地球の遊び方~ タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第769回  ロシア モスクワで3発(前編) by たかせ


今日はじめてこのサイトに伺っていますが、面白いサイトです ね。ですので、私の最近の体験談も寄せさせていただきたいと 思います。

皆さんには馴染みが薄いかもしれませんが、ロシア・モスクワ での体験談です。

私は、今年の3月にロシア・モスクワに行きました。 シェレメチェボⅡという薄暗い空港に着いたその時から、”本 場”でロシア美人と「やりたい!」と思っていたものの、地球 の歩き方などの日本のガイドブックを見ても、「ホテルには売 春婦が来るが、彼女たちはマフィアとつながっていて強盗など の事件に巻き込まれる」などと書かれていますし、値段の相場 もわからないし、何と言っても警察や何かも見るだけで怖いし 、空恐ろしい感じがして、どうしようかと迷ったまま一晩目は 、何もせず、悶々としたまま、寝ました。

しかし、2日目、仕事を終えて現地のスタッフと夜飲んでいる と、そういう話になり、売春婦は夜10時くらいからホテルの 1階ロビーに出没する、相場は100~150米ドルくらいと いうのを聞き、最低限の状況は把握でき安心しました。

でも、まだ怖い。アメリカや何かなら、だいたい起こり得る事 態も予想できます。しかし、何せ、ロシアは普通の国とだいぶ 違うのです。僕が行った前の前の月に日本人ビジネスマンが誤 まってちょっと外貨を多く持ち出そうとしてしまっただけで空 港で逮捕され裁判にかけられたと聞いたり・・・とにかく、何 が起こるかよくわからない国なわけです。そんな国で売春した ら一体何が起こるのか???正直なところ、とても不安でした 。

しかし、ここで、以前、ホノルルで初めて売春婦と交渉した時 に売春婦から言われた言葉を思い出しました。「こんなに売春 婦がいてパトカーは走っていない。それは、トラブルが起こっ ていないからよ」(まあ、実際は結構起こっているのかもしれ ませんが・・・)。そうです、売春婦がいるのにトラブルが生 じている様子がない。とすれば、まあ、危ないときはあるだろ うけれど、総じて大丈夫なんだろうと半ば自分に言い聞かせ、 2日目の晩は、仕事仲間と別れた後に、売春婦がたむろしてい るホテル1階のロビーへ行きました(私が行ったときは7~8 人の売春婦がいました)。すぐさま、何人か売春婦が私のとこ ろに寄ってきました。白人金髪、白人黒髪、褐色系黒髪・・・ いろいろいました。いずれも、胸元の開いた上着にミニという 定番で挑発してきます・・・

私は、迷わず、白人金髪を選択しました。私の中では、「ロシ ア美人=白人金髪」というイメージができていたからです。年 は20代半ばくらいでショートカットの金髪でしたが、ちょっ と落ち着いた雰囲気のいかにも美人!という感じの女の子でし た。白の胸元の大きく開いたブラウスにミニですらっとした体 型、胸も結構ありました。値段の交渉をしたところ、最初は1 50米ドルといわれましたが、130米ドルまで下げたところ で、「もうこれ以上下げられない」といわれました。

やむなく130米ドルで交渉成立。”ゴムは持っているんだろ うね?”と聞くと、”off course”と言われました。彼女はそ のまま私と一緒に部屋に着いて来ようとしていたのですが、仕 事仲間に見られるのも恥ずかしいので、5分後に部屋に来てく れと言いました。会話は、全て英語でした。英語はほとんど全 て通じました。

5分後、部屋で待っていると、彼女が着ました。怖い男とか彼 女に着いてきてないよな???と用心しながら、のぞき穴から 確認すると、どうも一人だけのようでしたので、ドアを開け、 彼女を部屋に招き入れました。

彼女が部屋に入り、改めて見ると、スリムでありながら、出る ところも出ていて、ロシア人にしては結構愛想もあって笑顔も いい、いやぁ、ロシア美人(白人金髪)はいいなぁと改めて思 いました。

