地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第887回 サンパウロの遊び場 by Hakushi


サンパウロの最新事情が載っていないので投稿します。

日本人がよく行くボアッチを紹介。まずは「V」。日本の駐在員がいっぱいいる パウリスタ通りからアウグスタ通りをを北に下り、怪しげなネオンの付いた店を 通り過ぎ、左に曲がった処にある店。出張者が来ると連れて行く、初心者コース の店。

以前は日本人のお客がいっぱいいたのですが、最近は日本人駐在員の数が 減り、韓国と中国系の二世が増えています。ほかの店の女の子に言わせるとオリ エンタルのお客が多いと言います。まあ、ブラジル人のお客がぱらぱらといるだ けでほとんどお客は東洋人。

   F1グランプリ開催の時は違いますね。アメリカ人、欧州人の団体で    一杯になる。

お店の料金はボトルが有ると、単に飲むだけならR$12位。女の子を連れ出す 場合はだいたいR$40と女の子の貸しロッカー代R$10を払うくらいです。 (R$1は約40円)。ウイスキーのボトルがR$150位から。

女の子を選ぶ方法は、向こうからアプローチ、目が合ったら「にこっ」と笑うと くる、もう一つはこちらから呼びに行く。この三種類。日本人に慣れた姉御肌の オネーサンを捕まえると、その子の友達をどんどん呼ぶので、出張者を連れて行 った場合はお手軽にきまってしまう。

サンパウロはイタリア系移民が多いので、小柄なイタリア系の黒髪。ブラジル南 部はドイツ系が多く金髪。それにブラジル北部の黒人系が入った少し肌が褐色の 黒髪の女の子。いろいろな人種がいます。ただ、金髪がもてるので染めているこ とや美容整形が手軽に出来るので、どこまで本物かはベットで聞くしかない。  ただ、どの女の子もおしりがキュと上がっていることと、腰がキュとくびれてい る。これを見慣れると日本人の女性は・・・・

連れ出した後は、自分の泊まっているホテル、シティホテル、自分のアパートに お連れするパターン。 お値段の方はR$200~250。これは一回戦でお引 き取り願ってもお泊まりでも同じ料金。連れ出す時にネゴします(ネゴってポル トガル語なんですね!)。

 あのおじさんは背が低いが女の子は背の高い、胸の大きな子を選ぶとか、あん たはこの前は左側の隅で、一人で飲んでいたとか、ポルトガル語が話せて、ちょ こちょこ通っていると女の子からいろんなことが聞けます。

 また、一度も連れ 出したわけではないけど、いつも会釈していると、向こうから話してきたり、一 杯ウイスキーを飲ませたり、男を捕まえて店を出て行くときに、見えないように 合図。まあ、敵側の戦友(?)ですね