地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第208回  初心者親父バンコク旅行記 後編 by AKIRA

貞操の危機編

翌日、13日(土)は、9時過ぎに起きたのですが、昨夜の遊び過ぎで体調不良。とり あえず18日の飛行機のリコンファームをしておこうとHISからもらった紙にあった、タ イ・エアウエイに電話したのですが、一つ目の番号は呼び出してもでない、二つ目は他の 会社が出て、役に立たず。部屋にあった電話帳で調べて電話しました。多分電話番号が変 わったのだと思いますが、このあたりはきちんと調べておいて欲しいものです。これを読 んだHISの方、お願いします。

昼頃プールでひと泳ぎして、ホテルのマッサージを呼びま した。程なくやって来たのは、20代後半のマレー系と思しき色黒の女性で、タイプでは ない。しかし油断していると局部に軽くタッチしながら、スペシャルマッサージはどうか と誘ってくる。立たなかったのでよかったが、反応していたら笑われるとこです。なんと か、断って600btに100btを足して帰っていただいた。今日は昼過ぎから雨にな り、夕方まで降り続いていました。バンコクに着いてから、毎日雨は降るのですが1,2 時間で止むパターンでしたが今日は長いようです。水割りを飲んで横になっていたら何時 の間にか寝てました。起きるともう11時です。今日は、ハードロックカフェに行く予定 でしたが予定を変更してシェラトン・グランデ・ホテルの1階にあるリバースというディ スコを覗くことにしました。

タクシーにシェラトンに行くように指示したのですが、知ら ないようで、とりあえずスクンビットに行くよう言いました。近くまで来るとソイのナン バーを聞かれたのですが、わからないので、ナナホテルを知ってるかと聞いてみると知っ てるとのこと。とりあえず、ナナまで行くように指示してスクンビット通りを走っている とシェラトンがあったので降りました。リバースの入り口に娼婦らしき女の子が2人居た のですが、好みでないのでパスして中に入りました。

土曜の12時でテーブル席は殆ど満 席です。リッキーマーチンの曲を歌手が歌って盛りあがっていましたが、ここも声は掛け にくい雰囲気で、英語が出来るか、踊れるかでないと難しいようです。カウンターで1杯 飲んで、すぐに出ました。通りを挟んで向かい側少し歩いたところにテルメがあるので、 ちょっと覗いてみました。1時過ぎでしたが、昨日より少ないようです。テルメの近くに あるオープンバーでビールを飲みながら一服して帰りました。

鴨葱編

翌14日(日)今日は、タニアとバッポンに行ってみようと思い、昼間、下調べの為に ルンピニー公園に行きました。ルンピニーとタニアの位置関係を歩いて調べておきたかっ たからです。昼頃、タニアの角にあるザ・カフェで一休みしている時に現地法人の駐在員 の青年と話をする機会があり、色々勉強させられました。乾季なのに雨が多いですねとい うと、去年から異常気象で乾季でもよく雨が降るとのことです。彼は独身だったので、こ んな男性天国に居ると結婚できなくなりますね、と言うと真剣な顔で、はまってしまうと そうなる人も居るようです、と答えてました。帰りに名刺をもらうと、コンピューター部 品で有名なメーカーの社員さんでした。一旦ホテルに戻ってポセイドンMPに向かいまし た。地図を見るとこのホテルと同じラチャダピセーク通りにあるのでタクシーにポセイド ン、マッサージと言ったのですが、知らないようなので、真っ直ぐ行くように指示して、 道の左側を探していると12、3階建てのビルがあり、英語でポセイドンと書いてあるの を発見しました。

午後5時くらいでしたが、6人くらいしかおらず、一応一番ましと思わ れる女の子を選びました。1800btでした。スィーちゃん(だったと思う)22歳、1 80番、右肩に花のタトゥーをしていました。この子は、Bカップくらいの美しい胸の形 でシリコンでも入れているのかと疑って揉んでみましたが、天然物のようでした。ただ、 最近のは、柔らかいのを入れるのもあるとのことで、真偽はわかりません。腰が痛かった ので女性上位でがんばってもらいましたが、10分経っても行かないのでバックに変更し て5分で行きました。彼女も片言の英語くらいしか話せないようでしたので指差し会話帳 で暇を潰しました。便利ですが、これの欠点は日本語からタイ語の辞書が後ろに付いてい るのに、タイ語から日本語の辞書が無い事です。