名前を聞くと「ダニエル」と言われました。年は24歳。とり あえず、服を着たまま、軽くじゃれ合おうとすると、まだカネ も払っていないのに、”I like SEX”と言いながら抱き着い てきました。おう、結構いい娘じゃん、と思って服を着たまま ひとしきりまさぐっていると、「服を脱いでくるわ」と言われ ました。その後、上半身は裸で、腰に白いバスタオルを巻いてbathroom から出てきました。いやぁ、胸もたれていなくて形がいい。乳 輪も適度な大きさ。こりゃ、本当に絵に描いたようなロシア美 人だと思いながら感心していると、また、”I like SEX”と 言いながら、ベッドに座ってる私を押し倒しながら抱きついて きました。

ダニエルにチ○ポを触られながら、こっちもダニエルの胸をな めようとすると、何も抵抗なく、なめさせてくれました。さす がにキスはNGそうだったので、「Pussyを見せて」と言いな がら、下に下りていくと、Pussyもよく見せてくれたので、こ っちも指でなでまわしました。何の気なしに、指に唾をつけて 、ダニエルのオ○ンコをまさぐり始めたところで、彼女の顔も 曇りはじめ、「それは自分でやるからやめて」と言われました 。まあ、機嫌を損ねられても何もいいことはないので、唾をつ けた指でオ○ンコを撫で回すのはそこでやめました。

その後、彼女が私の息子にゴムをかぶせ、フェラを始めました 。吸いつくような激しいフェラでした。かなり執拗になめられ 、本当に気持ち良かったです。が、彼女は、結構、早め早めに チ○ポを自分のオ○ンコに入れようとしました(笑顔ではあっ てもやはり仕事を早く終わらせたいということなのでしょう) 。だから、少しの間、「まだ、もう少し舐めて」と言って入れ させないようにしました。しかし、そうこうしているうちに、 数日間エッチをしていなかった私の方もだんだんイキそうにな ってきてしまいました。

フェラでいってしまって、本番もしな いまま、「じゃあ、これで、さよなら」などと言われてもたま らないと思い、「入れてもいい??」と聞いたところ、ダニエ ルは「入れて」と言いながら、私の上にまたがり、騎上位で挿 入。かなり狭くて、特に入り口のところは痛いくらいに絞まる 。ダニエルは得意の”I like SEX”を連発しながらまとわりつ いてきました。下から見る眺めは壮観でした。白人金髪のロシ ア美人が私の上でエッチな言葉を吐きながら腰を振っているの です。本当にサイコ-でした。

しかし、最高であるがゆえに、長続きもしませんでした。ひと しきりエッチを満喫したあたりで私はイッてしまいました。し っかし、本当に気持ち良かった~。。。ダニエルは、私のチ○ ポをオ○ンコから抜くと、ゴムを取り、ごみ箱に捨ててくれ、 更に、bathroomからティッシュを持ってきて、チ○ポを丁寧に 拭いてくれました。いい娘だ。

そこで、「もう1回、ヤッてもいいか???」と言うと、「絶 対ダメ。もししたいなら、もう130米ドルくれ」とピシャリ とにべもなく言われてしまい、要は延長がないことがわかりま した。ダニエルは見映えもエッチも性格もいい娘でしたが、他 の女の子もろくすぽ見ていないのに、いきなりこの女の子に合 計260米ドルも出せないと思い、私は「わかった。それじゃ あ、もういいよ。」と言いました。

しかし、ここから、ダニエルは、結構さばさばしていました。 私がそう感じただけなのでしょうか。いや、やっぱり、部屋に 入ってきたときよりは、さばさばしていた気がします。ダニエ ルはベッドから起き上がると、「服を着てくるわ」と言ってbathroom に行きました。もう一度、あのセクシーな白の胸元の大きく開 いたブラウスとミニでbathroomから出てきた時には、次の客の ため、キリッとメイクもし直していました。

ダニエルは、カネを受け取ると、裸のままベッドに横になって いる私を尻目に「じゃあね、またね」と言って笑顔で手を振り ながら部屋を出ていきました。女を買った時のいつものことで すが、一人になると、少し、むなしさというかさびしさみたい なものが襲ってきましたが、ダニエルの騎上位の姿やギュッと 絞まるオ○ンコを思い出すと、またチ○ポが立ってきました。 とりあえず、モスクワ2日目の晩は、これで満足し、寝ること にしました。

まだ、1発目までしか書いていないのですが、すみません、疲 れたので、2発目、3発目の話はまた後ほど書かせていただき ます。すみません。 続く・・・

みんなの海外風俗体験記を募集中です!投稿は こちら!から

旅は道連れ 世は情け「一緒にGOGOでも行きませんか?」 友達募集BBS