地球の遊び方~ タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第228回  ラスベガスの夜は長い

バッポンのゴーゴーバーの女で彼女19才で子どもがいます 最近子どもを生んだようでミルクがでました、びっくりしました

今年の5月から6月にかけて3週間程ネバダとアリゾナで過ごした。普段の忙しい仕事も全て忘れての一人旅である。以前から4~5回は来ているベガス。

ほとんど『庭』状態である。コンバーチブルを借りて、のんびりとホテルに向かう。チェックインそうそうとにかく、エスコートを探しにかかる。基本的には電話帳なのだが、どれを見ても大して情報は得る事ができない。で、手持ちのパワーブックでの探索である。

いくつか、可愛い子達の写真を見つけ、早速電話。ベガスのハードロックホテルは下のエレベーター脇にガードがいて、全てチェックされる。面倒に巻き込まれるのはいやなのでロビーでの待ち合わせ後部屋につれてきた。最初の子はパメラアンダーソン似と本人が言うパメラ。

特別可愛くはないが、でかいパイオツには引かれるものがある。とにかくスケべだし、それはそれでOK。値段も$300とまぁこんなもんだろう。 で、こりゃ面倒だとばかりに2日からホテルを変更。レクサーである。早々に、次の子に電話。ネットで見る限りはかなりの美人。電話での会話も良いのだが、何となく引っ掛かるものがある。とにかく会わなきゃ判りません。とばかりに呼びつける。

この子は、とにかくきれい!$500と吹っかけるが、ペントハウスにでも出てそうな美しさ。シリコン胸も、それはそれでなかなか良い!しかし、サービスは全くダメ。2度と会う事もないであろう。誰が会うか!このヤローである。

で3日目。まだまだ納得のできない僕は、もう一度、ネット探索。よーしとばかりに

http://www.desertdelights.com/About_Us/about_us.html

で見つけたカイリという名の子に決定。  

ドアを開けた時に、僕の目は点となった。かわいい。なんか、日本人と白人のハーフのような子である。聞けば、フランスとメキシコのハーフだそうだ。

値段も$300とリーズナブルである。年はまだ20歳。整形胸ではなく、本当にでかい本物である。1時間遊んだ後。大納得の僕に、彼女いわく。「まだ時間があるから、しばらく遊んでって良い?」もちろんである。

で、もう一回戦。フェラのうまいこと!このカイリとは、3日間続けて遊んじゃんました。今では、彼女はニューヨークに移り、べだスにはいないそうだが、このサイトの他の子も次回は試してみたい。

この後、僕はアリゾナに向かい、再びベガスに帰ってくるのだが、その話はまた後日。

みんなの海外風俗体験記を募集中です!投稿は こちら!から

旅は道連れ 世は情け「一緒にGOGOでも行きませんか?」 友達募集BBS