地球の遊び方~ タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第853回 シンガポールからバタム島での週末 by  by ジギジギ 三昧


いろいろな海外風俗サイトがありますが、このサイトは最高ですね。毎週欠かさず チェックさせて頂いております。 私も 仕事の関係で 年に30回程 海外へ出かけますが、特に シンガポールへは ほ ぼ毎月出張しておりますので、 いつも 拝見させて頂いてばかりでは申し訳ないと思い、前回の 2003年11月5 日から10日までの滞在中の 夜日記を 投稿させて頂きます。

11月5日

11:30成田発の シンガポール航空便で シンガポールへは18:20着。雨季が 終わりかけていて 現地では 涼しい季節なのですが、東京に比べると さすがに暑い。汗を拭きつつ ホテルへ移動 し チェックイン。

1F ロビーフロアーにある レストランで、お気にいりの マレー風焼き鳥・サテイで 腹ごしらえをして、いざ ゲイラン(Gaylang)ヘ。ここは 政府公認の一発屋が 40軒ほど軒を連ねている 有 名な風俗地帯で、 タクシーの運転手に 「ゲイランへ連れてってくれ」と 言うと、必ず ニヤッと笑っ てきます。

店は2種類のスタイル に分かれていて、1つは 店に女の子は所属していなくて フリーの客が来ると 別の 所で待機している女の子を 一人づつ呼んでくれるスタイルです。基本的に 何回でも チェンジ可能ですが、私の 経験では 3回以上チェンジ するのは かなり勇気が要ります。ここの女の子達は マレーシアから来た中国人で、 これが かなりのハイレベル なんです。何しろ 若くて みんなスタイルがいいので、ほとんどの方は チェンジす る必要はないと思います。

もちろん 気に入った子がいれば 指名する事もできて、その場合は どの店に入って も 指名の子をそこへ呼ぶ事が できるのです。要は、店は シャワー付きのヤリ部屋を 女の子に貸して ピンハネし ている訳ですね。 ハメ代は、シンガポール人は 60分 S$80ですが 日本人も含めて 外国人は 60 分 S$150となっていて、 これは 交渉の余地が無く 各店共通です。

もう1つのタイプは タイ人の女の子達を 置いている店で、こちらは 店の入り口あたりに 小さな金魚鉢があり、その中で 女の子が5~10人位 待機し ていて 選べるようになっています。 こちらは 各店が女の子を管理していて、彼女達は そこで 寝起きしています。

マ レーシアの中国女性達は ちゃんと 3ヶ月の就労ビザを取得していて 3ヶ月ごとに帰国していますが、タイの女の子達 は ほとんどがオーバーステイで、 稼げるだけ稼いで 最後は出頭しているようです。

私には それぞれのタイプで1軒づつ 店主と懇意の行きつけがあり、なにかと 便宜 を図ってもらっているのですが、 今回は タイ人の店の方へ 先に行ってみましたら、店主が 「あんた好みの 若~いの が入ったよ~ !!」って 紹介してくれたのが、何と 18歳のタンちゃんでした。これがまた可愛い~こと た まりません。

正に 私のタイプで、勧められるまま 2時間コースでチェックインです。まずは シャワーで お清めですが 身体を洗いながらも 「立ちボディ洗い」をしてくれたり サービス満点です。

ベッド に移るとディープキスから全身を ペロペロ20分位舐めまわしてからシックスナイン、お~っと !! 毛が無い !! 天然 のパイパンではあ~りませんか。

私も 思わず 舐めまくっちゃいましたよ。このままでは 制御不能になりそうだった ので、ゴムを嵌めてもらって 突入です。いや~ 鬼畜のごとく突きまくり 若い体を堪能させて頂きやした。(ちな みに 私の長女は 彼女と 同じ年齢です・・・) その後は 時間一杯まで ベッドの上で弄くりっこをしな がら タイ語のお勉強をして過ごしました。

11月6日

この日は 朝から オーチャード通りのオフィスで 社内会議です。夕方6時半頃に終 わって さあどうしようか と思い ながらも また タンちゃんに 会いに行ってしまいました、デジカメを持って。昨日 聞いた携帯に電話しながら移動 していたので 待ち時間も無しで 御対面です。いや ほんとに この子は相性がいい。 最高でした。ですから 店の 番号は 勘弁して下さい。すみません。

11月7日

この日も 朝から会議があり、終了後 メンバー全員で ディナーとなり 夜9時頃 解 散となりました。取り敢えず ホテルへ帰って 荷物を置いてから、オーチャードタワーの方へ ブラブラします。こ の オーチャードタワーというのが なかなか エグイところで、昼と夜で 全く 違う顔を見せてくれます。昼は 繁華街に よくある 店舗とオフィスが同居 している 普通のビルなんですが、夜になると 中に数件あるパブやディスコに 援交 目当ての女の子達が 大量に 集まってきます。

ほとんどが タイ人なんですが、3階にある「マカティ」だけは フィリピーナの店で、中のバンドや 従業員も みなフィリピン人です。このビルにある店は あくまで飲み屋で、ビールや コーラ等は 全店 まともな 価格設定で、これだけで帰っても 何の問題もありません。しかしながら、8時を過 ぎると 女の子達が どこからとも なく現れて、9時頃には その数は 各店共50~60人にもなりますので、まともな 男だったら ビールだけで帰るのは 不可能だと 断言しておきましょう。

