地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第180回  マカオ体験記 by TT

7月最終週にマカオに行ってきました。ここに載っていた情報を確認がてら以下のところに行ってきましたのでご紹介します。

(1)リスボアホテルの娼婦

リスボアのカジノおよびその周辺に大陸からの小姐(大体が20代前半)及び白人(ラテン系と思われる)がいます。 僕は違った日に大陸小姐1人づつ相手し(約1時間)、1人には500ドル(ここでのドルは香港ドル。以下同様)、1人には700ドル渡しました(こちらは結構濃厚だったので)。まあ、内容にもよりますが500~800くらいが相場のようです。小姐は全体的にスタイルもよく選びがいはあります。白人はよくわかりませんが、夕方よりリスボアホテルの外でたむろしてます。 ちなみに、小姐たちは2人で1室を借りていて1日部屋代が1000ドル(従って1人500ドル)かかるとのこと。結構大変なようです。

(2)サウナ

ニューワールドホテル2F(日本風にいえば3階)にあるサウナに行きました。この時は少々つかれていたこともあり、Hの方面よりマッサージしてもらいたかったという気持ちでした。 入って服を脱いで、体を洗って風呂に入って、甚平に着替えて休憩室で一休みというところまでは手順どおりで、ここで頃合い見計らったころマネージャーがマッサージどうするか聞いてきます。 僕は”上海式”(抜きのみ)を頼みました。

ちなみに韓国式、越南(ベトナム)式、美国(アメリカ)式などいろいろなタイプがありそれごとにサービス、時間、料金は当然異なります。何でもここは最近ミャンマー式なるものを開発したとのこと(サービス内容は不明。1時間で約1300ドルだからもちろん本番まであるのは判るのですが)。 小姐は手際よくマッサージをはじめ、約1時間くらいしたところで部屋が真っ暗になり本当のサービス開始です。この間お触りOKですが、パンツを脱がそうとしたらさすがに”だめ”でした。 料金は上海式90分、498ドル+15%のサービス料と税金だけです。チップ等は基本的に不要です(ここが大陸のそれと違うところ。非常にシステマティック)。

(3)浴室

あまりに有名な打令浴室1(カジノハイアライにあるやつ)にも行きました。エレベーターを降りたところがすぐ受付ですが、すぐ横に金魚鉢なのでそっちにどうしても目が行ってしまいます。 まず金魚鉢の女の子を選んだ後1300ドルを支払、女の子と部屋へ。この後飲み物の注文をおばちゃんが取りに来ます(有料。僕はここでコーラを頼み20ドルくらい渡した。) 飲み物が来た後は一通りのボディ洗い等の後、本番となります。かなり濃厚です。女の子はタイ出身が多いようで僕が選んだ子もタイ人でした。スタイルもかなりよかったですが、胸はシリコン補強でした。 帰り際女の子にチップをせがまれ200ドル渡しました。 あと、最初女の子より”ダブル”にしないとか、”時間延長は?”とか聞かれることありますがその気がないならすっぱり断った方がベター。勿論それ相応のお金かかりますし。

(4)夜総会(ナイトクラブ)

ここはフリーでふらっと入るには高いようですが、あらかじめ香港のフェリーターミナル3F(乗船券売り場のフロアー)にある旅行社でセット券(香港・マカオ往復の船、送迎、飲み物、果物、1時間の夜総会ステイ、2時間小姐と休憩するためのホテル代、またホステスチャージを含む)を購入した上で行くのが賢い選択のようです。 僕は香港でニューワールドホテルの夜総会の茶舞セット券(午後4時~10時の間)を618ドルで購入後、マカオに行き夜総会に繰り出しました。 受付で券を渡すとすぐ個室に通され、飲み物が来た後ここのマネージャーが”どのママさんか知っているか?”と聞いてきます。

当然”知らない”と答えると、1人のママさんが来てあれこれ説明をはじめますが、このママさんが小姐を”管理”しています。何人かママさんがいるようです。 その後、15分ごとに小姐が2人組みで部屋にきてあれこれしゃべったりふざけたりしながら今日の相手を見定めるという手順です。 僕は一番最初に来たショートヘアの女の子がよかったのでママさんに”彼女お願い”といって手配してもらい同じホテルの部屋に移動しました。その子はテクも乗りもよく”今何に興味あるの?”なんて聞くと”SEX!”なんて答えを平気でしてくるなかなか面白い小姐でした。帰り際チップとして1000ドル渡しました(この値が相場のようです)。 夜総会の小姐は大陸出身者が多いのですが、さすがにこういう場所ゆえ、総じてレベルは高いです。

ちなみに営業時間はリスボアは24時間、サウナは午後12時くらいから、打令1は24時間、夜総会は夕方4時くらいからです。

マカオでの遊びはいろいろ組み合わせた上で楽しんでみるのがいいと思います。

P.S. 大陸出身の小姐はともかく店の人間は北京語がうまくないか、しゃべれないのもいます。英語もあまり通じるようには見受けられなかったのでここのところ要注意と思います。