地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第207回  タイ風俗体験記 2 by FUJIさん

ジャブ編(シャブではない)

このページに刺激されて、バンコクを訪れることにしました。40を超えた禿中年です 。今まで、香港、台湾、韓国、シンガポールなどで女性と一夜を過ごしたことはあります 。ただ、全部パックのツアーで、韓国では一夜4万円、香港ではショートで2万5千円と高 いなあと思いながらも、右も左もわからないし、言葉も出来ない弱みで、ジャパニーズプ ライスにてガイドに案内されるまま遊んでました。

相場を知った上で多めに支払うのはか まわないのですが、この金額が相場だと騙されて払うのは、気持ちのいいものでは有りま せん。今回はこのページなどを見て、かなり詳しく相場が分かりましたので、個人旅行に することにしました。HISにて航空券を(4万9千円)アップルでホテルを(フォーチュー ンホテル8泊4万8百円)予約してみました。実は最初、ナナホテルを予約しようとしたの ですが、土日をはさんでの8泊のせいか、アップルが押さえられる部屋数の関係か、満室 とのことで、このホテルにしました。事前にインターネットで各MP、コーヒーショップ連 れ込み宿の位置や値段も調べ、タイ夜の歩き方、地球の歩き方(バンコク編)旅の指差し 会話帳(タイ編)も買って万全の態勢で臨んだつもりでした。

ドン・ムアン空港に現地時間午後3時頃到着するとバンコクは曇りでした。両替してみ ると5万円で18,025bt(1bt2.77円)でした。空港を出て出入り口のタク シーカウンターに行き、フォーチュンホテルまでと言うと番号を押した紙をくれ、客待ち のタクシーに乗せてくれました。運転手にフォーチュンホテルと言いましたが、あまり通 じていないようで、ラチャダピセークにあることとガイドブックに載っていたホテルの写 真を見せるとメーターを押さずにニヒャクナナジュウバーツと日本語で答えてくれました 。メーターを押さなかったのでボルつもりかなと思いましたが、調べていた値段とたいし て変わらないのでOKしました。

ホテルに着いてアップルの予約券を見せると煙草を吸うかと英語で聞かれたので、吸う と答えました。次にクレジットカードを出せと言うのでJCBを渡すとチェックして金額の 書いていない請求書にサインしろとのこと。日本のホテルでは、時々これをやられますが 、海外では初めてで少し不安でしたが、サインしました。部屋は26階建ての14階、ツ インルームで日本だと2万くらいの感じです。気にしていたセーフティボックスも有り、 タイ語、英語、日本語で説明が書いてあったので安心しました。

ただ、よくホテルにある “起こさないで”とか“掃除して”というドアノブに掛けるカードは有りませんでした。 そのかわりベッドサイドにスイッチがあり、廊下にランプが点くようになってました。 夜中にサイアムホテルのコーヒーショップを覗こうと思っていたので、明るいうちに場 所を確認しに歩いて出かけました。地図で見ると1キロくらいでした。道を間違えないか と不安でしたが、日本大使館があったのでニューベチャブリ通りに間違い無いと思い、さ らに行くとボル店としてよく出ているモナリザがありました。モナリザの絵が看板に描い てありわかりやすい。

その近くにサイアムホテルはありました。時間はもう午後7時でし たが、コーヒーショップは真っ暗で隣の駐車場にも援助交際の女の子はいません。人が増 えるのは10時過ぎだと聞いていましたが、電気も点いていないので休みかなと思いなが らも(11月10日水曜日)ひょっとしてもっと遅くから営業するのかと、お腹も空いた ので近くのアマリアトリウムホテルで晩御飯を食べました。1階にレストランがありバイ キング形式で380btとあったのでそこで食事しました。

クロスタービールとコーヒー を追加して600btくらいです。料理は、日本のホテルバイキングと同じようでなかな かおいしい。しばらくして日本人の駐在員のような50歳くらい男と中山美穂似で25歳 くらいのタイ人のカップルが食事に来ました。勝手な推測によると現地の支店長とタニヤ のNO.1というところです。女の子が美人過ぎるのと、年が離れすぎているので、店内の欧 米外人の夫婦はチラチラ見ながら、日本の男性って娼婦を連れてホテルで堂々と食事して るのよ、無神経ね、(推測です)と言っていました。

