地球の遊び方~ タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第809回  韓国置屋体験 by タケカツ


2002年9月にこのサイトの情報を頼りに韓国で楽しんで来ました。 職場の上司2人との3人旅行でした。 秋夕(旧盆)を挟んだ日程だったので、少々活気は少なかったですが韓国&韓国の アガシを十分堪能して参りました。

1日目(清涼里)

上司のたっての希望で初日は清涼里に繰り出しました。 夕方からカジノで遊んでそのままタクシーで向かい、着いたのは11時少し前でした。 ロッテデパートを大きな通りを背に見て右手の方向に歩いていくと奥に立体駐車場が あるのですが、その路地から薄くですがピンク色の明かりが見えてきます。そのまま 進むとその明かりはどんどん濃くなってきて路地に着いた時には感動に近い感情が込 み上げてきました(笑)

ピンクといってもすべてがピンクな訳ではなくて蛍光灯にセロファンを巻き付けて色 を付けているので、オレンジとブルーを使っている店も多数ありました。とにかく形 容しがたい光景が映ります。 とくにHな感じではなく、明るすぎる祭りの縁日って感じですね。

でも、実はココ裏通りなんですよね。もう1本それたところがメインストリートでホ ントに沢山の店が並んでいて、アガシ達が手を振っています。各置屋は大体横5m、 奥行が1.5mくらいしかありません。大体各店2、3人のアガシが手を振って呼び込 んできます。警察官が巡回していた事もあり、強烈な呼び込みはありませんでしたが、 車も通るのでどうしても路肩を歩くハメになり、アガシ達に肩を叩かれたり腕を引か れたりします。

、、、こんなに女性にモテたのは生まれて初めてじゃないでしょうか(爆) きらびやかな風景とアガシに見とれて2周も回ってしまいました。上司達は目当ての アガシを見つけた様で、それぞれ別れて終わったら、ロッテデパート前集合というこ とにして個人攻撃開始です!!

私もそれなりにいいなぁと思うコがいたので、その店に向かってみると、、、もうそ のアガシはいませんでした(^-^;) でも気にしません。なんと言っても選択肢が多いですから、次の目星のコのいた辺り に向かいます、と、その途中に観月ありさの色気を5倍にしたようなアガシが、、。

スルスルと引かれる様にすり寄っていき、60000W(6000円/15分)である事を確 かめて入りました。アガシが桶に水を汲んでくる間に服を脱いで待ちながら部屋のチ ェック。入った部屋は想像以上に広く大体畳で6畳分はありました。冷蔵庫、クロゼ ット、クイーンサイズのベッド(エアコン完備)テレビに小さなテーブルもあり、と ても生活感がありました。あとゴミ箱が2つあって、1つには兵共の夢の跡、もう1 つには山のようなスキンが入っていました(笑) 部屋の電気もピンクのセロファンが巻いてあり、気分を盛り上げてます。

アガシが水を桶に汲んで部屋に入ってきます。立ち上がった状態で愚息を洗ってもら い、濡れタオルで拭いてもらうとベッドに上がるように言われました。アガシも服を 一気脱ぎしてスキンを持ってベッドに来ます。 しかし、あのパンティとズボンを一緒に脱ぐのは興醒めだなぁ、、、(^-^;)

始めはアガシが上で軽いキス、乳首舐めから下へと舌を這わせ、フェラします。袋も 丁寧に舐めてくれて愚息はギンギンです。(と言うより洗う時点で既に発射オーライ 状態でした)スキンをかぶせてもらい、彼女はアソコにローションみたいなのを塗っ ていました。ベッドが安いのか、壁につけて置いてあるからか、こちらが責めると、 壁やベッドがギシギシいうのでアガシが手で壁とベッドを押さえてのプレイでした。

旅の疲れか緊張感のためかなかなかイカなくて時間がオーバーしてしまっているのが 分かりました。腰が悲鳴を上げている時に丁度部屋の外から催促っぽい感じの声がか かります。「もう時間過ぎてるよぉ!」だと思いますが、アガシは軽く生返事をして そのままプレイを続けさせてくれました。それからしばらくしてやっと放出する事が 出来ました(^-^;)

アガシはスキンを外し、ティッシュで拭いてくれ、そそくさと自分の服を着はじめた ので私も慌てて服を着ます。ちょっと最後が事務的だったのですが、ま、時間オーバ ーなので仕方ないでしょうね。言葉は英語も通じませんでしたのであまり交わせませ んでしたが、カムサハムニダ(ありがとう)とだけ言って店を後にしました。

