地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第906回 中国浙江省永康市での体験 Part2


第800回 浙江省永康市での体験についての、Part2 として投稿します。

今年4回目の同市への出張で、2人の体験しました。 私は、少しですが中国文が理解出来ます。(パスポートが真っ赤です。入国、出国のハンコです。)

1人は、2月からの付き合い、もう1人は前回7月からの付き合いです。 2月から付き合いの小姐は、12月に結婚すると言い、7月から付き合いの小姐は、 7月に私が、帰国してから結婚したと言います。

2人に「じゃもう付き合えないな・・・」と言いますと、「いや今まで通り付き合って・・!!」 と言います。 中国の性はどうなっているのでしょうか?

2人目の小姐は、駐在中の友人の小姐からの紹介で知り合いました。 2人共、携帯のメール(信息)で呼び出しをする為、私も、中国文とピーインを一生懸命 覚えています。

上海に到着すると、いつ永康市へ行けるか前もって連絡して置きますと、その日は2人共 他の用事を入れないで待っていてくれます。(もちろん1人ずつですよ・・・!!)

夜、街中へ遊びに連れて行って貰ったり、一緒に食事したり、買い物したり、彼女達はさすが現地人、おいしく 安い店などよく知っていますし、値切ってくれます。 部屋へ帰ると朝まで一緒にいてくれます。

2人共、決して美人では有りませんが、やさしく信頼が持てるのです。 事実、何度か、会社仲間での食事中など部屋へ一人で置いて置きますが、今まで何も取られた事は、有りませんでした。

それに、慣れ染みとなり日本で1回遊ぶ金額で、4~5回朝まで居てくれます。 長くなり失礼しました。