地球の遊び方~ タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第967回 セブ市Osmena Circle周囲のBAR by Tiger


セブ市Osmena Circle周囲の遊び場の最新情報をお届けします。「地球の遊び方」には、置屋情報は多いようですが、正統派のGOGO BARの記事はほとんどないので、ご参考になれば幸いです。なお、置屋と違い、BARで遊ぶにはそれなりの語学力が必要ですが、日本語を話すGRO(Guest Related Officer:ダンサーでない女の子)もけっこう多く、英語はカタコトでも大丈夫ですので、チャレンジしてみてください。

言葉はセブアノあるいはタガログが話せればベストですが、英語で十分です。ただ、あとでトラブルがないように、連れ出す娘に、朝までいるのか、ショートなのか、何をしてくれるのか(たとえばBBBJ、写真撮影はOKかなど)を確認してください。

2005年7月某日、マニラからの国内線でマクタン島にあるセブ国際空港に到着。リムジン(と言っても普通の乗用車)でCebu Midtown Hotelに向かった。空港からの交通費は、安くあげようと思えば、到着エリアを出て道を渡り、出発エリアに客を乗せてきたタクシーを捕まえるのがベストだが、右肩が痛く、荷物を引いていくのがちょっとしんどかったのと、リムジンの言い値が275ペソで、リーズナブルだったので、リムジンで行くことにした。

セブ市のいいところの一つは、タクシーが近距離でも、ほとんど必ずメーターで行ってくれることで、マニラでのような値段交渉をいちいちしなくていい点にあるのだが、空港~セブ市内だけは例外で、250ペソが標準的である。(メーターではセブ市内まで150~170ペソ。)

今回投宿したCebu Midtown HotelはOsmena Circleに面してCircleの南側にあり、4階から12階がホテル、1~3階はRobinson'sが入っており、非常に便利である。ネット(http://discoverytour.ph/)で予約し、税・サービス料込み、朝食付きで46米ドル/1泊だった。

Osmena Circleの周囲には安宿も多いが、ある程度の快適さを求めるのであれば、Midtownか、Holiday Plazaがお勧めである。マクタン島のリゾートもよいが、女遊びが主目的のCity Boyとしては、ややものたりないし、なんと言ってもリゾートは繁華街から遠いのが欠点である。

なお、筆者はいわゆる置屋(Casa)には行かないことにしている。置屋は値段はともかく(やや高目の設定だと思うが)、姿形だけではどんな性格の娘か簡単にはわからないことと、先払いのため、連れ帰った娘が「帰りたい」といいだした場合に有効な対抗手段がないことによる。

女の子もそこは心得ていて、わりにすぐに帰りたがる娘が多いと思う。「帰りたい」理由は、「おなかが痛い」だの「母親が急病」など、気のいい日本人が拒めないような理由を言ってくることが多い。たまたま「あたり」の娘だったらよいが、「はずれ」を引いてイヤな思いをした人もけっこう多いのではないかと推測している。

ホテル到着は7時過ぎだったので、屋台で軽く食べ、さっそく近辺の探訪に出かけた。地図は必須なので、Robinson'sの2階にあるExpressionという文房具屋でEZ MAPを99ペソで購入した。

手書きの地図は左上の丸がOsmena Circleである。地図に示したように、Osmena Circle周囲の遊び場は、Circleから東にGen. Maxillom Ave(Mango Street)を600mほど行ったIglesia Ni Cristo教会の周囲に集まっているが、Circleの南側のPres. Osmena Blvd沿いにもSilver Doller、Firehouseがある。CircleからFirehouseまでも約600mで、いずれも歩いていける距離である。このあたりは、夜歩いても特に危険な感じはしないが、タクシーに乗れば、30~40ペソである。

以下に、筆者が実際に訪問して確認した情報を記す。主観もかなりあると思うが、ご容赦いただきたい。開店時刻はほぼ共通で、午後7時~8時頃。午後10時ぐらいになると、ダンサーやGROも揃ってくるようだ。

1.Lone Star、今回取り上げた中ではベストのGOGO BARである。場所はIglesia Ni Cristo教会の裏手になる。客筋は白人が多いが、日本人もよく見かける。真ん中にステージがあり、常時4~5人のダンサーがストリング・ビキニで踊っている。

奥にはビリヤードが1台。GRO、ダンサー、ママさんともに気さくで、雰囲気はよい。女の子のレベルはいろいろだが、かわいい娘も多い。Barfineは650ペソで、リーズナブルである。女の子へのチップは、朝までで1500ペソも渡せば十分でしょう(これは全店共通なので、以下には特に書きません)。写真の娘はNちゃん。19歳の引き締まった肢体の持ち主で、性格もよく、楽しいセックスでした。