上司2人と合流して模範タクシーで帰りました。明洞までで約9000W(900円)で した。ホントに韓国のタクシーは安いなぁ、、。 ホテルに着いてビールを飲みながらお互い情報交換をしていると、店によってサービ スや部屋の中も全然違いました。まず桶で洗うのに真水ではなくて、泡の立った水を 使ったり、濁った水(イソジンなどが混ぜてあるように見えたそうです)で洗われた り、部屋も小さめのベッドしかないトコだったそうです。

サービスはひとりは軽いキ ス&ア○ル舐めあり、もう一人はどっちもなしだったそうです。私はア○ル舐めはな しでした。終わってからもずっと抱き着いていたアガシもいれば、私のように愚息を 洗ってくれもせずに部屋を出てしまうアガシもいます(タイムオーバーなので仕方な いですけど)

2日目(竜山)

この日から所謂「秋夕」と呼ばれる韓国のお盆に入りました。明洞は活気がありまし たが、果たして置屋街はどうなのでしょうか。。

ア○ル舐めしてもらう期待に胸をふくらませて念入りにシャワーを浴びたりして夜 10時に地下鉄にて竜山へ出掛けました。 地上へ出ると大通りの横へ出ます。「あれ?置屋は何処かな、、、」と思ってその まま大通りを歩いていくとピンクの灯が薄く見えてきます。

置屋通りに出てがくぜんとしました。清涼里より小さいと聞いていましたが、ホン トに小さい、、、、と思ったら3分の1程しか店が開店していませんでした。 全部の店が営業していれば清涼里にのメインストリート分くらいです。竜山のイイ 所は道が広いところでしょう。盆だったのであまり熱の入った客引きはありません でしたし、通りが広いので落ち着いてアガシから距離をとって、じっくり眺めて選 ぶ事が出来ます(笑)

道へ出ての営業はお互いの置屋同士で協定を結んで控えているのだと思います。 清涼里でも腕を掴まれたりしましたが、絶対にアガシは道へ出てきませんでした。

さて、メインストリートを通り過ぎたので裏通りへと足を進めます。 聞いていた程清涼里との年令の差は感じませんでした。実際若いコもそれなりにい ました。でも確かに妖艶と言う言葉が似合うベテランも混じっていました。 女性のレベルは確かに清涼里の方がキレイなコが多かったと思います。

裏通りのアガシは積極的な客引きをしないので、それもいい点だなぁと思いました。 結局アガシを選ぶ時ってテレパシーみたいなものですね。目が合った時に何か通じ 合うと自然に身体が店にすり寄っていってしまいます(私だけ??^-^;)

上司達は同じ店の姉妹に2人で入って行きました。私はベテランの中では若手っぽ いアガシにお願いする事にして中に入ります。

部屋は昨日のトコよりは小さい感じでクロゼットはありませんでした。同じく服を 脱いで待っているとお約束の桶に水を汲んでアガシがやってきます。愚息を洗って ここではティッシュで拭いてくれました。アガシが服を脱ぐ前にテレビを付けて何 も映っていない青い画面にして電気を消して服を脱ぎはじめました。 ベッドに行き、軽いキス、乳首、フェラ、ア○ル舐め、袋舐めなどをしてきます。 スキンを付ける時にどうも愚息が大きいらしく、ジェスチャで大きいと言われてし まいました。

昨日のアガシもスキンを付けるのに手間取っていましたし。。今回の アガシはアソコが小さくて奥行きもない典型的な韓国人タイプで、ちょっと人より 大きめの私の愚息では3分の2も入らずに底突きしてしまいます。ローションなど はつけずに挿入OKだったのですがどうも大きいため、相手が痛がっているみたい でした。早くイッテもらいたいみたいで、足を腰に絡み付けてきたり、アソコを締 め付けてきましたが、いかんせん深く突けない物足りなさがあり不発で終了となっ てしまいました(^-^;)

終わって、愚息を洗ってもらう時にも指差して「大きいんだから」と言われ、誉め られた喜びよりも不発の悲しみに暮れてしまいました。私が物足りなくてイケなか った事が分からなかったみたいで、アガシは冷蔵庫から栄養ドリンクを1本くれま した。これで精力つけなさいって事かな、、、。

