地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第164回  旅の果てに IN バンコク by PONPON

こんにちわ。最近、このページを利用するようになった PONPONと申します。

私が体験した去年の夏のタイ旅行について報告させて頂きたい と思います。(タイはこのHPでもたくさん紹介されているので 恐縮ですが・・・)

その旅は友人Y氏との二人旅でした。タイへの旅行はおろか、 海外旅行も初めてのこの二人でした。タイ、とくにバンコクは 風俗がすごいと聞き、それにつられて行った次第なのですが、 (もちろんオマンコ目的で)なかなかオマンコにたどり着けない バックパッカーの旅をしました。たまには、苦戦した体験談もいい かと思いまして・・・

○初日

友人Y氏と成田からバンコクへ飛行機に揺られること8時間。 2人は胸ときめかせ、異国の地にたどりつきました。ドンムアン 空港からバンコク市内へとタクシーで向かいました。 初日&初心者ということで、とりあえずは無難にパッポン通りの 近くのホテルにとまり夜の町へ繰り出そうと思ったのですがが、 いかせん、旅なれないためか疲労の為にあえなく夜の町へは繰り 出せませんでした。

○2日目

2日目はパタヤのビーチに遊びにいきました。バンコクからタクシー で2時間半くらいでしょうか。行ってびっくり、夏だというのにほとんど ビーチには人がいないのです。とりあえずは宿探し。宿が決まったときには もう、PM16:30でした。とりあえず、夜まではショッピングや腹ごし らえをして、夜に備えました。

我々は20:00くらいからパタヤの夜の町に出動しました。 目指すは、ゴーゴーバーが軒を連ねるサウスパタヤ。 セントラルパタヤから海岸沿いを歩きサウスパタヤへ行く途中、この夜の町の 風景を見て、この町は欲望の町だなと確信しました。海岸沿い、すべてピンクの ネオンがキラめいていました。しかし・・・

いざ、サウスパタヤの通りについたのですが、どうしても勇気がでずにゴーゴー バーに入ることができませんでした。なんどかサウスパタヤの通りをグルグルと 回ったのですが、どうしても入る勇気がありませんでした。 そう、この日も敗退し、とぼとぼとホテルに帰り、オナニーをしました。 友人Y氏はこれでは悔しかったらしく、ホテルのオーナーに女を呼ぶように英語で言ったらしいのですが、通じなかったとのことです。

#パタヤにはマッサージパーラがたくさんあるとのことですが、どの辺にあるの #でしょうか?知っているかたがいらしたらお教えください。

○3日目

先々日、先日の仇は、やはりバンコクで討つ!!と意気込み、パタヤから バンコクへバスで3時間くらいで戻りました。バンコクへ到着したのが 16:00くらいでしょうか。今回も出陣しやすいように無難にナナプラザの 近くにのホテルを取りました。ホテルは一晩300バーツのホテルにとまった のですが、ボーイに荷物を部屋に運んでもらい、ボーイが部屋から出るときに ボーイが突然、ギャルがいっぱい載っているビラを僕とY氏に手渡し、

「女を 買わないか?」と言ってきました。僕とY氏はわらをもすがる思いで、ボーイに 詳しいことを聞きました。そのボーイによるとマッサージパーラに連れてやるとの ことでした。僕とY氏は、そのボーイと19:00にホテルの前に待ち合わせをし ました。そしてボーイとタクシーでPetchaburi通りの店に連れて行ってもらいました。 そして、我々はオマンコに出会うことができたのです。 おわり。