2.Dimples、GOGO BARであるが、ステージには1~2人のダンサーがいて、2曲ぐらいずつで交代している。女の子のレベルは高く、はっとするような美人もいるが、Barfineが2000ペソと高額。GRO、ママさんともに気さく。ふところに余裕のある人向き。

3.Love City、ここはGOGO BARのように見えるが、実態はマニラのEast AsisのようなShow Clubで、連れ出し料は、女の子へのチップ込みで、4000ペソと高額(マニラよりは安いが)。前述のように、筆者は先払いの置屋には行かないので、同じ理由でここはパスです。ママさんの態度もあまりよくない印象だった。あまりお勧めはしませんが、ふところに余裕があり、普通の置屋よりは、女の子の品定めが十分できる点を評価する方にはいいでしょう。

4.Papillon、ほとんどDimplesと同じで、Barfineが2000ペソと高額だが、たしかに美人は多い。主観だが、Papillonの方がDimplesより雰囲気がいい。筆者も、最終日に超美形の娘を思わずBarfineしてしまいました。ほんとにいい娘で、翌日は空港まで送ってくれました。

5.Black Hole、正統的なGOGO BARだが、なぜかいつ行っても閑古鳥が鳴いている。主観ではあるが、ダンサーのレベルはLone Starの方が上か。Barfineは600ペソ。簡単な食事もできるので、一人旅ならば、最初にここでGROをからかいながら腹ごしらえをするのもいいでしょう。客が少ないので、モテたい人向き。LD(Ladies' Dirnk)を少し奮発すれば、「ブラッド・ピットが店に来た」ようにモテること請け合い。

筆者は初日にここに入り、すごくスタイルのいい娘がいたので、Barfineしました。すごく女っぽい身体つきなのに贅肉が少ない娘で、セックスも体育会系のノリでした。具体的には、Cow Girl(騎乗位)で恥骨をはげしく打ち付けてくる、Missionary(正常位)では自分から腰を上下にはげしく動かすなど、エアロビクス的でしたが、Doggy(後背位)で攻めたら色っぽい声をあげて何回もイッてくれました。

6.Silver Doller、Pres. Osmena Blvdに面するGOGO BAR。客筋は白人がほとんどで、日本人は珍しがられる。客の入りはまあまあで活気もあるが、ダンサーのレベルはかなり落ちる。Barfineは700ペソ。食事可。午後7時から9時までのHappy Hourにはサンミゲルが50ペソ。Barfineはお勧めしないが、腹ごしらえにはいいかも。日本人に会いたくない人向き。

7.Firehouse、以前には有名だったGOGO BARだが、今はロクなダンサーがおらず、GROが平服でステージに立っている。店内が妙に暗いのも気になる。Barfineは950ペソ。3回行ったが、まったくお勧めできない。場所はPres. Osmena Blvdを南に行き、Visaya's Community Hospitalの先の路地を左に30mほど入ったところ。FHと記された赤いネオンがあるので、すぐわかるし、タクシーのドライバーは必ず知っている。

リゾート以外のホテルに泊まった場合、昼間に時間をもてあます方のために、筆者の時間のつぶし方をお教えします。

1.昼寝。夜の疲れを癒す。

2.テレビを見る。HBO、Cinemax、Star Movieなど、懐かしい映画をやっている衛星チャンネルが5つはあります。NHKも入ります。

3.Shopping Mallに行く。CebuにはAyala Center、SM Mallの2つの大きなShopping Mallがあり、Osmena Circleからタクシーで70~80ペソです。SM Mallには8館、Ayala Centerには4館のすばらしい映画館がありま、上映中の映画、開始時間はネットで確認できます(http://www.clickthecity.com/movies/)。

また、Starbacksなどでコーヒーをすすりながら、行き交う人を見るのも面白いです。たまにはFree Lancerがいますから、これと思う娘がいたら、積極的に声をかけてみることをお勧めします。ショートで500~800ペソ。

4.散髪、マニキュア、ペディキュア。散髪は安く、40~50ペソ。マニキュア、ペディキュアとは、エナメルを塗ることではなく、ツメ周囲の甘皮を切り、ツメを整えてもらうことです。日本ではあまり見ないサービスですが、気持ちいいですよ。値段は30~40ペソ。

5.マッサージ。足のマッサージはあちこちにあり、1時間で100~200ペソ。セブにはバンコクのようなMPはないか、あっても値段が高いです。筆者には、昼間は普通のマッサージで十分です。

みんなの海外風俗体験記を募集中です!投稿は こちら!から

旅は道連れ 世は情け「一緒にGOGOでも行きませんか?」 友達募集BBS