86で す)

Height 5ft 6in(身長167cm)
Hair Dark Blonde Shoulder Length
Age Early Twenties
Pussy Au Natural
(あそこの毛が金髪であり、また剃っているかどうかですがここではあるがままとい うこと)

Reviewer Looks Performance(10点満点で各体験者が評価)
Reviewer1 8 8
Reviewer2 8 9
Reviewer3 9.5 9.5
Reviewer4 8 6
Reviewer5 8 9

Rating: 83.1(総合評価ですがこのサイトでは80以上はなかなかいません)

Services
Sex Yes
BJ Yes, Without Condom(BJとはBlow Jobつまりフェラチオ)
69 Yes
Kiss Yes, With Tongue(舌入れOK)
Come In Mouth Yes, Swallows(口内射精OKで飲みこんでくれるということ)
Anal Don't Know

Rates 1 Hour £200
(1時間4万円弱ですから東京のデートクラブぐらいでしょうか)

日本では、風俗嬢について、ここまで詳しく分かるサイトはないですよね。これ以外 に、経験者のそれぞれのコメントも記載されていました。それらのコメントは、いい ことばかりで、ほとんど悪いことは書いてありませんでした。もしこれらが全部本当 で、ルックスもよければ・・・すごい。僕は、この女の子でチャレンジしてみること にしました。

この女の子の所属するエスコトートクラブに、夜の7時頃電話すると、男性が出てき ました。割ときちんとした対応です。たまたまなんですけど、このエスコートクラブ の電話番号の局番と僕の自宅の局番が同じで、事務所は僕の自宅からかなり近いよう です。まず、こちらの名前と電話番号を聞かれました。自宅に来てもらうことを希望 すると、電話会社に確認するとのこと、仕方がないので、本名をいいました。

僕は、 イギリスに定住するつもりはありませんから、このあたりは、地元の人より気楽で す。ホテルに呼ぶなら、本名はいわなくてもいいようです。折り返しですぐに連絡す るとのことで、いったん電話を切りました。

すると10分後、Niki本人から、電話がありました。今日はあいているとのことで、 住所を確認し、9時に来てくれるということで、約束しました。僕は電話を切って、 いろいろと準備に入ります。

さて、約束の9時になりました。しかし、彼女は来ません。もしかして、だまされた のか?でも、実害がないし、まあいいかとおもっていたところ、9時半頃、彼女から 電話が入りました。少し遅れるとのことでした。僕は自宅にいるので、待たされて も、そんなに苦痛ではありません。遅れてもいいから来て欲しいというと、彼女もそ うしたいといいます。彼女は、本当に来てくれるのかと少し心配になりました。

10時になりました。ついに彼女はやって来ました。タクシーで来たようです。ドア から入ってくるなり、遅れてごめんといいながら、笑顔でキスしてきます。

彼女をひとめみたとき、彼女を紹介するサイトの画像よりは、はるかにきれいなこと に驚きました。例のサイトの体験者もそのようなコメントをしていたのですが、まさ にその通りです。サイトの写真は、まわりが少し暗く、表情がすました感じで、実際の笑顔はもっとかわいいのです。

髪は肩までのブロンドヘアーで、スレンダーな美人です。日本風にいうと、モデル体 型というところです。身長は170cmくらいあるのでしょうが、決して大柄な感じは しません。抱き心地がよさそうです。イギリスの女性は、平均的に大柄な人は少ない です。日本人より、若干大きいくらいです。彼女の年齢は、22歳くらいでしょう か。この女とやれるのかとおもうと、わくわくしてきました。

彼女はまずトイレに入りました。いろいろ準備があるんでしょうね。そして、事務所 に連絡します。日本のデートクラブ嬢とこのあたりは同じです。そのあとコーヒーを 飲みながら、とりとめないことを話しました。僕は英語が堪能ではないのですが、彼 女は嫌がらず、聞いてくれました。彼女はとても明るい性格です。話好きなイギリス 人のことですから、このあたりも彼女の人気の秘密なのかもしれません。

15分くらい話すと、彼女は、そろそろ始めましょうかといいます。そこで、寝室に いきました。彼女は、まずお金を払ってほしいといいます。僕は200ポンド払いま した。なお、追加の料金などは、その後も一切ありませんでした。彼女は、コンドー ムだけは、つけてほしいといいます。僕としても、病気だけは心配なので、何の問題 もありません。

待ちに待ったプレイの開始です。まず、電気を消します。ディープキスを交わしなが ら、抱き合い、服を脱がせあいます。白人とキスをするとき、いつもおもうのです が、彼女たちは、唇が本当に薄いです。日本人の女とのキスの感触とはかなり違いま す。彼女と堪能するまで、舌をからませて、キスを楽しみます。

僕は彼女の胸、尻をまさぐります。肌はスベスベとしていて、本当にここちよい感触 です。肌の色は、真っ白ではないのですが、白人には、結構こういう 感じの人が多いです。真っ白な人ほど、紫外線に弱いのか、肌が汚かったりします。

日本人ほどのもち肌ではありませんが、Nikiの場合は、すごく若いという感じです。 胸は決して大きくはありませんが、小さくもありません。乳首は小さめでした。吸う と、乳首が立ってきます。感度は良さそうです。お尻はこじんまりと、締まった感じ でした。Nikiのスタイルは、日本人の女からすれば、理想の体型なのかもしれませ ん。

