地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第834回 ドイツ風俗探検旅行 その1 by さんたろう


2003/9 ジャーマンレイルパス(5日)を日本で購入して、9/7~13日までドイツ1周& 風俗探検旅行(こっちの方がメインだったりする)をしてきました。 今年の夏のドイツは猛暑だったそうですが、さすがに9月になるとフランクフルトは 肌寒いので、長袖のセーターが必要でした。

フランクフルト空港からSバーンの電車でフランクフルト(MAIN Hbf)駅へ向か い、駅の観光案内所で一番安いホテルを紹介してもらったが ちょうどフランクフルトモーターショーがある為、フランクフルトとその近郊都市の ホテル代が通常の2倍位に高騰しており、99ユーロ/日もする為、 フランクフルト滞在は1泊のみとしました。

初日は、疲れていたこともあり、ホテルに荷物を預けて駅近くにあると言うエロスセ ンターに行きました。 場所を良く知らなかった為、タクシーに乗ったところ運転手に駅前の通りを右に回っ た200~300m先にあるので歩いて行けと言われた為、歩いて行くことにしまし た。

駅から歩いて数分のエロスセンタービルに入ると、7時をまわったころなのにお客の 数は数人で閑散とした雰囲気でちょっと不安になりました。 薄暗い迷路のような廊下と階段をうろうろして、1階から4まで部屋を覗いて回りま したが、1階あたり20部屋ほどで、扉が閉まっている部屋では○○○をやっている と思われるが、 たいていの部屋は扉が開いていてピンクのライトに照らされた下着姿のオネーチャン がセクシーポーズで誘ってきます。

いろいろな人種のオネーチャンがいましたが、ドイツに来たからには金髪のオネー チャンと1発やると心に決めていたので、 とりあえず、一番気に入った金髪の綺麗な顔をしたネーチャンの部屋へ入りました。 しかし、これがとんでもない女でした。

部屋に入るまでは気が付かなかったのですが、かわいいのは顔だけで身長は190c mはあろうかと思うほどのモンスター女でした。 30分50ユーロで裸になってベットに横になれと言っているのでお金を渡して裸に なってベットに横になると、下着も脱がずに猛烈な手こきを 始めたので、ちょっと待てと言うつもりでネーチャンの股間に手をやったら中指が骨 折するかと思う様な関節技をくらわせてきました。

おそらく、百戦錬磨のやり手女だと思いますが、もうちょっとで中指が骨折するかと 思ったほど酷い仕打ちでした。 力が強くて大柄な女に下半身を押さえ込まれ身動きができない状態でこんな事をされ たら逃げ出したくなると思いませんか?

ドイツまで来てこんな手こきのみでは悲し過ぎると思い、とりあえず気を取り直し て、FUCKは無しか?と聞いたところ、あと100ユーロ出せと言っているので、 かなり迷ったが 100ユーロを渡しました。金を受け取ると少し態度が変わりブラジャーとパンツを 脱いで胸は触っても良いが、あそこは触るなと言ってきました。

Eカップはあろうかと思うほどのバストは垂れていたが、大金を払っているので、触 りまくりました。FUCKさせてくれるものと期待していたが、 こちらのあそこが勃起していないのを見てすぐさま猛烈手こきを続けてきた為、あえ なくイッてしまった。

すると、イッてしまってはFUCKできないとかましてきたのでさんざん抗議したが 相手がモンスター女だった為、力でも勝てそうにもなく退散させられる羽目に (泣)。 決して俺は早漏ではない、むしろ遅漏ぎみなのだが、こんなシゴキをされていかない 奴などいるはずがない。最初からぼったくりするつもりでやっているとしか思えな い。

そう言えば、アムスの飾り窓体験記にさんざんな目にあった報告があったが、こんな 酷い目にあった例は他にはないのではないか?手こきで150ユーロ!!(泣) エロスセンターには二度と近づかないと心に決め、その夜はホテルへと戻りました。

<教訓> 女を選ぶ時は、可愛いのは当然として、愛想が良くデカ女でない事。特にオランダ女 はデカいし愛想が悪いので要注意!、 フランクフルトのエロスセンターは、ぼったくりセンターと名称を変更すべきです。

<追伸> ドイツで有名なFKK OASEとアトランチスにも行ってきましたが、この報告は 後からします。 FKKに1度行けば、エロスセンターなんて二度と行く気がしなくなりますよ!