地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第895回 エドコンから置屋へ by ゴルゴ31


前回の渡比から半年。おもちゃ使用のリベンジに燃え、通販で「スーパーG」(Gス ポットを刺激するバイブ)を事前に購入。

土曜日に出発し、14時半過ぎほぼ定刻通りに空港着、さすがに暑い!と、思ったが大 阪の方が暑いのは確かだ。 夕飯を食べ、JAPANクラブへ飲みに行き、エドコンへ。時間的には今回もかなり出遅 れた11時頃。(毎回店に着き反省・・・)

各店をサッっと見て廻っても、どの店もステージには10人居るか居ないかで、客も少 なくやる気も無さそう・・・中には客2人(日本人)だけって店も有る。 FireHouseへ入りビールを飲みながら店内を見渡す。スレンダーな姫を呼び話しを聞 けば「明日は日曜日で教会へ行くから泊まりはダメだがショートで3000P。泊まりが 良いなら友達を紹介する」と言われ、これまたGOODなスタイルの友達。 しかーーーーし、「5000P」と言い、お前は何様だ!!「3000Pしか払わない」って 言ったら、席を立ってしまった!ビールも2口程度しか飲んでないのに、チェック。 二度と行くか!

※Business partnerに聞けば、看護婦の給料が4500P/月です。(1P=約2円)皆さ ん、あげ過ぎはダメです!!

PitStopへ入ったら直ぐにママさんが寄って来て、「この子をお願い!」まぁ、悪く ない。オールナイトで2500Pに交渉。 ホテルに戻り話しをしたら、案外日本語を喋る。 シャワーを浴びタオル巻いたままベッドに潜り込んだ為、胸から責める。タオルを 取ったら驚き。帝王切開の跡だぁ。どうりで、水着姿で踊って無く、普段着で居た訳 だ・・・。

まぁ、良いか。日本から持参の「スーパーG」登場。クリの責めから程良く潤った頃 に挿入。しばらくして「もう止めて!」と言いながら「スーパーG」を挿入したまま 慌ててベッドから下り、何か言いながらバスルームへ駆け込んでしまう。途中、抜け 落ちた「スーパーG」が床で暴れてる。。。

潮吹きそうだったのかな?バスルームから戻り、枕の下に隠されてしまったので、普 通に責め何度か果てた頃に挿入・・・今回も燃え尽きた。が、途中、胸が張ってるな と思いながら、乳首を舐めてると母乳が出た。記憶上母乳を飲んだのは初めてだ。

ベッドの中で話しを聞けば、日本のPPで2年前に働き直ぐに子供が出来てしまった (相手は日本人)。出産後2ヶ月位は仕送りしてくれたが、仕送りと連絡が途絶えた 今は、エドコンで働いてる。子供が居るなら、早く帰ってあげなさい。と、タクシー 代100Pを渡し早々にお引取り願った。

翌日、志向を変え置屋編

夜10時過ぎに、ロハス通りのアンバサダーホテル付近の裏路地でタクシーの髭オヤジ と話し込む。。。(人通りが無くちょと危険かな?) マカティ地区までタクシーに乗り徘徊。建物の前に男3人位がたむろしてる前でタク シーが止まる。(ますます危険かな?)「シャチョー!シャチョー!!」バンコクで は良く耳にした掛け声で道路からは植木に隠れ見えなかったドアから中に入る。

中は腐りかけたベニヤ板の壁で、ビニールの破れたソファーに座り、タバコに火を点 け姫が集まるのを待つ事・・・数分、15人程度に周りを囲まれココはサファリパー クか?と、思う程・・・タバコを半分以上残したまま次の店に。タクシー内で「もっ と、ハイレベルな店は無いのか?」と暴れる!

次の店は、おぉぉ・・・サファリパークで慣れたお陰でハイレベル(?)。一目で決 めた姫が居たが、迷ってる振りしながら、値段の交渉。「3000Pに私にチップでOK ?」「俺もOK!」3100P渡し早速指名。着替えに向う姫に、周りの姫達が拍手で見 送る。 裏路地で拾ったタクシーで、マカティ地区を徘徊し、マカティ市内のホテルまで無 料。恐らくバックマージンが有るのだろう。。。

本日の姫はちっちゃい子で、ホテルの大きいバスタオルを体に巻いたら引きずりそ う。 ベッドに移りもそもそ・・・ごそごそ・・・しながらスーパーGの登場。しかし、見 ただけで断られたので舐め舐めで逝かせるが、逝く時に太ももで頭を挟み込まれ耳も 塞がれ何も聞こえない。 首も疲れたし、さて挿入。挿入中も何度も逝かせ「アナタ、マダ、ダイジョウブ?  モウ イッカイ・・・オォ・・・・モウ イッカイ・・・」何度逝けば気が済むのだ ?

翌日の午後2時に店に戻らないといけないと言うので、11時頃まで一緒に買い物、 「今日も、呼んでくれる?」と聞かれ「店は何時から始まる?」「4時から始まる。 アナタの携帯にマネージャーが電話しても良い?」「OK!」100P渡しタクシーに 乗せる。

予定が延びてしまい、4時半頃SkyWayを走ってる時に携帯が鳴る。 必死な日本語で「ドコー?」「後20分でホテルに着く」「ドコー?ドコー デ  マッテル?」聞けば、マネージャーと2人でホテルのロビーに居るらしい。 ひとまず、マネージャーと3人で部屋に入り値段の交渉。まぁ、SEXの相性も良く 値引く事は無かったが、平均相場の高騰を避け、ケチな日本人も居るって事を教えな いと。。。2500Pにマネージャーの帰りのタクシー代50Pを渡す。50Pでは タクシーで帰れないと言うから、「Exerciseで歩け!」と、部屋から追い出す。

僅か6時間程度の別れだったが、久し振りの再会の様にお互いに舌を絡め合う激しい キスのままベッドに押し倒し、友達との夕飯まで時間も有るし1回戦。 夕飯は3人同行し5人で食事、その後JAPANクラブで2時間程ダラダラ飲む。

しかし、半年前にバギオからマカティに働きに来て、ヘルプとして1週間働いてた時 に一緒だった子が居て、何だか申し訳無い気がした。。。が、本人は、もう待ち切れ ないって感じで、太ももの内側を触って寄添って来る。早々に部屋に戻り、頑張って しまって夜2回戦。 翌朝、タクシー代100PとスーパーGを彼女にあげてお別れ。

出発の間近に「今度来た時に絶対電話ちょうだい!」と、電話をくれた。。。が、毎 回、電話した事無いなぁ~。 写真は置屋の姫。

余談:同行した友達は、帰りの空港入り口に有るX線検査で「バックを開けろ!細長 い物は何だ!」話しには聞いてたが、水中バイブを持参したらしい・・・友達は「こ れは髭剃り」とか言ってシェーバーを見せ、とぼけるが「違う!もっと細長い物だ! ここに映ってるから有るはずだ!!」相当怒ってる。。。

しぶしぶバックの中からケース入りを取り出し「そうだ。こんな形だ。ケースから出 せ!これは何だ!!」

仕方なく友達が筒状のケースの蓋を抜き検査官の目の前に出す。バイブと解かった瞬 間に「バカお前!こんな物出すな!早くしまえ!」(直訳)