地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第888回 ふらっと釜山緑町遠征 by JIRO


こんにちは。2回目の投稿となります。 今回は福岡在住の特権を生かして、ふらっと釜山に一泊2日で出かけてみました。 今年の7月に10名の団体で釜山に行き、その時に初めて緑町体験をしました。 その時は、宴会の後午後9時頃に緑町に出撃したので、夏ということもあり、 女の子達も店の外にでてきて客引きをしていました。

各お店かなりの女の子がいて、 私好みの女の子もいたのですが、一足先に後輩に指名されてしまいました。 横から奪い取るのも大人気ないので、その場は快く後輩に譲ってあげましたが、 後輩に私好みの女の子をもってかれた悔しさもあって、近いうちに再訪を考えていま した。、 やっと11月の週末に妻が里帰りをすることになり、突然のチャンス到来とばかり、 出撃してきました。

自宅から、博多港国際ターミナルまでは、自転車で20分です。ちゃりで、ちんたら 走って行き、朝10時過ぎに 国際ターミナルに到着。自転車置き場にちゃりを止め、ターミナルの中に入ります。 事前に電話で空席状況を確認しましたが、 土曜日でも船には空席があり、予約なしでその場でチケットの購入ができました。 最近の韓国ブームのせいか、JR九州のビートルは土曜・日曜は完璧に満席です。 したがって、行きは「にゅーかめりあ」を選択。片道2等で8500円です。朝11 時半に博多港を出航し、午後5時過ぎには 釜山港に到着するので、とても利用価値があります。

帰りは夜行フェリーはしんどいので、韓国の未来高速が運航している「コビ-」の予 約を博多港でして 行きました。あとでわかったのですが、日本でチケットを買うと13000円、釜山 で買うと8500ウォン。 かなりの運賃格差があります。したがって、行きをニューかめりあで行き、帰りのチ ケットは釜山で買ったほうが 安くあがります。

にゅーかめりあの船内では、船室にはほとんど滞在せず、展望風呂に入ったり、デッ キでビールを飲んだりしていました。 5時間半はけっこうプチクルージングといった感じで、楽しく過ごせました。 午後5時過ぎに釜山港入港。入国審査を済ませ、午後5時半過ぎには入国完了です。

釜山港国際ターミナルからは最寄の地下鉄駅まで歩いて10分弱ですので、1人旅の ときは特に歩いて地下鉄を 利用するのが経済的だと思います。 地下鉄駅までの道すがら、なぜか知り合いのお ねえちゃん(日本人)にばったり 会ってしまったりして、海外といえども釜山は福岡に近いことを痛感されられまし た。

なんでも、女の子2人で釜山観光に来たそうです。 そのままおねえちゃん2人連れといっしょに遊んでしまおうかとも思いましたが、本 来の緑町リベンジの目的を思い出し、 ここは一直線に緑町を目指すことにしました。

地下鉄「中央洞」から2駅で「ちゃがるち市場」に到着です。運賃は700ウォンで すから、大変安いです。 そこから緑町までは、徒歩10分程度です。 緑町には午後6時過ぎに到着しましたが、時間が早すぎるのか、どこも閑散としてい ます。あれれ、女の子が全然いないなあ。 しかたがないので、一旦ちゃがるち市場方面に戻り、時間をつぶして、再度午後7時 頃再出撃しました。 あれー。やっぱり各お店は閑散としていました。 それでも、2軒ほど客引きおばさんがいて、いつもの強引な客引き攻勢がありまし た。

女の子も1人でてきて、まあまあかわいい子だったし、ほかのお店が閑散としている ので、とりあえず部屋を見せてもらうことに しました。 客引きおばちゃんと、女の子に連れられて、女の子の部屋へ。部屋はまあまあ綺麗な 部屋で、女の子も割とかわいかったので、 とりあえずショートで入り、よかったら泊まりに切り替えるということで交渉し、 ショート10万ウォンのところを8万ウォンに値切り、 泊まりに切り替えるときは、30万ウォンのところを25万ウォンに値切るのに成功 しました。

