地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第720回  ヌイのディスカウント紀行「タイからあの国へ!縦断其の1」


俺の名前はヌイ、その由来は4年前にランパーンで出会った、タイの一夜妻から命名されました。今ではタイから日本に留学している学生さん、からもヌイさんと呼ばれています。タイに、はまってタイ語を覚え、タイから来た大学生をホームステイに招待すると、私の家にあるタイの王様の写真を見て、手を合わし、ヌイさんは私よりもタイ人みたい!と叫びます。

ところで、ヌイの持論として「金を使った 旅は誰でもる!!金をいかに使わずに、楽しい旅をするには、どうすれば良いのか」常日頃考えている私のテーマです。アジアは、一部の国を除いて一通り回り、今ではタイを中心に年に6回程日本脱出しているしだいです。

タイの地方都市は、ほとんど滞在しました、しかしアランヤプラテートを見落としていました、6月16日から6月28日までタイと某国での 出来事を、すべて書かせていただきます。

予定どおりにドンムアン空港に3:30分に当着、今回のチケットはJALカードのマイルを使用しましたのでタダですみました。年に6回利用すれば

マイルのポイントなんかすぐ貯まりますヨ!!ヌイは5回乗って1回タダになっています、しかし全てのショツピングの支払いをJALカードにします10000円で100ポイント増えます、だからヌイの払いはコンビニでもガソリンスタンドでも、このカードを使っています。一番マイルを増やす、方法はあさひ銀行でドルの外貨預金をすることです。金利も日本の定期とは比較出来ないほど高く為替の変動がありますけど3パーセント程度の利息が付き、またマイルに関しては最高で20万マイルまでゲットできます。円が高くなった今、ドルを買って130円で売ればサバーイな気分でサヌック旅行が可能デス。ヌイは1年間で12万マイルをめざしています。

ところで空港に着くと、まず両替をチェツクします、10000円で3435Bだったので円が少し高くなっていました。二か月前は3280Bでした。

昨年9月来た時に10000円が3650Bでしたその時に600万円をスクンピッドの闇両替でBに換えて前にあるbkbに定期預金しました、年2.5パーセントなので次来る時には利息が15万円ほどになっています。

ちなみにヌイは日本円を500円ほどしか持っていません、あるのはバーツ小額にJALとバンコック銀行のカードだけです。

蒸し返す熱気を浴びながらA3でエアポートバスに乗りパッポン通りの、薬屋でバイアグラとハルシオンの買出しです、顔見知りの店員の話では、ハルシオンの販売は今月から中止になったそうです。しかたが、ないので他の睡眠薬を選び値切った所で、10個が500Bデシタ、バイアグラは、100ミリが450Bです。

ひと通りの買い物をすませて、目指すは、ヤワラート台北旅社まで、5Bのバスでいきます、1泊300Bのエアコン、ホットシャワー付の部屋をとり、しばらく一服してから今回の旅の始まりです、今年で3回目の台北滞在なのですが、チャイナタウンは奥がとっても深くてなかなか、飽きの来ない所でヌイにとっては、秘密の遊び場です、早い話が立っているご婦人との会話を楽しんで気に入れば部屋へ持ち帰ります、しかし外国人料金は300Bです、ヌイは変なタイ人になりきって200Bで、交渉します。

又ヌイは生尺がとっても好きなのでスモーク、ダイマイクラーを必ず確認します、この近くのご婦人はイサーン出身が多いので会話に少し難があります。クワイとハムで理解出来ない様にスクンピッドよりは、高度なタイ語を要求されます。前回訪れた時にはロータリーからヤワラートにかけて警察の見回りがあり大勢の立ちんぼ達が台北のトイレに逃げて行ったことがありました。 チャイナタウンもスクンビットもサイアムカフェーも彼女達にとって厳しい環境になっているのは事実です。

