地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第172回  「幻の国のお姫様とのその後」by 援助交際野郎

僕もついに、ディープな幻の国の虜となり半年もたたずの2度目の訪問となりま した。

今回は某ガイドブックを参考に少し豪華にエアコン、温水シャワー、バスタブ 、 ケーブルテレビ、冷蔵庫付きの、ダブルサイズベットの広々とした部屋が魅力の中 華 系のミニホテルを押さえました。

理由は簡単あるパッカー少年が「ホームペ ー ジ ご 推薦のGHのシングルに連れ込んでも問題ないよ。」と魅惑の言葉を囁くものの 、寂 しい年寄りの見栄で「ファンのみ、窓なし、水シャワーのみの蚊帳付きシングルベ ッ トの部屋」に連れ込む勇気が無かった為です。準備万端でねらいは当然1日御持ち 帰 りです。

空港到着から昼食も摂らずわずか2時間後には速攻で例の村に到着。そし て お姫様のいる建物へ直行。お姫様は僕のことをしっかり覚えており、僕がバイクの ケ ツから降りる間も与えず速攻でガッチリ左腕をロックし、僕はめでたく逮捕されま し た。

そして20ドルで翌日8時までと話をつけ、僕は希望に股間を膨らませ御姫様と 2 ケツ2台(バイクにまたがるなどという下品なことは御気に召さず横座りをご所望 の 為)でミニホテルまで贅沢なツーリングとなりました。部屋はツインを押さえてお り、 堂々(?)と2人でマイルームへ、当然(?)前夜にはバンコク娘と1ラウンドを 、 楽しくすごしているのにも関わらず、フェラーリを楽しむ余裕すらなくあっさり立 ち バックで決めました。

その1ラウンドを勝負した後、ちょっとしたハプニングがおこりました。 ある程度は予想してはいましたが御姫様はホテルの部屋の外には一歩も出ないと 言 うのです。夜はともかく、まだ昼真っ盛りなのにです。内心一緒に外で食事をと思 っ ていただけに、残念でしたが、反面、屋台で2人分の食事や飲み物をしっかり買い 込 み持ち帰る様は、我がままな愛人を囲ったみたいで、優越感半分なさけなさ半分と い った所でした。

その後さらに、この日は夜、深夜、朝とこなし計4ラウンド楽しん だ 事は言うまでもありません。そして、その後幻の国滞在中にもう一度1日御持ち帰 り (3ラウンド)と、最終日にショート1回の、計4ラウンドを楽しみました。

これほど僕がこの御姫様にのめり込む理由はやはり、彼女の性格が僕好みである 事 及び会話能力が高い(英語が話せる)と言う2点が大きいと思います。 多分彼女よりかわいい娘、きれいな娘、テクのある娘、サービスのいい娘、はた く さんいると思います。しかし、年をとるとラウンドの間が開く為、どうしてもその 間 を埋める作業が発生します。その時、言葉がまったく通じないのは寂しいですし 、そ れ以上に2人の間の感情に深みがでません。

確かに例の村で英語が話せる娘は少な い ながらいるのですが、只でさえドライな例の村の娘達なのに、通訳として有能で 、引 っ張りだこな娘達は輪をかけてドライになりがちなのです。しかし御姫様はそんな 所 はほとんど見せず「プロとしての自分と只のひとりの娘としての自分」の2人の感 情 をしっかり僕にぶつけてきます。

そして、その度に「良きにつけ悪しきにつけ言葉 が 通じる事はすばらしい」と実感します。怒り、泣き、喚き、そしてお互いの妥協点 を 模索するといったプロセスは、僕にとっては彼女への反発力となると共に強力な引 力 (絶対的な立場の差があるが故なのですが)とも成り得る物なのです。

実際悪魔の誘惑に負けて3Pをする為に(御姫様は3P嫌いの為NG)他の娘を 2 人連れ出しましたが、テクなどいっさい不要とおもわせるパワフリャ~な地力を持 っ た娘(あそこがベリーグーで僕に初めて「入れたらわかる貝の良さ」という言葉を 体 で実感させた)とパワー(正面からオンリーでがぷっりの4つ相撲)で対決すると い った壮絶な戦いを3ラウンド楽しみ肉体的には大変満足したものの、残念なことに 英 語が通じず2人連れ出さなければ間が持たなかったと内心思ったのも事実です。

又、その後日談があり2人を連れ出す所を御姫様がしっかりチェックしており (当 然、別の店で連れ出しているにも関わらず)、幻の国最後の日、御姫様で締めよう と お店に行き御姫様を指名した所、彼女は自分の部屋に入るなり、勝ち誇ったように 「 なぜ例の娘の所へ行かないのか」と問い詰めます。しかし、僕としても「次回に備 え て、ここでつけ上がらせるのは良くない」という自分の感情の動きを楽しみ、決し て 「お前しかいない」などとは言いません。そして、「本妻に浮気がばれた亭主の様 に ひたすら、謝り、本質をはぐらかす」という道化を演じます。こんなやりとりが 、本 当に楽しいのです。

もちろん、これだけでは無く、当然バトルもしっかり充実して い ます。フェラーリから始まり、上になり下になりと十分堪能してフィニッシュ後 、お 約束のマッサージと僕にとっては十分にいたれりつくせりです。

各人いろいろな楽しみ方がありますし特に若い方はパワーがある為僕の話が分か り 難いと思いますが、年を経るに連れてこんな報告を楽しんでいただける方が増える と 思っていますので、今後とも御姫様がいれば彼女を、又、彼女がもういなければ再 度 別の同様な娘をなんとか探し出して、感情の深みというものに焦点をあてた報告を こ れからもしたいと思います。

以上。