地球の遊び方~ タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第231回  バンコク再び by KOU

以前、50時間で風俗巡りをしたKOUです。

9月末に一週間、再びバンコクを訪れま した。前回の教訓を生かし、新たな出会いがあるかと股間、もとい、期待を膨らませ て出かけたのですが・・・。

一日目は夜便の飛行機でしたので、ホテルにチェックインしたのは11時頃。今回は ホテルも夜遊びに合わせてスクンビット(ナナ、ラマ9、ペッブリーのMP)→シー ロム(ハッポン)→スクンビットととりました。

渋滞がひどいので、目的地によって ホテルを選ぶというのも前回の教訓です。ホテルで少し休んだ後、テルメを覗きまし たが、今ひとつなのでナナにでも行こうかなあとスクンビットを歩きました。する と、テルメからソイ・ナナまでの間に結構立ちんぼが目につきました。7月に来たと きも見かけましたがこんなに多くはなかったような・・・。

結構、向こうから声をか けて来ますし、良く探せばいい子がいるかもしれないなあと思いました。しかしま あ、ここはナナにということで笑って歩いていると、ポン引きオヤジが声をかけてき ました。トゥクトゥクのオヤジたちの誘いは全く無視していたんですが、目が合っ ちゃったんですよね。無視して行こうとしたんですが、強引さに負けてオヤジの契約 している?MPに行くことになりました。値段は1500Bと言うし、そんなにぼっても いないようだしと思って行ったのですが・・・まさに場末のMPという感じでした。

アンガラです。そこではすでに店の営業は終わる頃で、女の子は皆金魚鉢から出てい て、それこそ皆の視線の集まる中、さあ選べということになりました。恥ずかしいで すね、ああいうの。で、あまりいい娘もいないし・・と思っていると、素敵な笑顔で 笑いかけてくる娘が目にとまり、独り寝も寂しいからということでその子をホテルに 連れ帰る事にしました(朝までで2000B)。アンガラを出ると、ちょうど道に象がい て、それを見かけた女の子は餌を買って象に食べさせ始めました。

うーむ、やっぱ り、いい娘であったと実感。ホテルでも、献身的にサービスしてくれ、翌朝もしっか り楽しみました。そこで女の子に聞いたのですが、アンガラでは女の子の取り分は 200Bだそうです。某HPの料金表によるとアンガラの正規料金は900Bとのことなの で、本当なのでしょう。たった200Bで体を売るというのは、悲しいものがありますよ ね。店にぼられているのもその時はわからなかったのでチップを500Bあげて別れまし た。

二日目は、ラチャダーの開拓。9時頃からシーザー、ポセイドン、エマニュエルと回 りましたが女の子があまりいませんでした。どこも10~20人でピンと来る娘はい ません。一応コンシアに何時頃がベストかを聞いてそれぞれの店を後にしました。ど うも気分が乗らないので、古式マッサージをしようとハイクラスへ。古式マッサージ の場合、基本的には300Bですが、女の子の方もお金の為に相手次第では積極的に売り 込んでくるとか。

そうなったらそうなったで・・・ということで、とりあえず一番の 美形を指名しました。時間は2時間ですが、40分位すると案の定、後ろから胸を押 しつけてきたり、妙に体をペタペタさせてきます。そのうち、メイクラブする?とい う感じで聞いてきたので、お金ないんだ、1000B位しかないんだけど・・・と言うと (勿論ウソ)OKで、それから一戦へと進みました。

残念ながら行けなかったのです が、その理由の一つは、寒いからと言って彼女が体にタオルをかけたまま離 そうとしないということにありました。勿論、胸には掛けていないので、おなかのあ たりだけに掛けていることになります。もしかしたら子供を産んだ跡があるんじゃな いかとか、いろいろ考えていたら行けませんでした・・・。この点は結局謎のままで すが、わざわざ古式マッサージを選ぶ娘には、それなりの何らかの理由があるのかも しれません・・・。

三日目。この日は友人と合流し、MP巡りとなりました。夕方から友人の良く行く ペッブリーの低価格帯MPを何軒か廻りましたが、どこも今ひとつで、結局、私が前 回気に入ったキャサリンへ行ってみることにしました。ここは相変わらずいい子が多 いなあと思ったのですが、もうちょっと他も見ておこうということで隣のシーザーへ 移動(1,5時間、1900B)。

