地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第215回  バンコクチャイナタウンの冷気茶室 by トラベラー

バンコクの冷気茶室の近況をお伝えします。

台北ホテルに泊まって、歩いてすぐの ヤワラー通りのニューエンパイヤホテルのビルにある冷気茶室に何度か通いました。

ニューエンパイヤホテルと同じビルにあるといっても、ホテルの中にあるのではな く、ホテルの入り口より東側に入り口があります。1階は普通の食堂だと思います。 入ったことはありませんが。でも、2階に上がる階段に冷気茶室と金文字ではっきり と書いてありますので、すぐに分かります。当局の取締りで激減した冷気茶室がこん な大通りで何でこんなに堂々と営業できるのかは分かりません。

 2階に上がると個室がいくつかありますが、ここには女は居ません。そのまま階段 を3階まで上がるとそこが冷気茶室の受付です。中は細い廊下を挟んで狭い個室が連 なっています。女はその狭い廊下に立っています。個室の中のベットに座って化粧を したり話したりしている女も居ます。

 3階に上がるとすぐに男が来て、個室に案内されて「ここに座っていろ女を連れて くるから。」と言われますが、男に任せずに自分で探したほうがいいと思います。  廊下に立っている女を物色していると、際立って若くてきれいな女が居ました。男 に聞くとこの女はきれいなので350バーツだと言います。

確かに、なんでこんなきれ いな子がこんなところに出ているのだろうと思うような子だったのですぐにその子に 決めました。服を脱いでも期待通りのきれいな体でした。思いっきり腰を使って楽し みました。途中で体位を変えてバックで決めました。

 ここの冷気茶室は、普通は170バーツでスモークをする女もしない女も居ます。年 齢は20代前半からびっくりするような年齢まで居ます。平均年齢は高いですが、自 分で探せば思わぬ掘り出し物もあります。

 冷気茶室にはシャワーが無くて、ことを始める前に女が金属の壷に水を入れて部屋 に持ってきます。ことが終わると女は床に金属の盆を置いて、先ほどの壷の水であそ こを洗います。その姿が何ともあけっぴろげでいいです。私もあそこを女に洗っても らいました。

 まあ、あまりムードがある場所ではありませんが、とにかくリーズナブルな遊びで はあります。