地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第772回  イギリスエスコート紀行第3回 元国際派モデルエスコート- Allana by アリナミン小僧


Allana - Manchester Independent Escort もう一人、ルイーズさんから紹介されたエスコート嬢は、アラナさんです。彼女はブロンドでやや痩せ気味でもCカップ級なのでアリナミンのタイプの体型なのでそそられる物が有りました。ルイーズさんから最初の印象では、彼女は日本に行ったことがあるというので、昔東京で水商売でもしていたのだろうかと思いました。

彼女は10代後半から20代の前半にかけて、雑誌のファッションモデルとして、パリ、ミラノおよびロンドンのヨーロッパ中はもとより東京にも、雑誌のグラビア撮影で3度来たことがあるそうです。世界各地を転々としていたので大学に行くことが出来ず、24歳になって、初めて大学に入ることが出来たそうです。彼女もエスコートを始めた当初の動機は、授業料の高い建築学科の学費稼ぎが目的だったそうですが、卒業し定職に就いた後も、現在でも継続しているそうです。


アラナさんのインコールロケーション兼自宅の内装

日付:2003年4月水曜日
時刻:夜 7.00pm~朝まで(お泊り)
位置:リーズ
時間:3時間の予定が延長。延長料金は採られなかったです。高い基本料金だからかな。
価格:650ポンド
場所:彼女のインコールロケーション
体形:身長5ft11in、元モデルだけあって背が高いです。36C-25-36

彼女の髪はブロンドです。少しカールがかかっています。目の色は緑色をしています。絹のような滑らかな皮膚と小さい唇が特徴です。アラナさんは、前もって連絡すればインコール・ロケーションの地下室で、ボンデージ(拘束プレイ)も可能だそうです。

彼女のインコールロケーションは町の郊外の24時間営業のスーパーマーケット近くに駐車場のそば。犯罪の心配がまったくないような安全な郊外の住宅街です。こういうイギリスの中産階級住む住宅地で何気に人知らずエスコートの営業が行われているんだなあと不思議な感銘を受けました。

アリナミンは、ルイーズのスタジオで観たアラナさんのウェブサイト上の写真によって最初に、彼女の容姿に魅惑されました。お気に入りなイギリス現地妻(夢)になりそうなので、URLは秘密にしておきます。

当初アリナミンは、アラナさんとイブニングだけを過ごす予定でいました。何しろ彼女はエスコート嬢を専業としてではなく、インテリアデザイナーとしての定職も有りますから過大な要求をする事を躊躇していました。

住所は彼女が電話とメールで、訪問前日に細かく教えてくれたのですが、何しろイギリスの住居表示法が、やや北米の中西部の住居表示の慣習と異なるので、アラナさんのインコール・ロケーション兼住宅の場所を探すのに苦労しました。そこで、多分彼女の自宅の近くであろうスーパーマーケットから、公衆電話を使い連絡しました。予想どうり、鼻先三寸の所の近くまで来ていたのでした。アリナミンは方向音痴です。

彼女は建築現場から直帰で時間が無く、夕食を摂っていなかったので、夕食をご馳走してくれるということになり、スーパーに行き一緒に買い物をすることにしました。何だかんだ言って、アリナミンも料理することになりました。何だかこういう美人の人と買い物に行くというのは生活感があっていいですねえ。私が日本人で魚が好きだということが判っているのでしょうから、彼女はサーモンを料理してくれるようでした。(どうも、魚というと英語圏の人はサーモンになりますね)アリナミンは白ワインとデザートを買いました。

買い物途中で、アラナといろいろ世間話をしていて、モデル時代に旅行しているとき、いろんな国の市場で買い物をすることが好きだとか、東京に来たときは築地に行ったが、どうも蛸は気持ち悪いだとか取り留めの無い話をしていました。こんな話が取り止めも無く旧知の友人の様に出来るのだから、夕食時に、会話の自然な流れが種々様々に発展するだろうと想像することができ心が弾みます。

料理の最中は、お茶をのんで喋りながら前戯をして気分を盛り上げていきましたが、それ以上はしません。アリナミンもお腹が空いていまいしたからね。その後一緒にシャワーに入りました。その後彼女は少しメイクをしてくれ、その後少し逸る気持ちを抑えて写真撮影をさせてもらいました。


いろいろ下着を換えて撮影しました。

余り、プレイ内容について描写することは、アラナさんの希望でも有りますから差し控えます。結局、夜は1回膣内発射、1回生尺口内発射で終えました。

朝起きて、オレンジジュースから始まる濃厚なEnglish Breakfastを生まれて初めて、二人だけでイギリス人の女性と摂ることが出来た事がアラナさんとの出会いで一番感動的な結幕でした。

勿論、朝も一度填めました。これで、アリナミンのイギリス娼婦紀行三部作は終わりです。

みんなの海外風俗体験記を募集中です!投稿は こちら!から