地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第839回 彼女との初セブ by ナカノ


セブの情報が少ないのと今後セブへ行く方の参考になればと、投稿します。

一日目

  名古屋から午前の便で出発し、経由して予定どおり、夜7時過ぎにセブ マクタ ン空港に到着した。  今日と明日は、セブ市内のホテルに宿泊するため、空港からタクシーで向かう。女 性のドライバーで、明日タクシー  を半日チャーターしたいと伝えたら、明日電話をくれと名刺をくれる。

初めての所 で暗いため、何処を走っているか 分かりません。ドライバーが女性なのか、当方男一人の状況だが、女性紹介の話は 何もない。  こちらも何も聞かない状態で、30分程して、ホテルに着きました。190ペソを払 う。

  ホテルにチェックイン後、夜の遊びの行動開始。ホテル前のタクシーに乗り、事 前に本やインターネットで調べた  近くのハナバリへ行くよう指示する。ハナバリの前に到着したが、門は閉まってお り、人の気配が無い。道の向かい  側に居た男が近寄って来て、クローズと教えてくれる。さらに勝手にタクシーの助 手席に乗って来た。 

紹介リベート  目当てのことに気づいたので、「ノー」と車から降ろす。ドライバーへ遠くはなる が、さっき来たばかりのマクタン島へ  行くよう伝える。うまくいかず少しイライラしている自分に気づく。あせると女性 のプライスが高くなるよと自分につぶ  やく。さっきの女性ドライバーに、カーサかゴーゴーへ寄るよう言えばよかった な。

  しばらく走行し、信号で止まった時、ドライバーから私の知ってる店があるから 行くかと言う。遠くのマクタン島へ 行かなくても、近くで良いだろうという言い方をされる。O.K.と言ったら、知り合 いの女性を介して3人の女姓を紹介  される。この3人から選べと言う。一番若そうな真ん中の女性を選ぶ。ホテルに戻 り聞いたら、20才と言われる。

 連れ出しプライスは、3000ペソと言う。「マハール」の一言で、2000になる。まだ 下がりそうだが、当方疲れてきた  のでO.K.を出す。まだ修行が足りません。   彼女、日本語がほとんど話せず、少し分かるようですが、英語のみでの会話とな る。勿論私ペラペラではありま  せん。

外出するとき、この服装は露出度が高いのではづかしいと言われ、ロビンソ ンデパートで190ペソのTシャツ  を買ってあげる。この後、2回も有難うと言われ、本当に喜んでいる気持ちが伝 わってくる。

  メークラブは、生でかまわない。妊娠があなたは、心配なら外へ出せと言われ る。私は、そんな器用なことはでき  ないと、かぶせてから、彼女にのっかかる。すぐに私が出さないと分かると、向こ うから上に乗ったり、おしりを突き  出してきた。満足!ラブの後、彼女は急に寡黙になりました。理由を聞くが答えて くれません。

実は、2ヶ月のベビー  が居て心配なのでアパートへ帰りたいと言う。タクシ代150ペソを渡したが、帰っ て行かない。彼女には2日間と言って  あります。相手の立場を察して500ペソをだしたら、にっこりして帰っていく。早 朝で眠いが、彼女をタクシーに乗るまで  送っていく。勿論、悪いムシがつかないため、もう私というムシがついているか。

二日目

  遅れること約1時間、約束のタクシーが来ました。フィリピン人は時間にズール ですね。早朝に帰った彼女もその  時間にはホテルには戻っており、一緒にタクシーに乗る。セブ市内を5時間かけて 案内してもらう。1100ペソ払う。  払いすぎか。今日は夕方、アパートへ帰りたいと言う。気持ちよく許す。実はホテ ルから歩いて数分の所にゴーゴーが  有るのを知っており、彼女がホテルへ戻るまでパロパロできるとニンマリする。

  軽い夕食を食べ、ゴーゴーへ向かう。間違いがなければ、店の名は、デインプル ズだったと思います。8時前と時間  が早いのか、客は私一人でした。奥のカウンター席に座ると隣にチーママらしい女 性が座る。200ペソだが一杯飲ん  でいいかと言う。

ちなみに私は、90ペソのサンミゲールビアーです。顔、スタイル とも嫌いなタイプではなかったので、  O.K.を出す。踊る女性は10数名いました。服装は黒のビキニでした。その内の一人 にアイコンタクトするが、隣に座って  くれない。チーママが声をかけたらすぐ隣に来た。私は内気だから来なかったと言 われる。つまり、私は好みではない  と言うことか。3人になったので、ボックス席に移動する。

一番前にいたので、気 づかなかったがお客は、6,7人いた。  日本人は私だけのようです。二人に一杯づつ飲ます。この時点で700ペソの支払い になったと頭の中で計算する。  (このお店はオーダー毎にサインするシステムでしたので、明朗会計です。はじめ てのお店ですが、安心して飲めます。)