上司2人(36と37歳)は元気に発射してきたそうです。 それにしても開店している置屋の少なさが3人の話題となりました。 「このお盆に入ってのあの活気の清涼里はどうなっているのか?」 あら、、、明日の夜はもう一度清涼里になってしまいました(^-^;)

3日目(清涼里)

午後10時ゴールデンタイムの清涼里を目指して地下鉄で出発! それにしても地下鉄の安い事。初乗り70円、遠乗り80円の2種類しか料金設定が ないですし、大体何処でも70円で行けます。 初乗り料金は日本の地下鉄も見習って欲しいです。

清涼里に着きましたが、、、あら、、、、(^-^;) やはりお店の3分の2くらいは閉まっています。 でもここは元々の店の量が多過ぎるくらいなので、これくらいのほうが選び易い かも知れません。ぐるりと一回り回ってみましたが、裏通りの方が開店している 店の率は高く、表通りよりも活気があるように見えました。

「やはり来る時期を 過ってしまったか、、、、。」などと難しく考えているうちに宝生舞に似た色気 抜群のアガシを発見!! 年令のため3発は難しいと思い、「好みがいたら入る」と言っていた上司2人は まだ迷っていましたが、私は一人そそくさと入りました。昨日不発だし(笑)

昨日のアガシは小柄だった事もあり、今回はある程度大きなアガシである事を入 念に確認した上で入りましたので、アソコがきつくて奥行きがないって事はなく、 安心して突きまくり、最後はバックでフィニッシュしました。おっぱいも今まで のアガシの中では最高でしたが、やはり遅漏気味で、時間ギリギリでした(^-^;)

置屋で着飾ったアガシ達を見る時に見落としがちな大切なポイントがあります。 必ず足下を見て下さい。彼女達はビックリする程の厚底サンダルを履いています。 ファッションもパンツルックが多いのでサンダルを履いているのかは一目では分 かり難いですが、ゆっくり見ていると足を組み換えたりする時に分かります。 私のように身体の大きな人間には小柄なアガシだと竜山のようになってしまい 満足出来ない事もあり得ますので。

あとオッパイ好きの貴兄は腕を組んでいる女性に注意して下さい。あちらの女 性は大体胸が小さめです。それを隠すために腕を組んで胸を持ち上げて谷間を 作ったり営業努力をしているアガシ達が多くいますので。 私は大きさよりも形重視です(爆)

今回は英語が分かるアガシだったので少し話をしましたが、やはりお盆は置屋 に働いている女性の多くも里帰りするそうです。また、置屋のママが休業にし てしまう所も多いそうです。また部屋に住み込みみたいにしているコもその店 にはいませんでしたが、そうゆうコがいる店もあると言っていました。

終わって愚息を洗ってもらうと彼女は急いで部屋を出ていきました。ゆっくり と着替えを終えて店を出る時にはもう彼女はバンバン営業していました。 たくましいなぁ、、、。

待ち合わせ場所に行くと既に1人の上司はいました。 「店入らなかったのですか?」と聞くと、さすがに3発3日はツラいので、 入って気持ち良くなった時点でそのまますぐに放出してしまったので、上がり が早かったとの事(笑)ほどなくもう1人の上司も帰ってきましたが、そちらも 楽々発射だったそうです、、、、バケモンですね、、、(^-^;)

帰りのタクシーの中の話題は置屋の事ではなく「どうして竜山と清涼里の駅の 公衆便所には紙だけでなくスキンが売ってるだろう?」でした(笑) 銀タクを拾って帰りましたが、別に模範と金額は変わりありませんでした。

その他

食べ物は安くて美味しかったです。ただお盆の為に予定していた店が休みだっ た所も多く残念でした。一番活気があった明洞ですら秋夕の時期は半分もお店 がやっていないです。デパートも休みだったし。

置屋も休みが多く、竜山の本来の姿は見る事が出来ずに終わってしまいました。 あと置屋は文字通り「ちょんの間」なので、遅漏気味の私には少々時間がキツ かったと思います。ダブルで入る事もできるので、次回は最初からダブルで入 ろうと思っています。

韓国で全体的にお店などが休みになる時を聞いてきましたので、旅の参考にし て下さい。

新年2日(1月1日~2日)、旧正月(2月初旬)、旧盆(9月中旬)です。

長々と書いてしまいましたが、参考になれば幸いです。

みんなの海外風俗体験記を募集中です!投稿は こちら!から

旅は道連れ 世は情け「一緒にGOGOでも行きませんか?」 友達募集BBS