8時を過ぎたのでもう一度サイアム を覗いたのですが、同じく真っ暗でした。仕方無しにサイアム前からタクシーを拾ってナ ナプラザに行くことにしました。ナナプラザで通じるのか不安だったので向かいにあるナ ナホテルに行くように言うとわかってもらえました。運転手が苦笑しながらメーター?と 聞くのでメーターと答えるとメーターのスイッチを入れてくれした。初乗りはやはり35 btのようで35の数字が点きましたがナナまで100btでどうだと言うので(メータ ーだと多分50btくらい)まあいいかとOKすると喜んでメーターのスイッチを切ってま した。

ナナに着くとすごい人で1階と2階をくるりと回りましたが、雰囲気が怪しく、初日と いうこともありビビッて、入る気がしなかったので近くのテルメに行きました。ナナから 500Mくらい行くとリアムチット・プラザがあったので階段を降りてテルメを覗いてみ ましたが、10時くらいなのに客がいない。女の子も2人だけだったのでもっと遅くか週 末でないとだめかなと、すぐに出ました。屋台をひやかしながら、時間をつぶそうと思っ たのですが、腹具合が悪くなり天候も雷小雨の状況で歩きつかれたので、ホテルに戻りま した。タクシーで47btだったので60bt渡しました。明日こそはがんばるぞと誓っ て寝ました。

アリバイ作り編

翌日の11日(木)は、アリバイ作りのため、朝からワット・プラ・ケオに行ってきま した。タクシーの運転手には、ワッパッケーオと言わないと通じないようです。今回は、 知り合いの会社の社内旅行に同行させていただいたことになっているので、他の日本の団 体さんにくっついて、ガイドの説明をビデオで撮ったりしました。これを見せれば、一人 で行ったとばれません。妻子持ちの辛いところです。ここに40歳くらいの外人と20歳 くらいのタイ人のカップルが来ていてこの子が、アイドルにしたいくらい可愛いい。

こん な子にパクリと咥えられたらと想像して、外人に妬みを覚えました。カオサンに寄ってレ ックさんのラーメン屋でみそラーメンと餃子を食べました。日本のラーメン屋のまずいと ころに比べるとマシです。餃子は、美味しいです。オムライスとかもあってびっくり。午 後3時でしたが、客は日本人ばかり5人ほど。いつも外国で思うのですが、日本人は、外 国で他の日本人とほとんど話をしないのはなぜでしょう?外国で話し掛けられる時は詐欺 が多いという教訓が徹底しているせいでしょうか?何か、話し掛けても短い返事しか返っ てきません。そのくせ外人の詐欺にはころりと騙されるのですから。同じ日本人同士、言 葉が通じるので、もう少し情報交換してみたらと思いますが。

一度、フォーチューンホテルに帰ってから、あるホームページに載っていた“VIP"とい うトラディッショナルマッサージに行ってみました。このホテルからは、ラチャダピセー ク通りを真っ直ぐ北へ行けばいいので歩きました。結構遠いです。エメラルドホテル、MP エマニエルを過ぎて左側に有ります。ここは、ひな壇で女の子を選べて、交渉次第で本番 が出来るそうです。店に入ると入り口の右がひな壇で、左がレストラン。食事しながら女 の子を選べます。昨日から歩き疲れて本当にマッサージをして欲しかったのです。コンシ アの男性がきてマッサージ?と聞くのでそうだと答えると女を選べと言われました。

ひな 壇には、20人くらい居ました(午後5時)。躊躇していると任しとけと(本当は分かり ません。鈍臭いやつやなと言われたのかも)エレベーターで上の部屋に案内されました。 こんな場合、日本語の出来る多分年増の女が来る場合が多いと予想しましたが、やはりそ の通りで、名前は忘れましたが、片言の日本語が出来る20代後半の女性でした。ひな壇 を見た時すぐに好みを指名すれば良かったなと思いましたが、ここはマッサージだけにし てMPに寄ればいいと思い、2時間ほどやってもらいました。部屋は、真新しい、3畳程 の個室で、ベッドとサイドテーブル、天井からテレビがぶら下がっていました。

マッサー ジは丁重で気持ちよく、歩き疲れも少しは解消しました。終わってから彼女と少し話をし ましたが、セックスに持っていきたいようで、13日にサッカーの試合が有るねと言うと 13日あいてますと言う。なんであんたと行くのと突っ込みたくなりましたが、とりあえ ず帰ると言って値段を聞くと240btでした。2時間も一生懸命やってかわいそうだっ たので500btあげました。ビールと彼女の飲み物で150bt(チップを含めて20 0bt)でした。