 この後、ホテルでメークラブが有るので、両手に花でしたが、今日は連れ出し無し だと伝える。しかし、チーママは、積極  的にアプローチして来る。なお本人の自己申告では、ママ27才、踊り子23才とのこ とです。

  バーファイン2000ペソは高いし、飲むだけだと再度伝える。若い方が隣に居るに もかかわらず、オッパイを見せて、閉店後、  個人的にホテルへ遊びに行くから、場所を教えてくれと言われる。今日は飲むだけ だと、チェックし、700ペソ払う。二人に  チップを各100ペソを渡す。勿論、下着に入れて渡してきました。

  ホテルに戻ると、彼女は、約束の時間どおりに部屋のドアをノックしました。 フィリピン人でも約束の時間を正確に守る人  が居ました。本日のメークラブは前からも後ろからも濃厚にやりました。最初は、 生フェラから開始です。その後の手こきも  上手い。早朝、彼女から又セブへ来てねと名前と電話番号のメモを渡される。2日 分の彼女の分4000ペソ(円換算で約8000  円)を支払う。2ヶ月の赤ちゃんを育てる苦労が話の折々に感じられ、少し身につ まされました。タクシーに乗るまで見送る。

三日目   12時前、チェックアウトし、マクタン島のビーチホテルへ向かう。40分程で到着 し、300ペソを支払う。ホテルタクシーは安全  ですが、高い。

  このホテルは周囲が4mほどの塀で囲まれ、セキュリテイが厳しそうです。ドラ イバーはIDカードを入門時提出し、出門時  返してもらうシステムです。12時30分頃チェックインしましたが、韓国人の客で混 雑していました。

  一日目の夜、前から知合いのマニラの女性からホテルに電話がありました。日本 を発つ前、セブシテイのホテルに居る  から来ないかと連絡してあったのです。三日目の夜にマニラから飛行機で行くよと のことです。セブの女性とパロパロでき  ないが、わざわざ来てくれる気持ちをくんでこのホテルを教えました。チェックイ ンは一人で、チェックアウトは二人です。

 ジョイナーフイという余分なものは払いたくないので、彼女の名前を入れて、予約 しました。   この後、プール横の白いチェアーで寝たり、プールで泳いだりして過ごしまし た。この時、彼女は4回電話したそうです  が、私は、部屋の外に居たので電話を受けることができませんでした。ホテルに着 く時間を知らせたかったとのことでした。

  9時過ぎ、ホテルに到着です。今日は泳ぎ疲れたので、メークラブ無しと伝えた ところ、彼女に異議があるはずは有り  ません。二人とも、11時には夢の中です。

四日目

  早朝メークラブ開始です。彼女は寝ていますが、目をさまし、付き合ってくれま す。正上位のみで終了。私は、ホテル内  の散歩。彼女はスリーピングです。多分起きて、シャワーが終わるのは、10時頃で しょう。

  10時頃セブ市内のアヤラS.C.へ出かけました。S.C.では先ず、彼女の帰 りのマニラ行きのチケットの購入です。往  復分として100ドルを渡してました。少し払い過ぎかな。マクタン島へ行くタク シーは、帰りのお客を乗せる機会は極めて  少ないためメーターでなく、金額交渉となります。

おとなしくしていると多分300 ペソと言われるでしょう。私は、交渉し、200  ペソの支払いです。ドライバーは乗ってから、100ペソも持っていないと小額のお 金を見せられましたが、私もお金がないと  チップと称して20ペソプラスしました。

五日目

  朝、お別れのメークラブを2回しました。あなた元気あるねと言われましたが、 三日目しなかったのでがんばらないとね。  デジカメで撮影しながら、一枚一枚脱がしていきました。興奮しました。彼女はあ んたも好きね、勝手に裸を撮影しろと言う  感じで、私一人はしゃいでいました。

次回はもっとイヤラシイポーズをさせようか な。チェックアウトの時間が来たので、終了。   空港に向かうホテルタクシーの中、チップとして5千円渡しました。別に2日分の お金と彼女の勤めるマニラのお店への  連れ出し料約1000ペソを支払いました。 セブの2000ペソの約半額です。

多分マニラ はネットのプライスで、セブはドライバー  へのガイド料を含んだグロスのプライスだと思います。(ガイド無しなら約1000ペ ソで十分のはずです)   次回は、マニラで彼女に会うでしょう。マニラのホテルは決定済ですので、ホテ ルに問い合わせてくれと伝えました。彼女  の名前も入れて予約しておくとも伝えました。   最近日本からのお客さんは、少ないようです。私の見た所、ボッタクリ価格とS ARSの影響でしょう。

ボッタクリ価格だと  ますます日本人客は減ります。マニラセンチュリーパークホテルに近いカラオケの 一軒はクローズ、隣のもう一軒は青息  吐息と聞きました。