地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第136回  毎週通ったディープコリア by コリアフリーク

仕事の関係で韓国の商社と取引することになった。

日本で商売しているので人達なの日本語は喋れるが、生き馬の目を抜くような業界 だったので他社を出し抜くため韓国語を一生懸命勉強し、在日韓国人のための夜間小 学校へ入学。  おかげで在日の人が話す程度の会話は可能になり、結構取引先から も韓国へ招待される身となった。 そして韓国のディープな部分にはまってしまうの である。

向こうの人が遊ぶのはソウルでもプサンでもない。 プサンから1時間位 北上したところにテクという町がある。 美人の産地で有名で、韓国に通いつめた人 が行きつくところと言われている。 先週、久々に時間が出来たのでテクへ行ってきた。プサンからセマウル(韓国の特急 電車)で1時間、地方都市といった町並みのテクに着いた。

早速ホテルへ行くと、ボーイが「一人なのか?良い娘を紹介する。」と言って来る。  韓国語で応対すると態度が急に変わり、女子大生やデパートの売り場の女の子を連 れてくるがどうだと言う。 万事吹っかけてくるお国柄なので、在日韓国人や帰化し た元韓国人ということになると、内容が全く変わってくるのである。 韓国人の美人 というと藤原紀香のようなタイプが挙げられるので、丁度持っていた週刊誌のグラビ アに出ている藤原紀香タイプを頼むと30分程でドアをノックして20位の女の子が 入ってきた。

 本当に紀香ちゃんソックリで、チョット細目だが出る部分は出ている というナイスバディー! プサンの学校に通っていて、週末になるとテクの実家に 戻ってくるという19歳の女子大生だ。 明日の昼まで10万ウオン(1万円)でO Kしてくれたが、驚くべき安さだ。 そうすると彼女は早速ミニとTシャツの体をこ ちらにあずけ、ディープキスの後バスルームへ消えていく。 程なくしてバスタオル を体に巻いて出てきたのでこちらもシャワー浴び挨拶代わりの1回戦とあいなる。  韓国の女の子特有の餅の様に指にまとわりつく肌と、仄かな朝鮮人参の匂いにそそら れ向こうの上手さもあってすぐにいってしまった。

しばらく寝てしまうとあたりは真っ暗で、腹も減ったので夜の街に繰り出す。 ここ はプサンに近いので海産物が美味く、彼女も刺身を食いたいというので刺身屋に入 る。 日本の料亭のような店で、メニューを見ると 一瞬驚くがウオンで日本円の10分の1ということを思い出すと、安さにほっとす る。 

ひらめを1匹つくりにしてもらい、ソジュという焼酎でいただく。 あまり酒 に強い子でないようで、顔から肩から足までが赤くなってくるのがわかる。 個室の 板張りの部屋なので隣に座らせ、口移しで酒を呑み呑ませているうちに、キスをしな がらオッパイを揉みしだくと彼女も感じてしまい、スカートに手を突っ込むとTバッ クのパンティーのアソコの部分がびしょびしょになって食い込んでいる。 

クリチャ ンを転がしてからワンワンスタイルにさせ、バックでパンティーの横から突っ込みす ぐに二人でいってしまう。 彼女も相当に好きで、結局朝まで2回し、朝食後ホテル をチェックアウトする前にもう1回してしまった。 別れ際に連絡先を聞いて再会を 約束したが、あの餅肌とナイスバディーを思い出すとまたテクへ週末に行こうかと時 刻表を開いてしまう。