4月に来たときは3人持ち帰りました、今回も3人目標で頑張ります。夜の6時頃セブンイレブンで買い物をします、その50メートルの距離で目星を付け、帰りに交渉するパターンです、まだ時間が早いせいか、ポッンポッンと立っています

若いプーインは300Bを要求するものだからタイ語の勉強には適しています、100Bの壁を崩すのは大変です、交渉がダメになる快感も、又楽しいわけで、もうすでに3人ほど声を掛けたり掛けられたりしました。この2つの条件をクリアーするには暇そうな方を見つけて許容範囲内のご婦人であれば立ち止まって、まず目を見ます、しばらくすると、必ず「ボンボンOK!」とおっしゃいますので、それから名前、出身、年、子供は何人か?等の質問をして200BダイマイKで私の後を付いてきます。

トップバッターのご婦人は30代後半で顔が、黒くて体は、小さいけど胸がすごく大きくていかにもイサーンから来たばかりのご婦人で、今日、スリンへ帰るのでどうしてもお金が必要だったそうです、裸になると、さすがデカ乳で年のわりに良い身体つきです、最初に脚のマッサージを20分

してもらい、ついでにピンポンをよく揉んでもらって生尺の開始です、ヌイはメーに甘えるだけデス。メーが脚を開いて「ボンボン」と叫ぶのでゴムを被せて、ついでにビデオカメラでのハメ撮りもバッチリできました。「所要時間60分」

フィニシュを迎えて200Bとヌイの飲みかけのジュースと菓子パンを差し上げて帰ってもらいました。それから1時間程休んでまた階下に降りて夜9時頃歩道の冒険を始めました。いるわ!いるわ!20代30代40代とじっくり選ぶ事が出来ます、30代の2人組が仲良く立っています、2人とも美形です、目の合ったご婦人に話しをしました、前回と同じ交渉で婦人をゲット!

部屋に入って軽く会話を楽しみお互い裸になり、この婦人も脚マッサージから始まりました、私の名前がヌイなので妹と同じだと、笑っています。

彼女の名前はオンさん、背中と太股には薔薇の刺青があり母親はファランと一緒に居るそうで、子供のいない30才の一見おとなしい方だと思っていたら大間違い、凄いのです、私が過去ヤワラーで数10回遊んだ中で1番凄い女性でした、とにかくセックスが上手くて拒む事なく、積極的で、胸からサオ、タマ、アナルまですべてナメ回してくれます

止めろと言うまでいつまでも口を動かしています。ビデオ撮影も最後まで許してくれたので、ヌイも指で感じさせてあげました。とっても大きなクリトリスの持ち主でヌイの小指と比較する程でした。最後はアナOセックスにて終わりました。

あまりにも感激しましたので、300Bを渡そうと思いましたが、心を鬼にして200Bしかだしませんでした。200BでアナOセックスをしたのはワンさんあなただけですヨ!最初は「ジップジップを繰り返していたのに最後は目がうるんで感じていたのをヌイは知っています。再度会つたらオールナイト500Bでおねがいしようと思っています。「所要時間90分」

お腹がすいたので、テキサス屋台でエビ、カニとビールを注文して400B程でした。チャイナタウンは海鮮がとっても安くて美味しいので深夜4時頃まで、この一角はタイ人であふれています。満腹になり、台北の帰りに、ワンさんと一緒にいた美形の婦人に出会いました、交渉する必要もなく指2本で、付いてきます、壊れかけのエレベーターの中で婦人の胸を触ると、ヌイのサオを握っているではないですか、部屋は4階なのに、3階までしかエレベーターは動きません

後は階段を上ります、この刑務所のような造りの55号室の部屋に入るなり「クンニー、タルンナー」と言われて返す言葉も見つからず互いにシャワーを浴びて本日3人目との対戦ですヌイは横着にもビアシン飲みながら生尺をさせて不発のまま終わり

