地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第170回  ジョホールバルナイト by アジアントラベラー

いつも遊んでいるシンガポールのゲランをパスして今回はマレーシアのジョホールバルまで 足を伸ばしました。

到着は夜の9時、駅裏の通りを歩いてみたが女はいない。あるのは  ホテルと怪しい床屋だけ。床屋に入ってみたが、ぼられてしまった。

マッサージOK?の言葉に。 こんなに怪しい床屋なのだからハメハメまでと思っていたが200MS,300MSと 値段は吊上がる。マッサージだけにして早々にでてしまった。そのあと駅裏に戻りタクシーの 運ちゃんにジキジキできるところ知らないか聞いてみた。

その運ちゃんは1ヶ所だけ知っていると言うんでタクシーに乗って案内してもらった。 徒歩5分の所にハッピーナイトクラブはあった。入り口は細長い通路になっていて 中にはヒナ壇があった。値段は?120MS、アムロに似た綺麗な子は?150MSだという。

アムロを指名した。エレベーターで4階に上がりジュライホテルのような妖しい部屋に入った。まずバスルームで体を洗ってもらい先にベッドにいった。胸から下へケツの穴まできれいになめてくれた。さあ、いよいよ挿入と思っていたらもう1回胸からなめてくれた。そして騎乗位、バック、正常位でフィニッシュした。満足した夜でした。