地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第926回 中国風俗事情


中国で風俗はなるべく行かない方がいいですよ。

私は昔、仕事で上海にいました。企業関係の中国人の友人のツテで 高級バーみたいなところがあって、そこで女の子を紹介してもらい、 そのまま自分のホテルに連れ込んでプレイをしていました。 ただし、値段はかなり高めです。しかし、売春に厳しいお国柄を考えると、 安全料と考えれば、安いものです。

そして、今は日本に帰国して、日本に住んでいますが、その中国人の男性とは 未だにメールでやりとりをしています。

どうも最近は、風俗の危険性が増しているようです。何年か前にあった、日本人の 集団買春問題がありました。買春をした日本人男性二人は国際指名手配され、 その集団売春を主催した男性と女性は死刑になりました。

この問題の背景には、どうやら昨今の共産党政府が日本に対して柔軟な態度をとって いることが国民の不満を買っているらしくて、その不満の捌け口として、日本人の 買春行為を糾弾しようという意図があるらしいです。

今でも、貧富の差が激しい中国には大量の立ちんぼなどの売春婦がいて、当局は放置 状態ですが、時々見せしめに逮捕して、売春団のリーダーを死刑にしたりします。

基本的に死刑になるのはスケープゴートになるリーダーだけですが、日本人が絡んでくると 事情は変わってくるのではないでしょうか。 この前のサッカーアジア大会を見てもわかるとおり、反日感情は非常に根強く、昨今の政府の 対応によりますます態度を頑なにしている連中がいるのです。その連中が、日本人が中国人 の女を買っているとネット上で騒ぎ始めると、政府としては建前どおり、死刑にせざるをえま せん。

インターポールを使った国際指名手配も、まさに国民の怒りをやわらげるための政府の対応 なのでしょう。

このような状況を考えると、今中国で買春行為をすることは自殺行為です。 やめた方がいいでしょう。