地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第23回  イギリスの風俗 by ロンドン風俗ボーイ

ロンドンで金髪の女の人とやってきました。

そのときのことを書こうと思います。 が。特にこれといって難しいことはないです。 中学校レベルの英語が話せれば問題はありません。

本番ができる風俗にはホテルに呼ぶコールガールというのも ありますが、それは試したことがまだありません。 公衆電話とか電話ボックスにべたべたとチラシが貼ってあるのは 日本と同じです。あれは高いですし。 気軽にHするならモデルハウスに行くのが一番です。 もちろんどこのモデルハウスでもホテル派遣はしてますが。

ロンドンのSOHOという地区にそういうものは集まってます。 ここら一帯にのぞき部屋や、SEXSHOPなるアダルトショップが 軒を連ねています。面白いのは同じならびにキッチン用品店や 喫茶店がならんでるところです。

ここをあるいているとのぞき部屋やピンサロのような店先で 着飾った女の人が声をかけてきますが、そういうのはほぼ間違いなく ぼったくりなので行かないようにしてください。

私は一度行って、15分くらいしゃべっただけで140ポンド=約30000円を 請求されました。現金がない、カードもない、旅行者だから住所はホテルだ、 とゴネて、結局払いませんでしたが。 だからといって彼らも警察には行けないですからね。

本番ができる店は、逆に表に「MODEL」と書かれた看板、もしくは ポスターを貼ってあるだけで、ポン引きのようなことは一切していません。 たいてい、ドアをくぐると上に上がる階段があります。 ノックをするとなかからまずおばさんがでてきます。

「実はいまは現金はもってないんです。いくらかかるのか聞こうと思って」

と聞くと、

「じゃあ、本人からきいてみたら」

と 奥の金髪の女の人を呼んできてくれた。 そこで簡単にシステムを紹介してくれた。

***************

SEX:20ポンド

SEX+フレンチ(フェラチオのこと):25ポンド

69:25ポンド

***************

30分:55ポンド

45分:85ポンド

60分:110ポンド

***************

ということだった。つまり、時間料金とサービス料金は別なのだ。 あとからわかったことだが、この料金システムはほとんどどの店でも 同じみたいです。ちなみに別注文でコスチュームもあるそうです。 参考までに行った店のURLを載せておきます。

http://www.users.dircon.co.uk/~lesgirls/

ここにはサービス料金は書いてないですが。 おおやけにはイギリスでも本番行為は違法みたいです。

結局、30分コース+本番+フレンチの合計80ポンド(約17000円弱) ということにしました。

ATMでお金を下ろして、再度その店に向かいました。 ぼったくりとか恐いおにいちゃんの可能性もあるかとおもってましたが、 ほんとにその店にはおばちゃんとその女の人しかいないらしかったです。 女の人に80ポンド。おばちゃん(メイドだった)に1ポンドを払って、 部屋に通されました。

ほんとにここで生活してるんじゃないかと思われるような、 そんな生活感のある大きな部屋でした。 ベッドもダブルサイズでした。

その金髪の女の人のことをいうと、彼女は20歳。 イタリア人とメキシコ人のハーフだそうで、世界中を旅行して回ってるとか。 名前はマリア。 金髪碧眼で、バストはDカップ。ウェストは細くて脚がとてもきれいでした。 やっぱりあそこの毛も金髪でした。 初めは無愛想かと思ったけど服を脱いでからはぜんぜんそんなことがなくて、 Hを始めるまで5分くらいおしゃべりしてました。 そのあいだ、ずっと優しく愚息をなでたりしごいたりしてくれたから、 もうほとんどイク寸前までぬるぬるになってしまった。

フェラチオと本番の順番はどっちでもいいらしいです。 フェラチオを先にしてそれから本番することにしました。 最初にゴムをつけてもらって、そのあとしゃぶってきました。 ちなみにモデルハウスにはシャワーはありません。 だから、女の人も素肌に口をつけることはありません。 キスもなければ、全身リップもありません。 イギリスはエイズの発祥の地みたいなところがありますから、 そういう危険性への対処はしっかりしてるということでしょう。 フェラチオも、ゴムがかぶさったところまで咥えてくれました。 69はオプションにしなかったので、マリアちゃんの胸とあそこを さわるだけになりました。

金髪の外人とは初めてだったのでそこに興奮しておもわずいきそうになったので、 本番することにしました。 体位を聞かれたので、正常位にしました。 いつも太い外人サイズを入れてるだけあって、どっちかというとゆるめだったと 思います。

でもしばらくしてしっかりイって、最後に愚息をティッシュで拭いてもらいました。 ちなみに、2回戦、3回戦もOKらしいです。 私はしませんでしたが。

そのあとちょっとだけ時間があまったので世間話をして、 そのあいだひざまくらをしてもらいました。
日本では金髪の外人と本番をしようとしたら16000円ではできないですよね。 まあ、シャワーがない、キスはない、というのは少々物足りないですが。 ロンドンにお越しの際は、ぜひ、金髪の外人と本番してください。 またどっか別のところにいったら報告します。 つぎはオランダの飾り窓にでも行こうかと思ってます。

みんなの海外風俗体験記を募集中です!投稿は こちら!から