女の子の側に、言いたいことがある時な かなか探せません。7時くらいにポセイドンを出ましたが、この近くに13coinというサ イアムカフェのようなのがあると聞いていたので、場所を確認しておこうと思い、歩いて 道の反対に渡りました。ポセイドンの反対側にグランドホテルというのがあり、そのホテ ルのソイを挟んで斜め向かい(北側)に13coinはありました。ビルの1階が駐車場にな っておりレストランは2階でした。煉瓦張りの外壁です。時間も早かったし明日にしよう と思ってタニヤに向かいました。すごい渋滞で、1時間くらいかかって8時過ぎに到着し、 目当ての店を探したのですが、考えていた場所になく、代わりに連れて帰れる愛という店 が通りの中程にあったので、そこに入ろうと思ったらちょうど女の子を連れて出る人が居 て、女の子を見るとあまりきれいではありません。待てよと思い直してしばらく観察して いました。続いて3人連れがそれぞれ女の子を連れて出てきましたが、過もなく不可もな くといったところで、理屈から言うと、今入って選べば、それより落ちると思い(好みも あるでしょうが)、やはり開店直後を狙うべきと、食事でもしてルンピニー公園を覗くこ とにしてタニヤの角、ザ・カフェの隣にある(中で続きになっている)酒の店に向かいま した。

8時半頃急に通りの半分近くが停電し、10分くらい復旧しませんでした。明かりが 点くと拍手が起こっていました。酒の店には、タニヤのクラブからお持ち帰りをした日本 人が次々にご来店でした。店から出ると丁度昼間居たザ・カフェのウェイトレスが帰ると ころで、あら来たのね、あんたも好きねという感じでにっこり笑っていました。ルンピニ ー公園横のラーマ4世通りに沿って歩くと10時過ぎで時間は早かったのですがすでに20 人くらいの女の子が、点在してました。14、5くらいにしか見えない子で、とても可愛 いらしい子もいたのですが、タイでは、18歳までの子との売春は違法と夜の歩き方に書 いてあったのを思い出しやめました。ポセイドンで抜いてなければ行ったかもしれません が。こういう子と行ってタクシーやホテルに密告され捕まるということはあるのでしょう か?薬物では密告もあると聞いていますが、売春ではどうなんでしょう。詳しい方、もし くは悲惨な経験をされた方がいたら教えていただきたいです。

帰りにサイヤムを覗こうと タクシーで出かけました。サイアムの外の方には4、5人の女の子しか居らず、中に入っ てビールでも飲もうと考えていたら、1人の女の子が近づいてきて英語で話し掛けて来ま した。23歳と言ってましたが、名前は忘れました。まあ奇麗な方だったので、行こうか なとも考えましたが、化粧が濃い過ぎるので、先ほどのルンピニの素朴な美しさと比べて しまい、萎えてしまいました。それと喉仏が出ているわけではないのですが、レディボー イの疑いもあり、試しに歩道に居る女の子で、レディボーイは誰?と聞くとここにそんな 人は居ないと言うのです。皆さんの体験談を読んでも、例もありましたし、今歩道に居る 子にも明らかにそう思えるのが居たので、ますます不審になったのです。

そこで、やるの はやめて、彼女をガイド代わりにして一度見てみたかったタイ式ディスコに行くことにし 、1、000btでどうかというと勿論OKでした。連れてってもらったところは、なんと 泊まっているフォーチューンから2、300m、中国大使館の横にあり、朝の散歩でよく 通るガーデンレストランの奥でした。テーブル席ばかりの前に舞台があり、セーラー服み たいな衣装を着た30人ほどの女の子とジャニーズジュニアみたいな赤いブレザーを着た 15人ほどの男の子が踊っています。ジョニ黒のボトルが1、000btで女の子と踊る のは200bt、席に呼ぶと500bt。彼女の友達だという女の子2人と同じアパート に居るという男の子(指名料計1、500bt)100btチップを連発して成り金親父 に成り下がっていました。私としては、友達を呼ぶと行った時もし素朴な可愛さのある子 が来たらサイアムの女を通訳にしてお持ち帰りを試みようと思ったのですが、女の子は2 人ともこれまたレディボーイかいなというタイプでますます疑惑は深まるのでした。ちな みに17歳と18歳だそうで、喉仏は出ていません。

サイアムの女が店から紹介料を貰っ ていたのかは知りませんが、この親父はカモレルと思った店のウエイトレスがテーブルの 横にくっ付いて離れません。よく見ると女の子を席に呼んでいたのはこのテーブルだけで した。カモとしてはこのまま居ると羽まで毟られて飛んで帰れなくなるので、店にそその かされたサイアムの女が、隣のレストランに皆でご飯を食べに行こうと言い出したのを潮 に、ホテルに用事があるといって抜け出すことにしました。ウエイトレスと店長らしい男 が飛び切りの笑顔でさよならしてくれましたのでカモは尻尾の羽をもう1枚差し上げたの でした。

