地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第747回  楽園バリ島でのちょっと失敗談 by アジアン


いつもこの体験記を楽しみにしていましたが、遅くなったけど、ちょっと投稿してみ ました。

皆さんは、たのしかった事が多いようですが、私は未熟な旅行者が陥る失敗談を投稿 してみました。

2001年9月にバリ島に行って来ました。 いつものように悪友4人で、今まで行った事のないバリ島を計画しました。 今まで何度も東南アジアは渡航しましたが、何故かバリだけは行ってませんでした、 何故かと言うと日本の女の人が現地の男の人と親しくなると言う不確かな情報を信じ ていたからです。

今回は日本男児の心意気を見せてやろうと言う事でバリに行って来ました。 まずは初めてのバリであったが、とりあえず休みをとった会社の上司の手前、観光を してお土産を買いアリバイだけは確保。その後・・・ 夜には、初めての土地であるわけで、何もわからないのでダメもとで正規ツアーの現 地係員に、いいところはあるか?と聞いたところ、なんともかんたんに、あるよ・・ ・との答えであった!

しばらくしてなんとエアコン付きのミニバンを用意してこちらのホテルに到着して悪 友4人でミニバンに乗り夜のバリに出発したが、昼に走ったバリとは違い怪しい雰囲 気をかもし出した町を走り、たしかサヌールに到着し厳重な門を何回もくぐり目的地 に到着した。

ミニバンを降りると回りから20人ほどの女性が目の前に集まり私たち4人を囲んで、 何やらのたまっていた。

そこで現地係員がこの中から選べというので、私はとびっきり可愛い子を選んで別室 に行った。 まず2人になるとこの子いわく、日本人はめったに来ないよと、日本語で言うではな いか、その時は違和感は感じたものの不思議には思わず、優越感を感じ日本男児の男 気を見せてやると意気込みベットに突入した。

するといい所で値段交渉が始まり、キスが1000円、お乳を触るのも1000円、あ げくのはてにコンドームも1個・1000円と言うではないか、こちらとしては現地係 員に1万円を払っており、後でチップを払えば良いと思っていただけに腹が立ちすべ て拒否すると、こちらは何も手を出す事はできずマグロ状態であるのである(ただ上 を見て寝ているだけの状態であった)。サービスなし さすがの我が愚息もこの状態が耐えれなくなり・・・・・ふざけるなと!言い放ち、部 屋を出た。

すると彼女は思惑が外れたかのように追っかけてきたが、当然突き放した。(ボスに 怒られると言っているみたいであった)

外で待っていた、現地係員に責任者を呼んで来いとすごんで言うと、チイママが出て きて、アイアム アングリイと言うと、お腹が減ったのと言われて、それはハングリ イだろうと突っ込みを入れたかったが、さらに腹が立ち暴れていると現地係員が止め に入りこれで許してくれと5千円返してくれた。

私としても楽しく遊ぶつもりがこうなった訳で、友人3人が楽しみの最中であったた め、この辺でおとなしく引き下がったのである。

やはり、私としては日本人は海外ではカモにされているという事を頭に入れてノーと 言える日本人を海外にアピールしたいと思う。