地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第971回 KL 2005/08 体験談


あんまりネタがないKLですが、先ほど帰国いたしました。 今回は短い滞在なので有名どころのFEDERALと天河のみです。既出ですが。

FEDERALはブキッ・ビンタンの旧市街側に位置するそこそこのHTLです。 入り口にはおねえちゃんのドアマンがいて、喫茶室はスタイリッシュなごくふつうの 雰囲気をかもし出しています。

ロビーを突っ切るとすぐに地下におりる、階段があり「スパデラックス」との看板が 出てます。 そのまま降りるとそこがフロント。

いきなりヤングガール?という問いにそのままうなずくと、ソファのあるちょっとし た待合室に通され、そこでおねえちゃんが順番に登場してきます。

今回は時間帯が悪かったのか、インド系1人と中国系2人しか出てきませんでした。 どうも全員今ひとつの感じだったのですが、まあなかなかなかろうと、最初にでてき たそこそこ美人系のインド系20歳をチョイス。値段は230RM。安いのは今はいないと のことなんで、時間もないしまあいいかと。

そのまま手をひかれ部屋にいくと、8畳くらいのスペースに相当ぼろいダブルベッ ト、その奥にオープンなバスタブ&シャワーがあります。マニラの空港近くのマッ サージ屋みたいなところかな。

お姉ちゃんが後から来ますが、ああ、やっぱり直感は正しかった。 いきなりテレビをつけて、極めてつまんなそう。

小生そこそこ英語は操れますが、全く会話も弾まずそのまま、ゴムF。 咥えるたびにティッシュで口を拭い興ざめこのうえなし。 もちろんDKどころか首から上への攻撃はご法度。

まあ20歳の小娘なんで、あれこれやってるとそれなりの反応は示し、若いだけあって 締まりは悪くないものの、こちらの気分は全く乗らず、もういいやとさっさと終了。

もちろんチップもなく追い払うように部屋を出して、また待合室へ。 するとかなりいい感じの中国系美人が結構横を通っていく。 間が悪かったかなあと思いつつ、案内の割と崩れたしかし愛想はよい中国人兄ちゃん としばし話して、退出。

兄ちゃんいわく、いいのが欲しけりゃ予約しな、とのことですが初訪問で名前も知ら ないのにそれはできんだろう。

で、翌日ホントに肩もこってたこともありあまり期待せずに天河へ。 KLプラザの後ろ側に入り口があり香港のサウナと似たビカビカ光るネオンに彩られた 銀色の自動ドアをくぐると、まあ用心棒代わりにヤクザのような男どもがたむろして るフロントがあり、ここで貴重品をセキュリティボックスに預け、まずは着替え。施 設利用料RM29は後払いとのこと。

基本的にはサウナなんで健康ランドのような泡が出てる結構大きい浴槽があり、ドラ イとスチームのサウナが併設。風呂につかりサウナに出たり入ったりしてリフレッ シュしてシャワーをあびると、別室に通じる通路を案内されます。

フルフラットに近いソファに寝転んで中国茶などを喫していると、兄ちゃんがマッ サージはどっちか聞いてくる。 通常のマッサージはRM79、スペシャルは218。両方望ましいが時間制約があるので、 スペシャルを選択。

すると電子錠のガラス戸を開けた向こうにさらに控え室があり、そこでおねえちゃん が目の前にずらっと登場。 びっくりしたのが時間帯がよかったのか、大陸からの出稼ぎ者とすぐわかる中国人の 若いしかもかなりのレベルのおねえちゃんがずらりと10人ばかりショウアップ。

小柄で明るそうで笑顔が素敵なおねえちゃんがいたので選ぼうとすると、案内の兄 ちゃんがしきりに別の娘を勧める。こういう場合経験上大当たりか大はずれ五分五分 のことが多い。お勧めおねえちゃんは愛嬌はありそうだけどあまり食指は動かない感 じ。ながら昨日のこともあり、ここは兄ちゃんのお勧めをチョイス。

するとお勧めおねえちゃん、嬉しそうに手をつないできてそのままにこにこ部屋にご 案内。 部屋は上がり床にそのままマットを引いただけで、ユニットのシャワーがあり、フェ デラルとどっこいどっこいのシャビーさ。まあ壁に鏡が貼ってあることは評価できる か。

おねえちゃん、英語はあまり話せないものの今日誕生日で19歳になったということで 肌の張りがとてもよい。 胸は小ぶりだが十分手のひら楽しめる。そしてなによりものすごく愛想がよく、一緒 にシャワーを浴びてそのまま胸でマッサージ。常ににこにこしてマットにうつると首 筋乳首脇腹嘗め回して、いきり立ったところで生F 。

これが凄く上手く危うく達しそ うになるところで、おねえちゃん横になって後ろからの挿入を要求、さすがに生はと 躊躇し、口にてのゴム装着。あまり濡れてないのは仕事だからしかたないにしろ、挿 入後指先愛撫にて潤ませる。

DKこそかわされたが、その他は全くいやがらず、もう存分に堪能。45分の時間だった はずだかそれも忘れる交じり合い。おねえちゃんのよがりは遠慮気味なながらマット への爪の食い込み深く、汗も額を伝う。 最後はクリを擦り打ちつける脚上げ正上位にて終了。しばし二人で横になり髪をとか す後戯。

もちろん最後のシャワーも一緒に浴びて、ボディでの身体洗い。 もう大満足の一戦でした。

部屋を出て戻る通路には初めの印象がよかったおねえちゃんがたまたまいて、これも またにこっと笑い、「ボス、次は私ね」と声をかけられ、かなり精神的にも楽しい思 いができました。

帰りはフロントで全て清算。RM218は施設利用料もこみということでした。

やれやれ早く次のKL出張作らなきゃ。