日本語でどうぞ編

今日は、エスコートサービスを呼ぶ日です。どうしてそう決めたかというと、15日( 月)なので需要が少ないのではと思ったからです。宿泊客も減ったみたいで、掃除のメイ ドも廊下に居ません。今までは、朝から晩まで掃除していたのに。昨日タニヤの両替機で 2万円ほど換えたのですが、散財して残り5、000btを切っています。ハイクラスは 、5、000bt以上するというので、心もとない。両替をしようとフロントに行くと、 レートが1万円で3、188btとあります。やけに安いので、歩いて3分くらいのとこ ろにある銀行に行くと3、588btでした。3万ほど換えて豊かになったので、早速部 屋にあるイエローページでEのページをめくって見ると20社くらいが、写真入の広告を 載せていて、半分は日本語の案内を載せています。

中には、英語で散々能書きを書きなが ら、私たちのお客様は、日本人だけです、と人を食ったようなメッセージを載せているペ ージもあります。それなら、日本語だけで書けと突っ込みを入れたくなるのは私が関西人 だからでしょうか。5社くらいが日本語でどうぞとあるのでお言葉に甘えてジュリアナと いう所に日本語で電話してみました。日本語でいいですか?と聞くと最初の返事がニーハ オでもう一度聞くとイングリッシュプリーズでした。日本語の担当はお休みなのか、まあ 、好意的に解釈して話を進めます。タイと中国のハーフは5、000bt、時間は2時間 。170cmでスリム、カワイイヨー(ここは日本語)だそうです。ここは信じて妄想と 息子を膨らませました。

折り返し電話があって、1時間後に来るそうです。昼間ホテルに 呼ぶとジョナフィーを取られないのではと思ったので確かめるいい機会です。(後で請求 を見ると取られてません)時間通り午後2時過ぎにドアがノックされ、開けてみると写真 の女性が立っていました。本当に170cmありそうです。ヒールを履いているだけ私よ り高い。名前はフォン、22歳、大学生と言っていました。部屋にあるコンピューターを 触らせたら、ちゃんと操作していたし、英語は出来るようなので多分本当に大学生なので しょう。一応生フェラあり、軽いキスもOK。スタイルもいい方だが大柄なので味は今一。 胸に苺のタトゥをしていました。若い子で二の腕や足首にタトゥを入れている子は結構多 いようです。

レストランやディスコでもよく見かけました。終わってから500btで写 真を撮らせないかと持ち掛けると、外でなら良いと言う。デジカメを見せるとこれが欲し いと値段を聞かれました。ディスコに高級娼婦が集まるという話を確かめたかったので、 どこに行っているか聞いてみるとスパッソがNO.1だと。友達と偶に行っているらしい。そ こであった人とホテルに行くかと質問すると、時々と答えていました。しかし自分からは 誘わないそうです。やはり、ディスコは初心者には敷居が高い。12階のプールサイドで 写真を撮りました。彼女とロビーで別れて昨日鴨鍋にされたタイ式ディスコの写真を撮り に行きました。名前を知りたかったが、タイ語なのでわかりません。ぶらぶらして部屋に 戻るとベッドメイクが終わっていたので夜中に備えて一寝入り。

夜の8時半頃ノックで起 こされました。ジョナフィーの請求かなと出てみると、部屋をメイクしに来たとボーイが 立っています。もう終わっているのにと思いながら招き入れると申し訳程度に整えて、出 ていきました。一応チップは上げましたが、それ目当てか、女性を引込んでないか調べて いるのかよく分かりませんでした。とにかくこんな時間に来るのは珍しい。テレビを見て から11時になったので13coinに出かけました。やはりタクシーには通じなかったので トゥングパイを連発してラチャダピセーク通りを真っ直ぐ行かせ、シーザーの前で降ろし てもらいました。道を渡って、13coinまで歩く。8階建てくらいのビルで1階が駐車場 2階がレストランその上はホテルになっているようです。