ただ 女の子達のレベルは かなりバラつきがあ り、時間をかけて ゆっくり 選択しないと なかなか これは !! と思う物件を手に入れるのは困難です。援助額も 交渉次第で、9~10時頃は 強気に S$300とかS$350なんぞと 言ってきますが、12時を過ぎると 値崩れ を起こしてきます。私の独断での 基準値はショートS$150、泊まりS$250 あたりが 妥当額ではないでしょうか。

私も ビールを頼んで女の子達を眺めていたら 一人の子と目が合い ウィンク。 「Hello !!」と寄ってきた子は イロイロ島出身の Janine ちゃん。 フィリピンの 食い物やスラングの話しで盛り上がり、援交額も決めずに 着いてきま した。

ホテルへ帰って暫しお話し。自称22歳で日本人は私が初めてらしい。その後脱がし てみて腹部の妊娠線を発見、 事後 問いただしてみると、3歳の子持ちで 出稼ぎに来ている事が判明。でも まあ 積極的なベッドマナーに 本気印の 悶えっぷりには 感動しました。

何しろ 「ノースキン OK !!」と言われて 嬉しいや ら 怖いやら・・・ 写真は「事前」、 「事後」の2枚です。

11月8日

仕事も 昨日で終わったので、この日は Janine ちゃんと ルームサービスの朝食をは さんで 昼までベッドでイチャイチャ。 1時頃 2人でラッキープラザの アジアンレストランへ 昼食をとりにいき、フィリ ピンでの再会を約束してバイバイ。 今回は 会議が金曜日に終わるので、週末を インドネシア版「渡鹿野島」で過ごそう と 計画していたのでした。 ホテルへ戻り チェックアウト後、早速 タクシーで ワールドトレードセンターへ移 動し フェリーの搭乗手続きです。

ちょうど1時間後の バタムセンター行きを購入。料金は 往復分で S$26です。こ の バタム島というのは、シンガポール に 最も近いインドネシアの島で、フェリーでわずか40分の距離でも そこはもう 異国のインドネシアです。

実は私はバタム島へは初めての滞在で事前に予備知識が無かった為、インターネット でホテルだけ予約して 出掛けたのでしたが、現地で 3ヶ月前にオープンしたばかり という「プラネットホ リデイ」というホテルを見つけて かなり後悔しました。次回からは ここにするぞ。

ここバタムでは、たくさんの「カラオケ」がありますが、個室には ほとんど カラオ ケセットがありません。WHY ? だって誰も歌わないのです。その代り どの店にも置屋のようにひな壇があり、女の 子が20~30人位 並んでおります。

客はここで女の子を選んでお持ち帰りする訳です。ショートはなく 泊まりのみで、 料金は 250,000~300,000 ルピア (約3,500円 !!)です。わざわざフェリーで来た甲斐があるんですよ。 他にも ディスコでも 若い子をゲット できて、こちらも 泊まりで 300,000ルピアと 同じです。

この日は 何軒かの「カラオケ」を見てまわり、最後に 「Louis」という店で Wiwi ちゃんを ピックアップしました。 この子は写真では老け顔ですが見た目は若く、スタイルがバツグンだったのです。

恥ずかしがり屋でしたが いざとなったら よく濡れる子で、結構 堪能できましたが 1つだけ問題が・・・ この子は 英語が 全くダメで、現地語オンリー。ジギジギ(sex)以外に 間が持ちません。こ の時期は ちょうど イスラム教の ラマダンの期間中でしたので、朝食と昼食は 食べないらしいので 早朝に さっさと お帰り頂きました。

11月9日

昼間は 当ても無くブラブラと 中心地を探索。ここは ジャカルタやティモールと 違って、治安は かなりまともで 一人で 裏路地を歩いても ジロジロと見られるだけで 何も起きません。ただ 日本人とわか ると、タクシーが 次々止まって 「乗れ !! 乗れ !!」と しつこいのには閉口しました。

さて 夜は、ホテル内の「カラオケ」を ひやかして 時間を潰してから、前日に タク シーの運転手から教わった「プラネット」 なるディスコへ繰り出しました。入場料は 25,000ルピア (約300円)。こ こでは 個別に話しをしてみて 是非 多少でも 英語のできる子を捜そうと 心に決めています。恥も外聞も無く 手当たり 次第に声をかけてみますが 皆現地語しか話せません。やっとの事で 18歳の カタコト英語のデシちゃんと 3 00,000ルピアで 意気投合。

これまた バツグンのスタイルと若さで 弾けています。クリを転がしてやると ヒー ヒー言って グチョグチョに濡らして くるではありませんか。これで 4,000円弱とは・・・・嵌りそうです。 写 真を撮り忘れたのが 悔やまれます。 珍しく 朝まで2回こなし、朝食タイムに帰って行きましたが、この子も 明るくて シロウトっぽくて よかったなあ。 インドネシア、侮れません。

11月10日

遅い朝食後 荷物をまとめて チェックアウト。フェリーで シンガポールへ戻り、夜 便で 日本への帰途につきました。 バタムでの2泊3日、全て込みで 約30,000円。どうですか皆さん? 行って みませんか。

次回は、香港 3泊4日の予定です。また 御報告致します。

みんなの海外風俗体験記を募集中です!投稿は こちら!から

旅は道連れ 世は情け「一緒にGOGOでも行きませんか?」 友達募集BBS