女の子はめがねをかけていたのですが、めがねをはずすとかなりの美形でした。いわ ゆる典型的な韓国顔で、けっこうそそります。 困ったのは、日本語ができるという触れ込みだったのですが、実際はほとんどしゃべ れません。コミュニケーションがとれないのは 大変つらいです。それでも、一緒にシャワーを浴び、部屋に戻って一戦交えます。

なかなかのテクニシャンで、全身を舐めまわしてくれ、フェラもきっちりしてくれま す。臨戦体勢が整ったところで、ゴムをかぶせられました。女の子の手持ちのゴムの サイズがちょっと小さく、なかなか根元まで伸びないのがお愛嬌でしたが、装着後上 から攻められました。なかなかの締まり具合で、気持ちよかったです。途中で体勢を 入れ替え、上からがんがん攻めると、けっこう本気であえいでくれます。結構な時間 楽しんだ後に、放出しました。

1回いってしまうと、なんだかもういいやーという気分になり、女の子にこのまま帰 るよと伝え、再度シャワーを浴びて終了です。 40分くらいで終わってしまいました。 ホテルをとっていなかったので、どうしようかなーと思いましたが、このままここに 泊まるのも気分が乗らなかったので、約束の8万ウォンを支払い、外にでました。特 にチップも要求されなかったので、そのままです。

ホテルを予約していなかったのですが、夜はサウナに泊まることにして、国際市場の 焼肉屋にカルビを食べに行きました。 カルビ1人前とビール一本で16000ウォンでした。国際市場の中にある焼肉屋は 価格も安く、1人でも入れるので、けっこう お勧めです。「釜山カルビ」というお店です。壁に貼っているメニューには日本語も かかれているし、アガシも注文程度の日本語は 理解してくれるので、1人でも大丈夫です。

その後、繁華街の中心部にあるサウナに行きました。料金は8000ウォンでした。 システムは日本のサウナとほぼ同じですが、 いわゆるサウナ室には、着衣のまま入ります。なんと混浴でした。着衣のままなの で、別に裸を見ることはできませんが、けっこう 若いカップルが一緒にサウナに入っていました。 もっとびっくりしたのは、そのままサウナの仮眠室で男女いりまじって寝てしまうの です。若いカップルは抱き合って寝ています。

別にHをするわけではないのですが、けっこう刺激的な光景です。1人で泊まってい る私にはけっこう目の毒でした。 土曜日の夜ということもあり、仮眠室、ゲーム室、娯楽室のどこも足の踏み場もない くらい人でいっぱいでした。 私は早めに仮眠室の端っこに場所を確保したため、割とゆっくり寝ることができまし た。ただし、午前2時くらいまでは、ものすごい 騒音でみんながしゃべったり、ゲームしたりしているので、気の小さい人だとちょっ と寝るのはきついかもしれません。

でも、8000ウォンで泊まれて、サウナにも入れるのは、非常にリーズナブルだと 思いました。

次の日は朝5時半に起き、サウナとお風呂で汗を流し、朝7時から営業しているあわ び粥のお店で朝食を食べ、釜山港国際 ターミナルまで徒歩で行き、朝9時のジェットホイールで福岡に戻ってきました。

今回は、お泊りをしたいほどの女の子とめぐり合うことができませんでしたが、次回 は是非好みの子を見つけたいと思います。 泊まるつもりで緑町に行き、万一好みの子が見つからなかった場合の保険として、サ ウナの利用はけっこう使えますよ。

今回の費用は、交通費 8500円+13000円=21500円 お遊び代 約8 000円(8万ウォン) 食費 約2600円 宿泊代 約800円 総計 約35000円でした。 この金額で、ちょっとした海外クルーズ気分が味わえ、韓国の女の子とHもでき、焼 肉と韓国あわび粥が食べられたのですから、 よしとしましょう。

次回はもう少し韓国語を勉強して、片言でも女の子とコミュニケーションを取れるよ うにしてからいきたいと思います。

帰りのチケットを釜山で買えば、あと5000円安くなるので、30000円ほどで 1泊2日釜山の旅が楽しめることになります。