2階に上がるとフロントカウン ターを挟んで2つに別れています。右は生バンドが入った席で、左は、普通のテーブル席 です。うるさいのが嫌いなので、左にしましたが、それらしい女性はまったく居ません。 メニューはすべて英語で、表にいくつか写真があったのでそれを頼みました。ムール貝の ガーリック焼きとスパゲッティミートソース、ハイネケンで400btくらい。ミートソ ースは少し甘いが味は良いです。女目当てでなくても美味しいのでまた来ようと思い、店 の名入りのコースターを1枚貰いました。エレベーターが良く見える位置だったので1時 間ほど観察。カップルとかグループで来る女性は居ましたが、サイアムみたいに娼婦がタ クシーで次々乗り付けるということはないようです。ただ、上がホテルになっているよう なので、食事を終えたカップルが何組か、カウンターでキーを貰って上の階に上がってい きました。隣のフロアーを覗いてみたが女性のグループは2、3組で、ここで拾うのは難 しそうです。でも料理も美味しいので、明日にでもまた来て今度は隣のフロアーに座って みようと思いました。

海老を食べる編

朝起きてプールでひと泳ぎしようと窓から12階のプールを覗くと、昨日修理していた タイルがくっついていないらしく空のままでした。明後日の18日の朝には日本に帰るの で遊べるのは今日16日(火)と明日しかありません。タイのシルク王ジム・トンプソン の家とムエタイを見ることにしてホテルを出ました。マーブンクローン(東急)に寄って ジム・トンプソンの家まで歩いていると変なおっさんが出てきてどこへ行くのかと英語で 聞いてきます。彼曰く今日は休館だというのです。この手は地球の歩き方にも載っていた ので、宝石屋にでも連れて行く気だなと思い、写真だけでも撮ってくるよと返事するとも う一人の近くに居たおっさんに今日は休みだし、あそこは丘の上で門前から写真は撮れな いよな、と言うのです。もう一人も肯いてました。

ここでちょっと信じかけたのですが、 まあ行くだけ行ってみようと、おっさんを振り切って着いてみると開いてました。やはり ガイドブックはちゃんと読んどくもんです。ボランティアの日本人ガイドがいたので(火 曜の午前だけいるらしい)そのことを話すと、宝石買わされるとこでしたねと言ってまし た。夕方までぶらぶらと時間を潰してルンピニスタジアムに行き10時過ぎまでムエタイ を見ました。期待していたKOシーンはありませんでしたが、後半のラウンドになると場内 の盛り上がりがすごくてそちらのほうが面白いくらいです。帰りにルンピニー公園に寄っ て、良いのが居れば行く予定だったのですが、一昨日はそこそこ居たのに今晩は一人しか 居ません。

手入れでもあったのでしょうか?これでは仕方ないと13coinに向かいました。 今度は、右のフロアーに座ったのですが、やはり男の友達連れかカップルがほとんどで、 それらしき女の子はいません。隣にお嬢様風の可愛い女の子の3人連れが座ったので、3 ,000bt出しても良いと視線を飛ばしたのですが、無視されました。ただ、すこし離 れたところに確か3人で座ったいかにも娼婦風の席に何時の間にか男が2人座っておりす ぐに出ていったのでこれがそうなのかも。ここは娼婦が男を探すというより男が娼婦を探 すというパターンのようで、難易度高いです。でも料理は美味しいです。ムール貝のガー リック焼き、ペッパーステーキのマッシュルームソース掛け、ハイネケンで500btく らい。ウエイトレスの女の子に背は低いですが、可愛い子がいます。昔のアイドル黒木真 由美に似ている。今の人にはわかってもらえないでしょうが。また鴨鍋は嫌だな、と思い ながらサイアムに向かいました。

1時を過ぎていたので盛況でした。20人くらいの女の 子が歩道や駐車場に居ます。インドかパキスタン系の支配人(整理係?)が駐車場の女の 子を追い払ったり車を誘導しています。歩道に居る栗色の髪の長い女の子に目を付けて視 線を送っていたのですが、気が付いてもらえず、その子は若い男をナンパしてホテルに行 ってしまいました。2,3人に声を掛けられたのですが、好みでないので無視しました。 1時半を過ぎて眠たくなったので、今日は坊主かと思っていた時、髪の長い少し色黒の子 が日本人ですか?と話し掛けて来ました。若いのに(20歳くらいに見えた)日本語が話 せて好みだったので、日本語上手だねと言うと中で話ませんか?と言う。サイアムの売り 上げにも協力してあげないとまずいのかな?店内で少し話をする。店の駐車場側のフロア はほとんど満席で、辛うじて空いていた席の一つに腰を下ろしました。隣の席では酔っ払 った日本人の50くらいのおっさんが若い兄ちゃん相手に仕事の心構えを熱弁中で、笑っ てしまいました。女の子はクゥング(海老)といい、22歳でした。

