地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第946回 シンガポール最新裏情報(2) 2005年4月 by 南国駐在員


2.マッサージ

今回はマッサージについて紹介いたします。本場のタイと比べると質・内容ともに劣りますが シンガポールにはマッサージセンター(健身中心)が数多くあります。一説によるとそのうちの 70%はいわゆるフルコース(違法行為ですが)が目的のものであるといわれおり、まともな マッサージが少ないことにおどろかされます。

 オーチャード界隈は一般的に料金が高めで旅行者料金となっているようです。フルコース の場合150~200S$となっています。「シンガポール夜の歩き方」でオーチャードの様子 が紹介されており、本Webサイトではマリーナサウス地区が紹介されていますので、今回 は別の場所であるブギス(Bugis)界隈を紹介させていただきます。

お勧めする理由は 比較的オーチャード地区に近いながら、料金が安く、若いマッサージ嬢が多いという点です。  BugisはMRT(地下鉄)東西線でCityhollのとなりの駅で、西友、パルコ、インターコンチネンタル ホテルが駅の上にあり、週末は多くの人でにぎわっています。インターコンチネンタルホテル 側にMiddle Roadという道路があります。

この道路を北(オーチャード方向、ホテルと反対側) へ歩いていくと2つめと3つめの交差点の間にFortune Centerというショッピングセンタがあります。 ここの2階から4階に数件のマッサージセンターが入っており、もっとも規模が大きいのが4階 にあるブギス・ヘルス・センターです。

入場料36S$を払うと部屋の番号が告げられます。 指定された番号の部屋で待っているとマッサージ嬢が現れます。お気に入りの娘がいる場合 は事前に電話での予約もできます。またここではなじみになれば受付で時間分の入場料 をはらえば連れ出しもすることができました。(3時間であれば36S$x3)

個室は鏡ばりでシャワーBoxとマットレスがしいてあるだけの簡素な作りで、簡単なマッサージ のあとフルコース、ハンド等のコースを聞いてきます。フルコースは100S$(個人によって150S$ の場合もあったがほとんどの娘は100S$)です。ここの娘はマレーシアンが主体です。

平日夜は混雑していますが休日はローカルの利用がへるとのことで、受付である程度希望を 言ったほうがよいかと思います。このビルには他にも数件のマッサージがありますが、呼び込み の娘を見るかぎり、このブギスヘルスセンターがよいと思います(ここは呼び込みはしていません)

  Middle RoadでFortune Cenrerへ行く途中に Lee Kai Helth Centerという マッサージセンタがあり、ここもマレーシアン主体でフルコース料金は100S$です。

また、Albartモール(OGデパートのとなり)にFurusho Shopping Centerがありここの 4階にもTwins Helth Spaという大きなマッサージセンタがあり、ここもフルコース料金は 100S$です。

 オーチャードやマリーナサウスを離れれば料金が下がるのかと思い、いくつかの場所でトライ してみましたが、フルコース100S$でてきるのはこのBugisのMiddle Road、Bencoolen Street界隈のみのようで、ブギス駅の反対側では150S$でしたし、Golden landmark Hotelショッピングセンタでも150S$でした。

さらにこの近くでは学生アルバイトマッサージセンタもあります。ここの娘はチャイニーズで英語は しゃべれず中国語のみとなりますが、ひとりだけ日本語がしゃべれる娘がいました。彼女らは ビジネススクールの学生で中国から学生ビザにてシンガポールにきており、21~24才くらい の娘が主体です。

中国語しかわからないので、ママさんを通して交渉しています。ここは連れ出し 可能で2時間程度で150S$+ママさんへのコミッション40~50S$です。

以上Bugis界隈では比較的安価で楽しめると思いますし、ゲイランと比べても30分80S$ ロング(1時間)160S$に対して料金面でもひけをとらないと考えています。

次回はカラオケ編としましょう。 By南国駐在員