二人とも服を全部脱いでしまうと、僕はもうすでに、ビンビンの状態だったのです が、彼女はブロウジョブは好きかと聞きます。好きだというと、彼女は僕にコンドー ムをつけてくれて、フェラチオをしてくれました。

強すぎず、弱すぎず、たまに舌を 使いながら、本当に気持ちいいです。たまにこちらを見つめたり、袋の方もやってく れます。僕はあやうくいきそうになりました。前もって抜いておくべきだったと後悔 しました。こんなにいい女だとはおもわなかったのです。僕は連続2回はダメな方な ので、とりあえず我慢しました。

実は、ここからが、本番です。彼女と僕はベットで抱き合います。ディープキスをし たり、胸をもんだり、吸ったり、彼女も僕のあそこを触ってくれます。風俗嬢は、肌 と肌が触れ合うことを嫌がることが多いとおもうのですが、彼女に限ってはそんなこ とは全然ありません。僕の体にぴったりと密着してくれて、手と足を背中にまわして くれます。抱き合うというよりも、絡み合うという感じです。香水の匂いで、頭がく らくらしました。

このときは、風俗嬢とやっているというよりも、彼女とやっている気がしました。こ のときが、一番興奮しました。日本でも外国でも、今までの風俗体験では、こんなこ とは、一度もありませんでした。女の子が嫌がるせいもあるでしょうし、こちらに も、多少の嫌悪感があることも多いです。

でも、このときは、そんな気持ちは、全然 ありませんでした。ソープ嬢のような、テクニックじみたところもありません。もち ろん、演技なのかもしれませんが、彼女にしたら、誰にでも、こういう対応をしてい るだけなんでしょうけど。それが例のサイトの彼女に対する評価につながっているん でしょう。

そして、僕は、彼女のあそこに手を伸ばします。毛は若干薄めで、あそこ自体は本当 にきれいでした。男性経験が少なそうにみえるんです。そんなはずはないんですが。 そもそも、あそこの形状と男性体験の数とは関係ないのかもしれません。舐めてもに おいも全然ありません。こういうのは、生まれつきの体質なんでしょうね。クリトリ スをいじくり、なめたりしました。その間、彼女も僕のあそこを触っています。

ここで余談ですが、白人のあそこの毛の色は、当然のことながら、髪の毛の色と同じ です。ただし、実際には違う人もいます。なぜなら、髪の毛を染めている人もいるか らです。やはり、ブロンドヘアーを好む男性が多く、結婚相談所のようなところで は、必ず髪の毛の色が登録されます。日本人は黒に決まっていますので、考えられな いことですが。白人の髪の毛の色は、本当にいろいろあります。ブロンド、ブラウ ン、レッド、ブラック…という具合ですが、人それぞれ、微妙に違います。

元の話に戻ります。しばらくすると、彼女のあそこが濡れてきました。すると、彼女 はローションを持ち出してきて、それをつけてくれといいます。それで、ローション をつけて、またあそこをいじります。中に指まで入れてしまいました。嫌がるそぶり はありません。彼女のあそこは恥骨がすごく発達しています。あそこの中は・・・日 本人と同じです。

そしてついに挿入です。コンドームをつけて、いざ、正常位で突入します。で、あれ これ体位をかえて楽しもうとおもったのですが・・・あまりにも興奮していたのと、 彼女のあそこがあまりにも締まるもので、1分くらいで果ててしまいました。不覚で したが、それよりも精神的満足が大きかったです。僕がいったあと、彼女と抱き合 い、キスをして、余韻の時間をとってくれました。

というわけで、彼女は帰りはタクシーを呼ばず、徒歩で帰っていきました。事務所 が、よっぽど僕の家から近いようです。今まで風俗嬢とは、数限りなくやってきまし たが、これほど、精神的にも肉体的にも満足したことはありません。こういう女神み たいな子って、いるんですね。僕にとっては、理想の風俗嬢です。まあ、運がよかっ ただけなんでしょうけど。

なんか、他の風俗嬢とやるのがアホらしくなりました。200ポンドは高くありませ ん。日本に彼女のような美形で、情熱的にプレイしてくれる女の子がいるとしても、 4万円では絶対無理だとおもいます。イギリスでは、そもそも風俗で4万円というレ ベルが、かなり高額な部類に入るのかもしれません。

インターネットって、すごく役に立ちます。インターネットがなければ、いきあたり ばったりで呼ぶしかなかったわけですから、こんないい子が来てくれることはまずな かったでしょう。今度、また呼ぼうとおもっています。今度はもうちょっといろいろ な体位を楽しむつもりです。

P.S.

この文章は、彼女との最初のプレイの直後に書きました。その後、実は、3回ほど、 彼女を呼びました。僕は飽きやすいタイプなので、今までやった風俗嬢の中で、3回 以上やった風俗嬢は彼女だけです。電話のお兄さんとも、彼女とも、かなり親しくな りました。僕の場合、彼女とやると、前もって抜いておいても、いまだに 早漏のままです(笑)

みんなの海外風俗体験記を募集中です!投稿は こちら!から