お金を払って帰ってもらいました。「所要時間30分」明日は、朝6時発のアランヤプラテート便に乗るために寝る事にしました。

しかし、エアコンの音があまりにもうるさいので朝4時に目が覚めてしまいました。喉が渇いたので下に降りてセブンイレブンまで行きました、この時間になると立ちんぼう達は全て化け物しか残っていません、諦めかけたそのとき、ヌイに向かってパンパンを連呼する変な女の子にしかたなく交渉するはめになりました、変な帽子を被った21才のイサーンブスです。

部屋に入るなり先にお金をくれ!と言い出すしまつです、200Bだすとあと100B欲しいと言うので帰れ!と言うとおとなしくなり生尺はできるけど、200Bでは絶対しないと言う約束を守らない女で、精神的にダメになり不発にて終わりました。とにかく性格の悪い女でした、コンビニで、買った全ての食いかけに手を付けるので全部差し上げて帰ってもらいました。 「所要時間20分」

このような下品な立ちんぼうは沢山います、くれぐれもサイフ等はカギ付きのバックで管理すべきです、油断はできません、ところで、今帰った子は最後まで帽子を取らなかったのは何か訳があるのでしょうか??    

     6月17日

結局ほとんど寝られない状態で台北をチェツクインして、薄暗い早朝徒歩にてフアランポーン駅にたどりつくと、入り口にはイサーンからの出稼ぎ達が構内を占領するように横になって寝ています、タイ人を踏み潰さないようにしてチケット売り場に行き、48B払って車内に入りました、すぐに汽車は大きな音を立ててアランヤプラテートまで出発しました。

速度が遅いせいか、到着まで6時間以上かかり着いたのは12時をすこし回っていました。着くなり客引きの洗礼を浴び、親切そうな顔をした男と日傘を持った靴を履かない子共3人が入国手続の手伝いを勝手にしてくれています。

私はこの者たちをおい払う気すらなく、仕事のない国だから大目に見ているしだいです、最後に発する言葉を聞きたくて!!

彼は手馴れたもので、私からパスポートを取り上げてこの国での手続を5分ほどで書き上げ、入管に1100Bのビザ代と入国での100Bを払い、あの国に足を入れることが出来ました。この国の者は国境を自由に行き来出来るようで、日傘持ちの子供には5Bをあげました。

しかし、この男は、ニコニコしているだけでお金の事は何も言わず、こっちが黙っていると何処までも、ただ私に付いてきます、予定道理にホリデイカジノにチェツクインするも私の部屋まで入って来る始末です、彼はタイ語と英語が出来るので利用価値はあります。このホテルはカジノがあるせいか、セキユリティーがしっかりしていて1泊1000Bデポジト1000Bです。

1Fのレストランは食べ放題でギヤンブラー達の休憩所になっています、建物の造りはワールドカップのスタジアムを彷彿させる豪華そのものです。彼の話では、このホテルは2番目に大きくて、ポイOOトでは5箇所のカジノがあるそうです。

この男と話をしても時間の無駄なので、2人で、下に降りてバイキング方式の不味い食事をとりました。この町は何の観光もなく、あるのはカジノと置屋だけの治安の大変悪い所で外へ出るなら私がいないと、この町での保証はないなどと言い出しました。又話に説得力があるので半日ガイドとして、5ドルでお願いしました。とりあえず、この村を一回りしてもらい、置屋めぐりをしょう、ということになりました。

壊れかけのバイクに2人乗りで表現できない程ひどい道を走りピックアップ乗り場を左に回った所にスワイパーのような集落売春ゾーンがあり、一番大きそうな置屋をたずねました。門には鍵が掛っており店の者に開けてもらって中に入るとすごい数の女の子達が待機しています、ベトナム40人クメール20人もいるものだから圧倒されました、過去東南アジアの置屋を数多く見ましたがMP並の人数です。私の希望は生尺できる娘です、店主にそのことを伝え店主が全員に号令を出して広間に集めました、昼寝している娘までが来たせいか、人数が膨れ上がりました。