日本語をどこで覚え たの?と聞くと勉強中と言ってタイ日会話集を差し出しました。指差し会話帳を出すとこ れは良いと2人でそれを使ってしばらく話をしました。お父さんが海老を好きなので、ク ゥングと付けられたそうです。3,000bt(朝迄)と言うのでふっかけていると思い ましたが、好みだったのと、眠たかったのでOKしてしまいました。相場に悪影響を与えて しまったかもしれません。この場を借りてお詫びしておきます。ホテルに帰って、700 btのジョナフィーにサインし、部屋に入りました。気になっていた、13coinの話を聞 くと、サイアムが1番で、テルメが2番、グレースは最悪で、客が拾えないと13coinに 行くそうです。ただ、13coinは家族連れも来るので、サイアムが良いと言っていました 。(彼女はラチャダーの13coinと言っていたのですが、これが私の行った所かは確認し ていません。もう1軒あるのかも)しばらく話して裸にしてみると、タイの子のわりには 思ったほどスタイルは良くなくて幼児体型でしたが、キツメの生フェラ、玉、アナル舐め 付きでした。

ところが殆ど濡れないので、入れても余り奥まで入らないのです。まあ動か している内に濡れてくるだろうと思っていましたが、最後まで殆ど濡れませんでした。今 までの経験からこんな事は有り得なかったので、ある疑いが頭をもたげました。彼女がホ テルに預けたのはIDカードではなくパスポートでした。それはシンガポールに行くため作 ったそうです。私の記憶が確かならば、性転換手術をやってくれる国だったと思います。 しかし乳首も女性のように大きいし、喉仏も出ていない。でもこれらも整形していれば、 判別できないし。眠たかったのでバックで終わって、疑問を抱いたまま寝ました。変な夢 を見ました。数年前に行ったシンガポールの街並みが窓から見える病院のベッドに私が横 たわっており、鏡を見ながら奇麗になったかしらと思っている、私が居ました。

目覚める と、朝の8時過ぎでした。クゥングはバスルームで電話しているようです。ベッドに帰っ てきたので、確かめる意味もあってもう一度しました。朝日の中で、あそこを見てみまし たが、小ぶりなビラビラやクリも確かにあります。指を入れて子宮口を確認しようとした のですが、体を捻って奥まで指を入れさせてくれません。でもこれは、他の女性もそうだ ったので(エイズ予防の為か、指の奥入れ、唾付けは嫌われる)真相は薮の中です。やは り濡れなかったので、日本から持ってきていた潤滑剤を使って、楽しみました。別れ際に プールサイドで写真を撮らせてもらいましたが、彼女が撮った写真を欲しいと言います。 デジカメなのでプリンターが無いと印刷できないと言いました。するとヒロさんに電話し てみる、と言うのです。ヒロさん?日本人かな。彼女が電話を代わってというので、出て みるとやはり日本人でした。プリントアウトは今晩にしてくれませんかと彼が言うので、 フロッピーに保存して彼女に渡しますと言っておきました。彼女によると30代の日本人 男性で、バンコクで仕事しているそうです。私の穴兄弟?

さよなら編

今日17日(水)は実質的に最後の日です。明日の朝には帰らなければなりません。少し 街をぶらついて、3時頃、先日空振りだったシーザーMPに行ってみました。女の子は、 3人しか居らず、帰ろうかとも思いましたが、お腹が空いていたので、焼きそばと餃子を 頼んでビールを飲みながらひな壇を眺めていました。隣では、今日帰るのかバッグを持っ た日本の4人連れがコンシアから色々話を聞いていました。ここはインターネットに載っ てないので(載っていないわけではない)穴場だな、情報を載せようか?などと話してい ます。こんなに女が少ないのでは載せてもしょうがないと思うのですが、時間帯によって は多いのかも知れません。

1時間経っても、ぜんぜん増えず、同じ女の子が、出たり入っ たりしています。客は、15人くらいでした。食事代だけ支払って、向かいのエマニエル に。こちらは、10人くらい女の子が居て、ポーンも居たので、指名しました。先日と違 うコンシアで、1、900btと言います。(前は1、800bt)チップを入れて2、 000bt払ってポーンと再会です。腰に付けていたデジカメを見て、なに?と聞くので 見せるとキャップ(蓋しろ)と言われてしまいました。

出来たら撮りたかったのですが、 残念です。ホテルに帰って荷造りをして夜中にサイアムを覗きに行きました。やはりにぎ わっていました。今日は、朝と夕方に抜いているので、あまりやる気が無く帰って寝まし た。翌日朝、ホテルを出てドンムアン空港から飛び立ちました。来年また来ようと思いな がら。