勿論これで帰るわけにはいかないのでエマニエルMPに寄ってみました。帰り道ですし 、大きく英語で書いてあるのですぐにわかります。階段を上がると2階が入り口で、右手 は、バーやレストランの様でした。良く分からなかったのでとりあえず左に進むとひな壇 が有って15人程の女性がいました。コンシアがすぐに近寄ってきて日本語で左から2番 目の女の子は日本語を話せます、サービスもいいです、と言います。僕は先ほどのVIP のこともあり、すでに86番の女の子に決めていたので、そう告げると支払カウンターの 様な所に案内され、1、900btと言われました。

値切ろうかなと思いましたが、余り 吹っかけられていない様だったので、2、000bt払い、お釣はコンシアにあげました 。そのカウンターに背は余り高くないがプレイボーイのグラビアに出るようなすごい美人 がいて、どうも仕事が終わったばかりだった様です。彼女の名前が知りたいなと思ってい るうちに指名した女の子が来てしまいました。気が弱いのは損です。ひな壇は遠いので近 くで見るとどうなのか不安でしたが、86番ポーンちゃんは間近でみても中山エミリに似 た可愛いさだったので、安堵しました。彼女とお手々繋いでエレベーターで部屋まで。 やることは、日本のソープみたい。日本から技術輸入したとのことですが、本当によく 似ています。ただ、玉舐めとかしてくれますが、病気が恐いのかゴムフェラでした。ポー ンちゃんは21歳、スリムで胸もあまり有りませんが、本当に可愛いくて、一応満足です 。2回戦も出来るようでしたが、疲れも有ってしたい気が起こらなかったので、1回で終 わりました。明日、他の所に行ってみて良くなかったら、また指名すればいいと思って帰 りました。

ホテルに帰ると11時すぎだったのですが、サイアムやテルメが気になってまた出かけ ました。12時過ぎてから盛り上がるのようなので、時間潰しに高級娼婦が集まるという ノボテルバンコク(ホテル)の地下1階にあるサイアムスクエア(ディスコ)に行ってみ ました。ここは勿論普通の客も来ているのですが、12時過ぎになると金持ちを求めて高 級娼婦が集まるらしい。入場料100bt払ってテーブルに座るとウエイターが注文を取 りに来ました。ビールを頼むのが安上がりですが、飲み飽きたし、カティーサークが1, 900btとあったので、それとつまみを注文しました。

その後ウエイターがノボテルホ テルに泊まってるかを聞くので、ノーと言うと気を利かせてボトルではなく1杯だけ水割 りを持ってきてくれました。200btくらいでしょうか。その都度料金を払うシステム でした。周りを見渡すと中心で踊っている人達もいましたが、ほとんどは、カウンターか テーブルに腰掛け飲んでます。どの女の子が娼婦なのかと観察してみるとタイの女性で2 ,3人のグループで来ているのはほとんどそうみたいで、外人がナンパすると耳元で囁い ています。

外人がOKすると2人で踊りに行ってしばらくすると出ていっているようです。 しかし此処は女の子から声を掛けてくれないし、目で合図しても来てくれないようで、た まに積極的に声を掛ける子がいてもそんなのにかぎってブスです。初心者にとっては敷居 が高いです。1時間程居て、テルメに行くことにしました。テルメに着くと1時(木曜と いうか金曜)過ぎでしたが、昨日の10時と段違いで人であふれていました。結局12時 過ぎてから集まってくるようです。中に入って2周程しましたが、ここは結構声を掛けて くれるので、話をまとめるのは簡単そうでしたが、好みの女の子は皆交渉中でしたので、 サイアムに向かいました。途中で、ルンピニー公園の横を通ると立ちんぼの子がたくさん いました。サイアムと言うよりサヤームホテルと言ったほうがわかってもらえるようです 。運転手にレイディか?と聞かれましたが、うるさくされたくなかったので、レイディを 探しに行っている友達に会いに行くと言っておきました。

