地球の遊び方~ タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第765回  初めてのマカオ滞在が、たった4時間 by Jacky


 時間が無い!  ようやく香港での研修から開放されたのは午後の2時。その後ホテル探しやら、買い物をした 為、マカオ・フェリー・ターミナルに着いたのは、どっぷり日も暮れた7時。しかし、翌日14: 00には飛行機には乗らなければならない。「今回マカオ行くのは諦めるか・・・」。そんな思い が頭をかすめた。

 フェリー・ターミナルにある旅行社には、夜総会やサウナなどのポスターが、ウィンドウガラス 一面に張られていた。「ああ、これがパックツアーというやつか」。ポスターの前には、香港人と 思われる男性が数人、じっくり見定めている。「皆目的は同じなんだな」。そう思うと緊張感が ふっと消え、マカオにはなんとしてでも行かねばという義務感が沸いた。

 以前、中国のカラオケ(夜総会)にはまってしまい、今もその楽しい雰囲気が忘れられず、今回 のマカオもその夜総会を目的に行くつもりだった。一軒の旅行社に入ると、カウンターの上には、 各店在籍の女の子のカタログがあった。パラパラとめくるがめくりきれない。その量の多さに見る 気が失せる程だ。

 カタログを見ていると、店員に泊まりかと聞かれたが、すでにホテルにはチェックイン済みだっ たので、ショートのほうを頼んだ。24時間フェリーが出ているとはいえ、確かにこの時間に行く となると、泊まりが普通だろうか。(実際、帰りのフェリーの中で泊まりを取らなかった事を後悔 した)。

 内容を聞くと、往復のフェリー・チケット代、夜総会1時間分(飲み物+つまみ)、そして2時 間分のホテル休憩代が含まれているとの事。早速料金を支払うと、行きのフェリー・チケットと夜 総会のチケットをもらった。帰りのフェリー・チケットは夜総会で渡すと言う。

 マカオ入りはあっけなく済み、すぐに目的地「財神酒店」へ向かった。財神酒店の前には、10 人程度の娼婦がおり、私の前を行く男性2,3人のグループに声を掛けていた。これがマカオの娼 婦かと感動しつつ、彼女らの視線を避けながら、ホテル5階の「天河夜総会」へ上がった。

 夜総会入り口で、旅行社で渡されたチケットを見せると、すぐさま個室に通された。案内された 女の子に「どのママさんですか?」と聞かれるが、初めて来るので分からないと告げた。すると、 男性のマネージャーと女性マネージャー(ママさん)が現れ、ここのシステムを説明してくれた。  女の子は2人ずつ紹介し、そして気に入った女の子がいれば、時間まで(一時間)チャージし、 その後上にあるホテルの部屋でHする(女の子へのチップは1000HK$)ということだった。一 人で来た、金にならないであろう客に対し、丁寧に対応してくれる姿は嬉しかった。

 とりあえず可愛い子をリクエストすると、2人は下がり、ママさんが5分ほどで一組目の女の子 を連れてきた。ママさんが出て行くとお互いに軽く自己紹介した。20歳と19歳という。2人と も可愛いのだが、こちらが緊張しているせいか何かぎこちない。五分ほどしてママさんが現れ、今 の子はどうか?と聞かれるが、他の子も見てみたいと言うと、嫌な顔することなく、連れてきてく れた。

 二組目では、幾分緊張も和らぎ、色んな会話が楽しめた。これまた2人とも可愛く、1人は体を 積極的に触って来る子で、1人は話し好きな子でよくしゃべる子だった。五分ほどすると再びママ さんが現れたので、気の合った、話し好きの「阿珍」を指名することにした。

 指名されて再び部屋に入ってきた彼女は、とても嬉しそうだった。そこで初めて気付いたのだ が、彼女らの衣装はドレス風に仕立てているものの、上半身はシースルーで丸見えだったのだ。こ れがまたセクシーでイイ。彼女は湖南省出身で、18歳という。妹が1人いて、彼女もかなり可愛 いらしい。

 いろいろ話しをしていると、時間が来てしまったようで、ママさんが部屋に行くかどうか尋ねて きた。もっと話しがしたかったが、すでに10時。明日のことを考えてすぐに部屋に行く事を伝え た。ママさんは部屋のキーと帰りのフェリー・チケット引換証を渡してくれ、わざわざエレベー ター前まで送ってくれた。  

 部屋は15階。部屋に入ると、2人は恋人気分。いちゃいちゃしながらベッドに倒れこみ、キス をしながら、シースルー・ドレス越しの彼女の胸を揉む。このまま突入するのかと思ったが、彼女 はシャワーを浴びたいと言って立ち上がり、私にドレスのホックを下げさせた。そしてお互い服を 脱ぎあうところを見ながら、一緒に浴室に入っていた。

 浴室内では彼女が持参してきた、使い捨てのボディシャンプーで。お互いを洗い合った。まず彼 女が私を、そして次に私が彼女を洗っていると、なんと彼女のアソコに毛が無い事に気付いた!そ う彼女はパイパンだった。剃った後も無く、とても綺麗なアソコだった。

 その後ベッドに入ると、彼女は電気を暗くした為、はっきりは見えなかったのが残念だったが、 異様に興奮してしまった。彼女も興奮し、イッタ後もしばらく放心状態。何度もキスをし抱き合 い、そして遊び半分で彼女をおんぶして浴室へ入った。

 浴室を出た後も、しばらく色んな話しをして、時を過ごした。そろそろ時間だなという時に彼女 は服を着だしたので、私も服を着ながら、彼女に1000HK$+チップを渡した。小さく「謝 謝」と言う彼女の仕草が、たまらなく可愛かった。

 部屋を出ると、彼女はすぐ近くの部屋へ入っていこうとした。どうやら彼女達の休憩室のよう だ。中は見えなかったが、狭い部屋にかなりの人数がいる感じだった。  彼女にサヨナラを言って別れ、エレベーター・ホールに向かう時、無性に寂しくなった。娼婦を 買おうと思っていた気力も失せてしまい、そそくさとマカオのフェリー乗り場へ向かった。

 フェリー・ターミナルの切符売り場右隣にあるインフォーメーション・カウンターで、夜総会で 貰った引換証をチケットに換えてもらう。出航は0:30。初めてのマカオ滞在時間はわずか4時 間弱。香港でホテルを取らず、泊まりにしておけば、ゆっくり出来たのにと後悔した。

 このパックツアー(夜総会)、すぐに部屋へ行き、事を済ますことが出来るのは確かにいいのだ が、夜総会での喋繰り合いも結構楽しかった。が、これも1人では楽しさ半減。行くのなら何人か で行ったほうが楽しそうだ。現に隣の部屋では、日本人の団体がドンちゃん騒ぎをやっていたらし い。

みんなの海外風俗体験記を募集中です!投稿は こちら!から

旅は道連れ 世は情け「一緒にGOGOでも行きませんか?」 友達募集BBS