地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第199回  モロッコの美女 by けん

中近東在住が長い商社マンです。こちらの風俗情報をお伝えします。

モロッコのホテルでは、バーに夜行けば、その手の女性が待っていることが多い。超 美人はあまりいないが、肉欲的な女性がいて、セックスも積極的で、大体満足でき る。ただ問題は、ホテルの部屋に連れ込む際に、受け付け等にチップをやらないとい けないことだ。本来は女性はホテルに部屋をとらないといけないらしいが(男の部屋 に行く事は違法らしい)、それも受け付けにチップをやれば何とかなる。

ここで紹介したいのは、カサブランカであった超美人のアミーラだ。年は22歳、非常 に良いとこの女性らしく、教養があり、英・仏・独語に堪能だ。普段はブティックを 経営しているが、気に入った男性だけとリッチなお付き合いをしているらしい。

お相 手の男性は、外交官、一流企業家が多いと言っていたが、あの美貌からして、そうか なと思った。

彼女とはインターネットを通して知り合い、カサブランカのホテルで一夜のデートを した。よる8時ぐらいに部屋を尋ねた(彼女も同じホテルに部屋を取った)。

彼女は 写真のようなセクシーな下着で迎えてくれ、すぐに濃厚な抱擁、タッチだ。ソファー の上でお互いを刺激しながら服を脱ぎはじめ、固くなった愚息をやさしくタッチして もらう。こちらもお礼に彼女の全身を生めしく撫で回す。感じているのがわかる。あ そこは洪水だ。

こちらが全裸になり、彼女はセクシーな下着でベッドに移動。あそこに強烈なキッス を。洪水状態で、喘ぎ声がかわいい。思い切り足を開くと、恥ずかしいのかさらに洪 水だ(どうもM気があるらしい)。

ついで、こちらの愚息に熱いキッスをしてもらう (勿論ゴム着きーその方がお互い安心)。鏡の前で、愚息へのキッスをしてもらう と、こんなの初めてといって、さらにもだえる。この後、正常位、後背位をベッド、 洗面所でと繰り返し、延々3時間、お互いセックスを堪能したのだった。

彼女、私とのセックスが非常に気に入ってくれたらしく、今度は日本人ともっと会っ てみたいとのこと。勿論、多少値が張るが(上記で数百米ドル)、それだけの価値は 絶対あり。

日本では考えられないような超美女と極上のセックスが楽しめる。