サイアムに着くと2時頃でした が、盛況です。外にも20人くらい、中も8割埋まっています。気が付いたのですが、店 のガラスがマジックミラーみたいになっていて店内が暗く見えたのと、時間が早すぎたの で昨日は、休みだと思ってしまったのでした。駐車場の前の歩道には女の子が10人以上 、可愛いらしい子も2,3人います。ただ、レディボーイもいるというし、睡眠薬で悪さ をする子もいるらしいので、どうしようかと考えて店の外の花壇に腰を掛けて煙草を吸っ ていました。何人かの女の子が意味ありげに見つめたり話し掛けて来ましたが、好みでは なかったので無視していました。その内にマイちゃんという日本語が少し出来る子が隣に 座ったので、少し話を聞いてみました。この子は、顔はまったく日本人で、中国とタイの ハーフでしたが、以前日航ホテルに勤務していたそうで、(本人の申告によると)25歳 だそうです。あなた中国人かと思ったと言われました(よく言われる)。マイちゃんによ ると店内にレディボーイは入れないので歩道に居る半分はそうだと言っていましたが、本 当かは分かりません。

じっと見たのですが、多分そうだろうと思われるのは、3人くらい で、後はわかりませんから。店の人でも見分けられないじゃないでしょうか?今日は、1 回抜いてるし、歩き疲れて腰が痛くなったので(年ですね)帰る事にして、別にくれとも 言われなかったのですが、マイちゃんに100btあげました。サイヤムの雰囲気も分か ったし、明日の晩こそは修行するぞと(誰かさんのがうつってしまいました)誓って帰り ました。客は、日本人もかなり来ていました。でも、日本人だと思うと、女の子との会話 で中国(台湾?)だとわかったりして実態は、不明です。女の子は、細身で可愛い子もか なり居て、危険?を省みなければお勧めです。

セックス修行編

翌日は、ホテルの隣、元ヤオハン、今はロータスで水着とウイスキー、(ジョニ黒2、 000円しなかった)ミネラルを買って、ホテルで一休み。目覚めると午後7時でした。 サイアムに行くには早すぎるので、昨日行ったエマニエルの向かい側にあるシーザーMP に行くことにしました。ホテルの前で捕まえたタクシーにシーザーに行くよう告げたので すが、知らないようで、とりあえずエメラルドホテルに行き、ホテルの前で真っ直ぐ行く ように指示して何とか着きました。シーザーに入って左に進むとひな壇とその向かいにレ ストランフロアが有り、食事をしながら女の子を選ぶようになっています。しかし、金曜 日(12日)午後8時だったせいか、ひな壇には、10人程度しかおらず、好みの女の子 も居なかったので、すぐに出ました。

レストランのフロアーは殆ど満席です。仕方ないの でシーザーの向かい、エマニエルの横にサブウエイというマッサージがあったので、VIP みたいに交渉すればやれるんだろうと覗いてみましたが、ここのひな壇には、2人だけで した。やはりエマニエルか。昨日のポーンちゃんは居ないかもしれないと思いましたが、 残っていた、15人程の中に居たので、さっそく指名しました。1、800bt(昨日と 違う)です。ポーンちゃんは、色が少し黒いせいか、タイ人には、不人気かもしれません 。今日は指差しタイ会話集を持って行っていたので、話が少しは弾みました。女性上位で 尻をクイクイ動かしながら悶えていました。

仰向けに寝て開いたこちらの足の間に後ろ向 きでヤンキー座りをして、尻を浮かしたまま上下左右、のの字を書くように動かすのです 。締まった小麦色の尻に出入りする様子や菊門までが見えて刺激的です。エマニエルを出 て、10時過ぎだったのでサイアムに向かいました。今度のタクシーはサヤームでも通じ ず、ホテル自体を知らないようでしたのでとりあえずアマリ・アトリウム・ホテルに向か わせ、近くで指示しました。サイアムの駐車場には、4,5人の女の子しかおらず、まだ 早いかなと思ったのですが、コーヒーショップの中は7割程度埋まっており、女の子も4 ,50人居たようです。席に着くとすぐ近くに昨日のマイちゃんがおり、話し掛けてきた ので一緒にご飯を食べました。マイちゃんと相談してラートナー(あん掛け太麺)にした のですが、なかなか美味しかったです。