店主の一言で出来る娘と出来ない娘に右と左に分かれてしまい、圧倒的に出来る娘の方が多くて50対10の割合です一人一人観察するもベトナム娘が殆どでヌイは過去の経験からベトナムの子には良い印象を持ってなくてその中からクメールの子をヌイの方に来てもらってよく観察するも好みの子が見つからず選択肢の豊富なのも一長一短だと考えさせられました。

いろいろ悩んだ末に生尺NGの中に凄く可愛い娘がいます、今逃がしたら後で後悔するほどの美少女なのでこの子に一応決めて店主に適当な女を指差してタイ語にて値段の交渉をしました。最初は2000Bと言い高いと文句を言うと、1500になり、1200にしろ!とバーツを見せると仕方がないOKだと言うので、決まったものだと思い広間を一周回りながら、チェンジ!こっちに決めた!先ほど気に入った美少女の腕を掴み掛けようとすると、店主はこの娘は最近来たばかりなので、2000Bだ!

ヌイは頭がプッッンになり1200Bでないと帰ると言って帰るふりをするも止める様子もないのでもう一度置屋に入り1500Bにお願いしました。ヌイの気持ちを解ってくれて感謝の気持ちで一杯です、でもこのガイドにマージンが入るのでしょうか?すこし疑問がのこりました。

3人乗りでホテルに無事たどり着いたので邪魔者になったガイドに5ドルを払い帰ってもらいました。思った通りおとなしくて笑顔を絶やすことの無い18才に近い女の子です、昨日はヤワラーにて張り切ったこともあり、万一の事を考えバイアグラを使用しました。アルコールも入っていたので驚くほど固くなりビデオのハメ撮りをしても拒むことなくアイドルビデオの完成です。

昨日がおばさんだったのでヌイにとって久しぶりのご馳走でした、男性経験が少ないようなのでナマ尺は拒みましたが、胸と玉を愛撫してもらって勢いで生入れ生だしにて、フイニッシュを堪能致した、しだいです。まだ寝るのは早過ぎます、せっかくカジノのホテルにいるのだから少し稼ぐつもりで1Fへ降りゲートを通ると、そこはギヤンブラー達の溜まり場で、一通り周囲を見回すとタイ人と中国人が大金を賭けて白熱しています。

ヌイのカジノ経験は韓国4回プノンペン2回マレーシア1回しかなく、一度も勝った、経験がありません、ルーレットも大小にしても確率の低いゲーム

に、固持したせいだと思い、今回はルーレットの赤黒の倍掛けに挑戦したしだいです。博才のないヌイでも確率50パーだから今日使った分の3000Bを稼がして貰うつもりで両替を取りあえず3000B分のチップに替えました。スロットのイーブンは最低チップが500Bなので6枚買って一番人の多い台に行き、しばらく、様子をみました。赤の次は黒になったり黒が続いたり、さっぱり目がわかりません。「歴史は繰り返す」の格言を思い出して赤の次は赤だと、まず500Bかけました。

残念です、白でした、次は白に1000Bかけました、答えは赤でした。頭に来たので残りの1500Bを赤に賭け、今度は大丈夫だと思ったのですが、どうして白になるのでしょうか、もうチップはありません、その時私は考えました、次に5000Bを賭ければ2000Bの勝ちになるとのひらめきで、急いで チップを買いに行き5000Bの大金を白に賭け、これが我が人生最後の大博打だと手を合わせたのです。玉の転がった所は白の様だったのですが、ジヤンプして0にはまりました。ヌイは唖然と一人とぼとぼと、レストランへ行き無料のクイテアオとコーヒーを寂しくいただきました。

私の人生いつもこんなものです。不味い食事の後部屋に帰って何度もブザーを押しても返事がありません、私のアイドルは私の事など忘れて熟睡中です、やっと眠そうな顔でドアを開けてくれました。昨夜はほとんど寝ていないので、すぐに眠れると思ったのですが、ルーレットの事を考えるとなかなか眠れず、隣にいる美少女を起こして無理やり無毛目がけて一発かましました。