地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第730回  謎の中国都市潘陽 by ティンツォン


こんちわ!初めての投稿です。 私は、10月28日から11月4日まで中国は、潘陽というところへいってきました。

今回はじめての大陸なので、ついでにソウルもよってと思ったのが間違いでした。 大韓航空が、離陸直前エンジントラブル 5時間遅れ、帰りは、空港職員が荷物を成田まで、私は、ソウルに一泊予定とほほの行き返りでした。

と、愚痴はここまで、潘陽での夢のような話をさせていただきます、そこは中国なのですが、町中ハングル文字で書かれたお店のある場所で、

公用語も、ハングルが主体な所です。ここのKTVで初日に中国系バン族の女の子(どの子もかわいい)8人を目の前に並べその中で子猫という子を選び

中国式一騎を行いぐでんぐでんになってしまいました。ところが公安が突然乱入(中国KTVでは、女性が同席してはいけない)厳重注意で返されました。

しかし、その前に、ホテル番号を渡していたので午前2時くらいに電話が有りカタコトの中国語で会話をしホテルに呼びました。

彼女が言うのは、日本人がとても珍しく、とても日本語を覚えたいという気持ちから、本当は、連れ出せない子だったようです。

それでもカタコトの中国語でコミュニケーションを図り、一緒に、ベットインこんな綺麗な子が一緒にベットで絡み合い熱烈なキスの後、

1時間近く盛んに腰を動かしました。彼女のあそこは、とても狭くきつかったのですが、彼女は“好”を連発、上やら下やら横やらと当方のモノが赤くなるまで行いました。彼女は、門限のため朝6時(こんな門限はヘンですが中国(潘陽)では当たり前)に返しました。

帰るとき、お金は、と聞いたところ、日本語を教えてくれたからいらないといいただ怖いからタクシーで家まで送ってほしいといわれ彼女の家まで送っていきました。ところが、彼女の家に着くと私を家に招きいれ一緒に朝までいてほしいといわれ。ちょっと警戒しましたが彼女の目が真剣だったので一緒に朝までいることにしました。するとふたたび服を脱ぎ再度求めてきました。

朝の9時ホテルに帰り仕事を終え再度KTVにいきましたが、彼女は、体がだるいのでお休みでした。仕方がなく、今日は中国系朝鮮族(昔、中国にわたった朝鮮人)をお願いしました、すると4人入ってきました。私は、その中で篠原 涼子にの英子という子を選び楽しいカラオケを行いました。

しかし昨日の疲れから彼女にホテルの部屋を教え、12時前に帰ってしまいました。2時ぐらいにホテルのドアがノックされ子猫と思い開けると、そこに英子が立っていました。

彼女は、吉林省から出稼ぎにきていて友達の家に世話になっているそうです。今日は、友達が彼を家に呼んでいるのでまだ帰れないといっていました。

そこで時間までいていいよというと喜んで部屋に入りなんと服を脱ぎ始めました。なぜと聞くと、彼女は、彼がいなく、私みたいに優しい人にあった事が無いといっていました。日本人には当たり前でも中国では優しいとなるみたいです。

そこで昨日の疲れも飛んでしまい6時までいちゃつき楽しみました。帰り際に彼女の携帯を聞くとなくしてしまったとのコトその代り自宅を教えてもらい彼女を送っていき日本円で3万円(携帯電話を買うのに5万位かかる)わたしました。翌日町を案内してくれるとの約束でしたが、仕事の関係でうまく連絡できませんでした。

翌日もKTVに行き今度は、ハン族の女の子(この子)は、まぐろでした。英子のコトを思い出しこちらから電話したところ、今 マージャンをしている、あと5時間は帰れない だから あなたも来るといい といい住所を頼りにいき中国マージャンを教えてもらい

夜は、ホテルで再度熱烈なキスをしベットイン彼女は、奥さんがいるか聞いてきたのでいるといったところ、いるならいるでいい、私は、中国で貴方のもの、結婚しないであなたが中国に来るとき中国の奥さん(愛人)にしてください。といわれ、驚きました。

しかし、彼女のコトがとても気に入っていた私は、私みたいなおじさんでいいのかと聞いたところ、年は関係ない、いま 私は、あなたが好きだからずーと待ってるといわれOKしました。それから彼女の実家まで往復1日かけ彼女の両親と合い

彼女のために私ができることをしてあげることを約束しようとしたら、彼女の両親は、英子が好きならそれでいい貴方の妻は日本にいる、中国に年に数回来て日本のコトを話、楽しく私達の家で生活してくださいといわれ、彼女のために私がいろいろ約束をし返ってきました。

最終日、彼女が送るといったのですが、空港に公安がいるため彼女の見送りは断り一人さびしく帰ってきました。

その後、毎日のように電話をし彼女との愛を深めています。そして私が潘陽に会社を作る決意も固まりました。

ぜひ皆さん潘陽で楽しい日をお過ごし下さい。

追記 一番高いKTVで連れ出し料800元(12,000円)安いところで400元(6,000円)です。

ホテルは、 一泊250元(約4,000円)みれば十分です。ただし、日本語がほとんど通じません。中国語かハングルの辞書をお忘れなく。

来月又行ってきます。