地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第798回  「新・身請けしちゃいました」by matsu


2003/07/10- 最近は、モトバイに 「村へ行ってくれ」と言っても 「あそこはもうクローズしている。他にいいところがある。そ こへ行こう」 と、言われるが、 「いいから行け」 と行かせる。

ここで紹介されているように、川沿いの道を北上すること20 -25分。 左側にモスク、大型車の駐車場、レストランが見えてきたらあ と一息。

今現在、道路の舗装工事は終わっているが、例の看板がなくな っているので入り口が分かりにくくなった。テラス付のきれい な家が何件か見えてくるが、路地の入り口に人の顔の看板があ ったら中を覗いて見よう。一番館が見えたら、そこが目的地で ある。

ワンポイントアドバイス バイタクをつかまえるときは

1.流しで走っている
2.年のいっている
3.汚いバイクに乗っている
4.英語を話せない人がベター。

英語が話せなくても、「S」までと旅行者が言えば、連れてい ってくれます。 目的地に着いたとき、路地の入り口で下ろしてくれたらバック マージンの心配はありません。

村の中をフラフラしていると村のひま人が寄ってきて、 「案内してやる」 といってくる。なじみの店がないなら、こいつに案内させるの もいいかも。あとで、チップを1ドルくれと言ってくるが安い ものかもしれない(俺はこいつに頼んだ事がないのでどうなる 事やらわからないが)。

今現在、開いている店は、#5、#6は確認したが、娘に聞い たところ、ほとんどの店が開いているらしい。 まったく人気のない様に見える一番館も娘いわく、やっている って言っていた。

さて、本題へ。 俺のオキニの店は#5である。 2月に来たときには 「7月に選挙がある。これはビッグプロブレムだから、5月い っぱいで一時、店を閉める。その間は、田舎に帰れる」 と娘が言っていたが、5月に来てみると、

「店は閉めないことになった。田舎には帰れない」 とのこと。相当楽しみにしていたはずなのに。。。(この娘は 2年、田舎に帰っていない)

で、5月に再び参上。 この時、娘が言っていたのだが、 「おととい手入れがあって、朝の6時から夜の9時まで、家に 帰れなかった。怖かった」 と言っていました。

また、俺は、 「君を日本へ連れて行きたいが今は、準備ができていない。今 度来た時はいっしょに、君の田舎に帰ろう」 といって別れました。

その時、娘が Don't say "good bye".Just say "see you again". といってくれました。

次に会えるのは、 「サマー・バケーションの時だから8月だ」 と言っていたんだけど、どうも娘のことが心配になり、7月1 0日に再度来ちゃいました。

娘が、もしかしたら、8月に来ても店が閉まっているかもって 言っていたのでね。

さて、俺の定宿は、ニューヨークホテル。ここは、セキュリテ ィーがしっかりしているし、ホットシャワー(ほんとに熱い) が出る。

ちなみに、このホテルなら、餃子館、インターネットショップ 、旅行代理店、スーパーマーケット(Big A)も歩いてい ける。 ちなみに、食事ならニュー・パリスがおすすめ。タイ・中華・ ベトナム料理がある。 モニボンを北へ、二つ目の信号を右に折れて、数件目。

えー、Tを連れ出し、 (ちなみに、おれは、毎回40ドル払っていた。娘に聞いたと ころ#5は40ドルだといっていた) さっそく、借金はいくらか聞いてみたが、 「分からない。ほんとうに分からないの」 とのこと。

衣食住の支払いはすべてつけでしているために、いったい、自 分の借金がいくらなのか、本当に分からないらしい。 だもんで、次の日に、ママさんに聞いてこさせる。 ママさんは、借金は1500ドルだが、1000ドルに負けて やるとのこと。

こっちの、事前情報でも、500-1000ドルくらいと踏ん でいたのでさっそく翌日、娘と村へ。 ママさんに1000ドルを渡し、これからの段取りを聞くと、 ママさんがベトナムに帰るときに娘もいっしょに帰るらしい。

それが、なんと、次の日で、早朝3時に出発。 別れ際、娘が、 「タクシー代を40ドルくれ」 といっていたが、なんとなく、聞き流していたらそれ以上言わ なかったので渡さなかった。

さて、俺はと言うと、昼間、ベトナム大使館へ行きビザを取得 。 当日発行で3ヶ月有効のビザを35ドルで発行された。(某ガ イド誌に書いてある料金と全然違う。写真もいらなかった) さらに、旅行社へ行きホーチミン行きのバスチケットをゲット 。

ホテルまで帰ってくると、前に使ったことのあるモトバイのラ イダーが俺を待っていた。

「今夜の女を世話をする。クメ女なら15ドル。ベトナムガー ルなら23ドルでいいと言う。(23ドルのうち3ドルがやつ の取り分)」

とにかく、今、SARSなどで客が少ない。と愚痴をこぼす。 その後も、如何にガバメントがだめかという話を聞いた後、 「今日は、女は要らない。一人で寝る」 といって、別れる。

(ちなみに、なんで日本からプノンペンへの直行便が就航され ないかと言うと、カンボジアのガバメントがベトナムとタイの 企業(旅行業関係者)から何億円も賄賂を貰っているからだと 言っていた)

ワンポイントアドバイス 2

このモトバイ。よっぽど客がいないらしく、「料金交渉は俺が やってやる。コミッションは3ドルでいい」といっている。 電番を書いておくので興味があったら、電話して見てください 。 Matsuに紹介された。安くしろといってください。英語は達者 。

Mr.B chinda_deth@yahoo.com 012-737-135(001-010-855(カンボジアの国番号)-12-737-135 日本からかける場合はこんな感じかな)

さて、一人でテレビを見ていると、9時頃、フロントから、 「君のガールフレンドが来ているよ」 とのこと。何のことか訳もわからず1階に降りていくと娘が。

「タクシー代がないから帰れない。ママさんはタクシー代を払 ってくれない」 といっている。また、明日の3時にタクシーが迎えにくるけど 、それまでは、一緒にいられるとも言っている。

あー良かった、昼間、女を紹介するって言われたとき断ってお いて。。。 その後、3時まで、徹夜でテレビを見て娘と別れ、俺はそのま ま徹夜で、ホーチミン行きのバスに乗る。

こんな感じで、身請けしてみました。

追伸1

この娘がHIV保持者でなければ、籍を入れるつもりです。 日本でこの娘を見かけても声をかけないでください。

追伸2

この娘の親友も来月(8月)日本人に身請けされるって言って たけど。 今、#5は閉鎖中でママさんにも、KENにも連絡が取れなく なっているようです。 娘が連絡を取ろうとしても、連絡がつかないって言ってます。

追伸3

ベトナムでは、結婚していない外国人とベトナム人がホテルで 1つの部屋に泊まることができないらしいですが、APRIC OT HOTELは、口頭で、結婚していますといえば泊まれ ます。さすが、中華系のホテルです。一晩22ドル。