すると、もろ私好みの美形がアンニュイな表情で座ってい るではありませんか。早速コンシアに番号を伝えると、友人も気に入った子がいたよ うで、それぞれの部屋に別れました。私の選んだ娘は100番。名前は・・忘れまし た。ベッドはサービスが事務的な感じでしたが、マッサージなどは良くやってくれま した。

服を脱ぐと服の上からは想像できないようなスタイルで、思わずシリコン?と 聞いてしまった・・・(怒られました)。キスがNG、英語が駄目というのがマイナ スですが、合う人には合うのではないでしょうか。ちなみに、彼女はベゼルにダイヤ の入った数百万するROLEXを持ち(本物でした)、ホンダの自家用車で出勤している そうです。貢いでる人いるんだろうなあと考えてしまいました・・・。その後、友人 と再会。友人は駅弁の途中で終わっちゃって恥ずかしかったーを連発してました。

夜、再びラチャダーに。前回、廻ってみてポセイドンが店の雰囲気がとても気に入っ たので、女の子は少なかったものの、金魚鉢の前のテーブルに座り、ビールを飲みな がら、コンシアとああでもない、こうでもないと一時間くらい話をしていました。そ のうち、色の白い、可愛い女の子が戻ってきたので、コンシアのお勧めもあり早速そ の子を指名(2時間1800B)。部屋に入るなり、椅子に座った私の膝に腰掛けてくる し、恋人モードになれるいい娘でした(番号秘密)。

最後に店の名刺を出し、番号と 名前を書いてというと、携帯の番号も教えてもらい大満足。結局連絡する機会はな かったものの、とても満足できる2時間でした。私にとってはキャサリンが一番のお 気に入りだったのですが、今はポセイドンです(Mr.ビギナーさん、こちらもお試し 下さい)。

女の子は少ないかもしれませんが、マナーも良いし、私の選んだ二人に 限ってはベッドも事務的でなく良かったです。帰り際、どうだったか聞きに来たコン シアにお礼にチップを200BBあげて帰りました。実は・・・これが後で効いてくるの ですが・・・。ちなみに、ポセイドンは2階にマッサージの女の子、3階はラウンジ でモデルやサイドラインが並んでいます。私は2階の方が照れずにゆっくり選べるの で2階から選びましたが、3階にはロシア系もいたりするようです(3階は 2500B~)。

四日目はシーロムのホテルへ移動。夜になってからハッポンへ出かけました。キング キャッスルの1、2を廻りましたが、2の方で、ウェイトレスを膝に乗せながらダン サーを物色。なかなか可愛い女の子がいたのでその子を呼んでもらって交渉成立。ホ テルへ連れ帰りましたが・・・これがマグロでした。

笑顔が可愛かったし、いつもに こにこしている子だったので安心していたんですが・・・。噂には聞いていたもの の、本当にマグロ女っているんですね。いい教訓を得ました。あんなマグロというの は、数十人の経験の中でも初めてでした。

五日目は前日のマグロショックから立ち直れず、今日は夜遊びなしだなどと考えてい るうち既に9時。仕方がないからハイクラスで古式マッサージでも受けようとラチャ ダーへ。シーロムからは遠かったです。しかし、ハイクラスに入る前に隣のエマニュ エルも覗いておこうと入ってみると、またまた私好みの女の子を発見(121番)。カ ウンターで料金を払い彼女を待っていると、同じ頃指名された女の子が私を客と間違 えてワイをしてきました(この娘も可愛かった)。

この娘を指名したのは香港からの 旅行者だったのですが、最初英語、それから中国語でしばらく二人で立ち話をしまし た。すると私の指名した女の子もやってきて、中国語の会話に加わるではないです か。華僑?と聞くと、マカオで仕事をしていたので、英語の他にもポルトガル語と広 東語、北京語ができるとのこと。エレベータにも4人で一緒にのり、香港人とは別れ 際に握手して「楽しい時間を」なんて言い合って別れました。

変な友情・・・。私の 指名した女の子は。見た目は細いのですが服を脱ぐとやはりすごい胸。今回は大きい 胸に当たるなあと思っていたら、彼女はシリコンでした。さわってすぐわかるものな んですねー。良い経験しました。サービスは普通。外見は日本人に好かれそうな顔立 ちでした。実際、日本人の旅行者のお客さんに結婚してくれと言われていると言って ましたね・・・。