マイちゃんは、ホテルに行こうと誘うのですが、 実はこの子の顔がこの間まで日本で援助交際していた18歳の子に似ていた(タイまで来 て同じ顔ではね)のと、ツーピーススーツの上から見ても太目だとわかった(細目小顔ス リムが好み)ので、余り乗り気はしなかったのですが、なんといっても日本語が少し話せ るので、ガイドの代わりにしようと思い、OKしました。エラワンホテルというところの地 下にスパッソというディスコがあり、ここもモデル並みの高級娼婦(この言葉に弱い)が 来ると聞いていたので、そこに行きたかったのです。女連れで娼婦を見に行くというのも 変な話ですが、小心者なので、下調べしないと行動できないのです。マイちゃんが、IDカ ードをアパートに忘れたというので、タクシーで取りに行きました。近くのA-ONEホテル ならIDいらないよと誘われましたが、今日はスパッソに行きたかったし、フォーチューン ホテルのジョナフィーも知りたかったので、強引に取りに行こうと言いました。

アパート はスクンビットにあり、5階建てくらいでゲートには門番が居ました。部屋はドアを開け ると突然居間で、玄関、土間などはありません。アメリカンスタイルです。8畳くらいの 石張床2間で家具とか荷物は余りありませんでした。リバープレイスという名前で家賃は 3万円だそうです。ここの地区には、日本人も大勢住んでいるようです。アパートから歩 いて大きい通り迄出てタクシーを捕まえ、マイちゃんが行き先を指示してくれたので、安 心していたのですが、着いたところはエメラルドホテル。ややこしいことに地下にスパー クという店があり、こちらの発音が悪いせいかマイちゃんは勘違いしてたのでした。方向 がおかしいなと考えていたのですが、渋滞を避けるため遠回りしてるのかと思ったのです 。とりあえず降りてホテルでコーヒーを飲みながら地球の歩き方で場所を見ると伊勢丹の 隣でした。またタクシーに乗って出かけました。

いつもタクシーにはチップを払うのです が、マイちゃんは、払う必要が無いと強引に主張する(恨みでもあるのか?)のでマイち ゃんに100bt渡すと1btまできちっとお釣を受け取って返してくれます。マイちゃ んによるとドライバーは一日500円で車を借りて営業しているそうです。と言うことは 、1400bt稼がないと赤字? スパッソに着いてみると要するにエラワンというのは、グランド・ハイアット・エラワ ンホテルで、そこの地下1階にありました。店は生バンドが大音響でアメリカンポップス を演奏しており、客は、欧米人とタイの金持ちそうな若者及び2、3人で来ている、多分 高級娼婦です。まったく居なかったのが、タイの中年以上の人と、日本人です。(私を除 く)いい感じのタイの女の子は何人か居たのですが、やはり声を掛けにくい雰囲気です。 ジョニ黒の水割りが1杯220bt、フレンチフライ(ポテトチップス)100bt、オ レンジジュース140bt、サービスチャージと税金?(VATと書いてあった)がついて 540btくらいでした。雰囲気はわかったし静かな所で、飲み直したかったのでどこか のホテルのスカイラウンジに行こうとマイちゃんを誘ったのですが、普通は、3時間で2 ,000bt、早くホテルに帰ろうと言います。

インターネットで見ると1,500bt が相場なのじゃない?と意地悪く言うと、1,500btはレディボーイの値段だと言い 張ります。このページの愛読者の皆さんなら、プッツン来て帰ってしまわれるでしょが、 なんせ気が小さくてチンチンが大きいもんで(嘘です、すみません)別に太め日本人顔と やりたくはなかったのですが、2時近かったし、これも修行と言い聞かせてホテルに帰り ました。フォーチューンホテルのロビーでやはり女連れで帰ってきた欧米人と一緒に呼び 止められ、ジョナフィーの請求書(700bt!)にサインさせられました。マイちゃん は、IDカードを預けていました。部屋で裸にするとやはり太目で、エイズ恐いとフェラも なし。今日は1発抜いているので出るかな?と心配しながら、痛む腰に鞭打ち、バックで 突きまくりました。

本当に修行の様なセックスでした。終わってから、マイちゃんは明日 もサイアムに来るの?と聞いて来ました。スパッソで、明日ハードロックカフェ(ここも 高級娼婦が来るらしい)に行こうと話をしていたのですが、時間の事を言い出されてから 、こちらがしらけておりその雰囲気が伝わってたのか、しつこくは誘われませんでした。 2,000btなら泊りの値段だと思うので、文句は出ないと思っていたのに早く帰りた いと言われたのが心外で、顔に出たのかもしれません。ディスコが好きな子でしたら、付 き合ってくれたかもとも思いました。2,200bt渡して帰らせました。