そして運命の6日目。すばらしい娘に出会いました。場所はポセイドンです。前回 入った女の子がいるかなと覗いてみたところ、いつものコンシアが再びやってきて、 テーブルに座るように促します。今日は前回の娘は休みのようで、他の娘からどの子 を選ぼうかと見ていると、いろいろとこちらの希望を聞いてきました。私の条件は、 頭がいい、SEXが好き、寒色系の美形、笑うと可愛い、できれば身長は160位、英語ま たは北京語ができる、という優先順位なのですが、そのすべてを満たす娘がいるとい うのです。今、食事をしているので外に出ているがその娘はどうかという ことになり、試しに見てみるといったところ、金魚鉢の中ではなく、私の隣の椅子に やってきました。

いやー、ぼーっとしちゃいました。きれいで、笑顔は花が咲き乱れ るように可愛いし、英語もできるし・・・。すぐOKをだし、彼女の食事が済むのを コーヒーを飲みながら待ち、部屋に入りました(もちろん番号は秘密)。そこで話を していると、英語のレベルが普通の風俗系の女の子と違うんです。思わず、これは パートタイム?じゃあ今何をしてるの?と質問すると、大学生ということがわかりま した。両親が離婚して母は仕事ができないし、大学をなんとか卒業するためにこの仕 事を始めたと言っていました。

時々、家に帰ると母が私の目をのぞき込んで、おまえ はどんな仕事をしているんだい?と聞いてくるので、そんな時が一番つらいとか、い ろいろ話を聞けました。湯船のマッサージでは、まだ慣れていないので下手だったら ごめんなさいという言葉から始まるし、全然摺れいていない感じで、正にストライク ゾーンど真ん中でした。ベッドはそれはもうすごいもので、あんなに悶える女の子は 日本人でもそうはいないのではないでしょうか。

ベッドの上でのたうちまわるという 感じで、終わりの合図の電話が鳴ったときもまだ途中。電話を無視して続けてまし た。私はシャイだからと、部屋の電気を結構暗くしたのと、ベッドでキスして良い? と聞くと、ものすごくつらそうな顔をして微笑んだので、キスなしだったことが ちょっと残念でしたが、それ以外は最高でした。

帰り際、明日、また来るねと言って 別れました。階段を下りようとすると、再びコンシア登場となったので、すばらし かった、明日も夜もう一度来るけど××ちゃん、来るよね?と言って500Bチップをあ げて帰りました。

7日目。昼頃起き出してから、前日の女の子に会うことばかり考えていました。しか しこの日は用事があったので、ポセイドンに行けたのは7時頃。すると、金魚鉢の中 に彼女はいません。ブッキング?休み?・・・とがっかりしていると、例のコンシア が・・・。××ですね?というので、私は金魚鉢の方を見て、そうだけどいない・・ ・と言うと、ちょっと待っててといって奥に入り、彼女を連れて来るではないです か。

彼女は私が昼過ぎに来られれば来ると言ったので、2時から店に入り、その後、 客が一人ついたものの金魚鉢の中は寒くて我慢ができなくて外に出ていたと言うので す。もう少しして来なかったら帰ろうと思ったといって体を押しつけてきます。体は 小刻みに震え、腕などは本当に冷たく、他の客の目があるにも関わらず抱きしめちゃ いました。この日は二回目ということで、部屋の照明も落とさず、キスもOKとな り、充実した二時間でした。

彼女は今年中にはこの仕事は辞めると言っていましたか ら、なんとか年内に訪タイを実現したいものです。なお、今回はアンガラの女の子の 一回200Bにショックを受け、いろいろ聞いてみたのですが、エマニュエル、ポセイド ンといった所では一回で1000B位の収入があるそうで、一ヶ月に50000Bくらいの収入 になると言ってました。普通のデパートの店員などで5000Bくらい、大卒の初任給で 7000Bくらいとのことでしたから、良い収入なのでしょう。

それから、今回の教訓 は、ポン引きオヤジは必ずボル、MPでいい子を選ぶにはコンシアと仲良くなる、マ グロは本当にいる、ということでした。

8日目に空路日本へ。飛行機の中でも、ふとポセイドンの女の子の事を考えてしまい ました。

今もあの金魚鉢の中で震えてるんでしょうか・・・。

みんなの海外風俗体験記を募集中です!投稿は こちら!から

旅は道連れ 世は情け「一緒にGOGOでも行きませんか?」 友達募集BBS